第44回ばんえい記念予想


ポプラ賞はタケノビジンが重賞初制覇。
2着もリキエイで堅い決着でしたね。
6着まで単勝人気順という平穏な結果。
馬複320円で辛うじてトリガミは避けられましたが。


重賞24戦終了で13勝。
現在+114700円です。


ばんえい競馬情報局さんのここまでの集計は、
須田鷹雄さんが+31960円、
山崎エリカさんが-20910円
斎藤修さんが-43380円、
矢野吉彦さんが-58890円となっております。


今回はいよいよフィナーレ。
負担重量1トンの最強決定戦、ばんえい記念(BG1)です。
流行り風邪の影響で昨年の王者カネサブラックなどが回避。
とは言っても熱い戦いになることは間違いなしです。

順番に、出走馬(性別馬齢)、負担重量、騎手(当該馬成績)です。


第44回 農林水産大臣賞典 ばんえい記念(4歳以上BG1)

1番 アアモンドヤワラ(牡8) 1000kg 村上章(4-7-8-21)
2番 ニシキダイジン(牡11) 1000kg 鈴木恵介(14-9-9-25)
3番 ナリタボブサップ(牡10) 1000kg 安部憲二(1-0-0-1)
4番 ワタシハキレイズキ(牝6) 980kg 山本正彦(0-0-0-2)
5番 ホクショウダイヤ(牡9) 1000kg 藤野俊一(1-1-1-4)
6番 フクイズミ(牝11) 980kg 松田道明(0-2-0-0)
7番 トモエパワー(牡12) 1000kg 西謙一(0-2-1-29)
8番 アアモンドヤマト(牡6) 1000kg 赤塚健仁(0-0-0-4)
9番 ホッカイヒカル(牡8) 1000kg 阿部武臣(29-8-15-105)


ちなみに過去5年の優勝馬(2着馬)は、
第39回 トモエパワー(シンエイキンカイ)
第40回 トモエパワー(ミサイルテンリュウ)
第41回 トモエパワー(カネサブラック)
第42回 ニシキダイジン(カネサブラック)
第43回 カネサブラック(ニシキダイジン)



印は、
◎ニシキダイジン
○ホクショウダイヤ
▲フクイズミ
△ナリタボブサップ


やはり先に行かないと厳しいばんえい記念。
ニシキダイジンが引退レースを飾ってくれるのでは。
ホクショウダイヤも昨年のような先に行くレースが出来れば。
何と言っても重賞請負人の藤野騎手の手綱さばきに注目。



買い目は馬複2-3、5、6を各2000円で。

スポンサーサイト

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

第33回ポプラ賞予想


イレネー記念はニシキエーカン圧勝。
アサヒリュウセイは大外じゃなかったら、
2着はあったのかな?
しかし、内容のあるレースだったので、
来期の3冠戦のどこかは獲ってくれそうな期待は持てました。
ブラックボスは以前に何度か障害で止まっていたので、
この重量で少し影響はあったのかな?
それよりは万全を期してレース間隔を開けたのが、
結果的には裏目だったのかなと個人的には思いました。



重賞23戦終了で12勝。
現在+114300円です。


ばんえい競馬情報局さんのここまでの集計は、
須田鷹雄さんが+30600円、
山崎エリカさんが-21310円
斎藤修さんが-40180円、
矢野吉彦さんが-55090円となっております。


今回は4歳5歳の世代交流戦、ポプラ賞(BG3)です。
直前でオイドンとタカノテンリュウが除外となってしまい、
出走6頭と寂しくなってしまいました。

順番に、出走馬(性別馬齢)、負担重量、騎手(当該馬成績)です。


第33回 ポプラ賞(4歳5歳BG3)

1番 タケノビジン(牝5) 720kg 安部憲二(18-12-10-23)
2番 トレジャーハンター(牡5) 770kg 浅田達矢(5-6-4-17)
3番 レットフジ(牡4) 730kg 西謙一(13-5-10-18)
4番 テンマデトドケ(牡5) 760kg 大河原和雄(11-5-5-35)
5番 ホクショウバトル(牡5) 750kg 藤野俊一(17-8-6-38)
7番 リキエイ(牡5) 740kg 尾ヶ瀬馨(18-14-16-43)


