FC2ブログ

2006プロ野球 vsホークス 最終戦

2006プロ野球最終戦(札幌ドーム・入場者数43473人)

福岡ソフトバンク 001 000 000 - 1
北海道日本ハム 000 200 20x - 4
(対戦成績 日本ハム 12勝8敗)

勝利投手 武田勝 5勝2敗1S
敗戦投手 和田 14勝6敗
セーブ MICHEAL 5勝1敗39S

本塁打
 4回裏 田中賢・ソロ 第7号
 4回裏 セギノール・ソロ 第26号

ソフトバンクバッテリー 和田、三瀬、藤岡-山崎、的場
日本ハムバッテリー 武田勝、ダルビッシュ、武田久、MICHEAL-高橋、鶴岡、中嶋

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 4-0
(二)田中賢介 4-1 打点1
(一)小笠原道大 4-0
(指)セギノール 4-1 打点1
(右)稲葉篤紀 3-0
(中)SHINJO 3-0
(捕)高橋信二 2-1
走 川島慶三 0-0
捕 鶴岡慎也 1-1
捕 中嶋聡 0-0
(三)マシーアス 3-2 打点1
走三 飯山裕志 0-0
(遊)金子誠 3-1 打点1
---------------------------------------------------
合計 31-7 打点4

北海道日本ハム 投手成績
 武田勝 5回 打者22人 被安打6 奪三振3 自責点1
 ダルビッシュ有 2回 打者7人 被安打1 奪三振3
 武田久 1回 打者3人 被安打0
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打1 奪三振1


言葉はいらないですね。強いのひとこと。
感動をありがとう。

日本シリーズまで、あと2勝です。
ここまで来たら、プレーオフも勝ち抜いて、
最高の形で終わりましょう。


パ・リーグ最終順位表
1位 ファイターズ 82勝54敗
2位 ライオンズ 80勝54敗2分け ゲーム差1.0
3位 ホークス 75勝56敗5分け ゲーム差3.5
4位 マリーンズ 65勝70敗 ゲーム差12.0
5位 バファローズ 52勝81敗3分け ゲーム差12.0
6位 イーグルス 47勝85敗4分け ゲーム差4.5

スポンサーサイト



テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006 J2リーグ戦 第42節 vs徳島戦

2006 J2リーグ戦 第42節(札幌厚別公園競技場・入場者数3896人)

札幌 6 - 0 徳島
(0-0、6-0)

得点
50分 10フッキ(札幌)
50分 19関隆倫(札幌)
60分 6西嶋弘之(札幌)
78分 9石井謙伍(札幌)
80分 8砂川誠(札幌)
89分 9石井謙伍(札幌)

選手交代
62分 23金位漫→20大森健作(徳島)
73分 4曽田雄志→3西澤淳二(札幌)
75分 11相川進也→9石井謙伍(札幌)
78分 8伊藤彰→30金尚佑(徳島)
79分 16大塚真司→20上里一将