ちなみに過去5年の優勝馬(2着馬)は、
第28回 スーパーロイヤル(ナリタボブサップ)
第29回 ツジノコウフク(ヒロノドラゴン)
第30回 コーネルフジ(マルモスペシャル)
第31回 キンセイモン(マルモスペシャル)
第32回 トレジャーハンター(キタノタイショウ)



印は、
◎タケノビジン
○リキエイ
▲レットフジ


ハンデ差がキーポイントですが、
720kgなら斤量慣れが見込めるタケノビジンを本命に。
前で競馬して先に障害を降ろして押し切ってくれるのでは。
リキエイとの比較も最近の同走レースで上ですし。
あとは障害で止まらなければレットフジにもチャンスあり。
少頭数なので軽ハンデ3頭に絞りました。


買い目は馬複1、3、7のBOXで各2000円で。

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

第43回イレネー記念予想


チャンピオンカップはホクショウダイヤでしたね。
これまで世代戦でもあと一歩届かなかった重賞が、
ようやく獲れて良かったです。
注目したファーストスターは善戦だったと思います。
障害も良い位置で越えたんですけど、
更に脚のある内枠2頭が同時に越えてしまっては。
でも可能性を見せてくれたので、今後も楽しみです。
馬券を外しても悔いは無しと久々に思いました。


重賞22戦終了で12勝。
現在+120300円です。


ばんえい競馬情報局さんのここまでの集計は、
須田鷹雄さんが+36600円、
山崎エリカさんが-15310円
斎藤修さんが-34180円、
矢野吉彦さんが-49090円となっております。


今回は今年度デビューの新馬の頂点を決める一戦、
イレネー記念(BG1)です。

順番に、出走馬(性別馬齢)、負担重量、騎手(当該馬成績)です。


第43回 イレネー記念(3歳BG1)

1番 ブラックボス(牡3) 670kg 松田道明(7-3-0-2)
2番 オメガグレート(牡3) 670kg 西謙一(3-3-2-10)
3番 タカラハヤヒメ(牝3) 650kg 藤本匠(3-7-2-7)
4番 ニシキウンカイ(牝3) 650kg 藤野俊一(4-3-3-10)
5番 ニシキエーカン(牡3) 670kg 鈴木恵介(8-3-1-4)
6番 エビスダイチ(牡3) 670kg 工藤篤(初騎乗)
7番 テンカムソウ(牡3) 670kg 安部憲二(0-1-0-0)
8番 ヤマノウンカイ(牡3) 670kg 大口泰史(2-2-5-9)
9番 ワールドピサ(牡3) 670kg 菊池一樹(0-3-2-3)
10番 アサヒリュウセイ(牡3) 670kg 西将太(5-3-1-2)


ちなみに過去5年の優勝馬(2着馬)は、
第38回 カネサリュウ(シベチャタイガー)
第39回 オレワスゴイ(ニシキボス)
第40回 キタノタイショウ(アオノレクサス)
第41回 テンマデトドケ(ミスタートカチ)
第42回 ニュータカラコマ(オイドン)



印は、
◎アサヒリュウセイ
○ブラックボス
▲ニシキエーカン
△オメガグレート
☆ワールドピサ


注目は初の2歳三冠に挑むブラックボスですが、
私はアサヒリュウセイに期待します。
能検時から素質の高さに注目していましたが、
11月頃から馬体の成長と、
同時に乗り始めた西将太騎手とのコンビがピッタリ。
特別戦どころか重賞は今回が初ですが、
この馬の障害は安定していますし、
降りてからもしっかり歩ける馬なので、
その点では心配はしていません。
問題は大外10番枠。
個人的は馬場が軽くなってもらえるとチャンスありかと。
ここまでナナカマド賞、ヤングチャンピオンシップともに、
1着ブラックボス、2着ニシキエーカン、
3着オメガグレートの順番で決着しているだけに、
今回もそのままでは決まってほしくはない気持ち。
ブラックボスはレース間隔で若干の不安ありとみました。

相手はブラックボス、ニシキエーカン、オメガグレート。
もう一頭挙げるならワールドピサ。
西将太騎手か菊池騎手が重賞初勝利なんてなったら、
馬券抜きで嬉しいんですが、どうでしょうか?


買い目は馬複10-1、5を各2000円、
馬複10-2、9を各1000円で。

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

第33回チャンピオンカップ予想


黒ユリ賞はハイカラサンの勝利でしたね。
オイドンの妹。いい血統ですね。
注目したカツダイヤも頑張ったんですが4着。
悪くなかったんですけど、
勝つにはもうひと工夫必要でしたかね。
思ったよりペースが落ち着いたために、
他の馬もひと腰で障害を切っちゃいましたからね。
まあ、まだ明け3歳ですし無理しないで、
この先の成長を待ちましょう。
3歳牝馬重賞のひとつは獲ってほしいです。
赤塚騎手がおじいちゃんの馬で重賞制覇。
私はこういうロマンが好きなので追い続けますよ。


重賞21戦終了で12勝。
現在+126300円です。


ばんえい競馬情報局さんのここまでの集計は、
須田鷹雄さんが+42600円、
山崎エリカさんが-9310円
斎藤修さんが-28180円、
矢野吉彦さんが-43090円となっております。


今回は重賞優勝馬選抜戦、チャンピオンカップ(BG2)です。
とは言っても今季は5歳馬3頭が回避したので、
埋めるために未勝利馬も4頭出走してます。

順番に、出走馬(性別馬齢)、負担重量、騎手(当該馬成績)です。


第33回 チャンピオンカップ(4歳以上BG2)

1番 キタノタイショウ(牡6) 800kg 大河原和雄(28-13-8-40)
2番 ホクショウダイヤ(牡9) 810kg 藤野俊一(0-1-1-3)
3番 カネサブラック(牡10) 830kg 松田道明(33-25-5-6)
4番 ファーストスター(牡5) 780kg 藤本匠(1-0-1-2)
5番 フクドリ(セン6) 810kg 工藤篤(12-9-7-17)
6番 ニシキダイジン(牡11) 820kg 鈴木恵介(14-9-8-24)
7番 ホッカイヒカル(牡8) 810kg 阿部武臣(29-8-15-103)
8番 フクイズミ(牝11) 800kg 尾ヶ瀬馨(22-17-11-40)
9番 エンジュオウカン(牝11) 790kg 船山蔵人(2-1-0-5)
10番 ギンガリュウセイ(セン8) 810kg 入澤和也(0-0-1-2)


ちなみに過去5年の優勝馬(2着馬)は、
第28回 フクイズミ(トモエパワー)
第29回 ツジノコウフク(カネサブラック)
第30回 カネサブラック(スーパークリントン)
第31回 カネサブラック(ライデンロック)
第32回 カネサブラック(ナリタボブサップ)



印は、
◎ファーストスター
○ニシキダイジン
▲カネサブラック
△ホクショウダイヤ
△ホッカイヒカル
△ギンガリュウセイ


唯一5歳馬で出走してきたファーストスターに期待します。
おそらくこの馬に本命を打つのは私だけかな。
高重量の方が持ち味を生かせるのは天馬賞の勝利で証明済み。
いよいよオープンの一線級との対決ですが、
障害は上手い馬ですし、後半もしっかり歩けます。
初の780kgは不安ないと思っています。
問題はペースでしょうね。
ニシキダイジンの作るペースについていけるかどうか。
ついていければ、ハンデ差を活かして頑張れるかな?

カネサブラックは斤量よりもレース間隔の方が心配。
当然、ピークをばんえい記念に持ってくると思うので、
今回は3番手に下げて、相手筆頭はニシキダイジン。
あとはここ2走安定しているホクショウダイヤの決め手、
自力強化が著しいホッカイヒカル、
高重量戦で障害力を活かせるギンガリュウセイまで広めに。


買い目は単勝4番を1000円、
馬複4-6、3、2、7、10を各1000円で。

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

第37回黒ユリ賞予想


ヒロインズカップはエンジュオウカンの勝利。
鞍上の船山騎手は重賞初制覇。嬉しいですね。
レース内容も中段で我慢できたのが、
ラストでもしっかり伸び続けた要因でしょうね。
あれで少しでも前に推して行って障害に掛けていたら、
ラストはフクイズミに差されていたかもしれません。
船山騎手の騎乗が上手かったです。
一応、買い目は○-◎で堅く収まりました。
400円だけプラスです。


重賞20戦終了で12勝。
現在+132300円です。


ばんえい競馬情報局さんのここまでの集計は、
須田鷹雄さんが+48600円、
山崎エリカさんが-3310円
斎藤修さんが-22180円、
矢野吉彦さんが-37090円となっております。


今回は明け3歳牝馬の1戦、黒ユリ賞(BG2)です。

順番に、出走馬(性別馬齢)、負担重量、騎手(当該馬成績)です。


第37回 黒ユリ賞(3歳牝馬BG2)

1番 ユキハナ(牝3) 620kg 阿部武臣(5-2-2-11)
2番 ハイカラサン(牝3) 620kg 鈴木恵介(3-2-2-5)
3番 タケノキクヒメ(牝3) 620kg 島津新(2-0-1-11)
4番 ダイヤクリリン(牝3) 620kg 入澤和也(0-0-0-2)
5番 カツダイヤ(牝3) 620kg 赤塚健仁(3-5-5-13)
6番 マゴコロ(牝3) 620kg 藤本匠(4-3-1-5)
7番 ニシキウンカイ(牝3) 620kg 藤野俊一(4-3-2-9)
8番 タカラハヤヒメ(牝3) 620kg 安部憲二(1-0-0-0)
9番 セタナセンプー(牝3) 620kg 西謙一(3-5-2-5)
10番 サクセスクィーン(牝3) 620kg 松田道明(1-0-0-1)


ちなみに過去5年の優勝馬(2着馬)は、
第31回 キタノパワー(ニシキユウ)
第32回 ニシキガール(ヤマトナデシコ)
第33回 エリザベスライデン(ヒカルアサヒ)
※第32回は冬季開催、第33回は夏季開催のため、世代が一緒
第34回 ニシキエース(ウィナーナナ)
第35回 ウィナーミミ(ワタシハスゴイ)
第36回 ヤマトホマレ(ブラックパール)



印は、
◎カツダイヤ
○マゴコロ
▲ニシキウンカイ
△タカラハヤヒメ
△ユキハナ
△ハイカラサン


どの馬も初の620kg。上のクラスの馬が有利でしょうけど、
私の本命はカツダイヤです。攻めていきますよ。
ずっと応援してきている馬ですが、私情を抜きにして。
障害に関しては絶対の自信を持っている馬です。
そして降りてからもコツコツとしっかり歩き切ってくれます。
あとは赤塚騎手が思い切って乗ってくれるだけです。
赤塚騎手もカツダイヤにはデビューから全て乗っているだけに、
この馬の特徴を把握しているでしょう。
先週の船山騎手の重賞初勝利に続いて、
今週は赤塚騎手の重賞初勝利となってほしいです。
ちなみにリーディングの鈴木恵介騎手の重賞初勝利が黒ユリ賞。
当時は旧姓の水嶋騎手。まだ私が本格的に見始める前の事なので、
詳しくはわかりませんが。
同期の島津騎手に負けないように頑張ってほしいです。


相手探しですが、上のクラスの馬がやはり強いでしょう。
いちい賞からマゴコロ、ニシキウンカイ、タカラハヤヒメの3頭に、
前走勝利のユキハナ、ここ2戦好走しているハイカラサンまで。


買い目は単勝5番を1000円、
馬複5-6、7、8、1、2を各1000円で。

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク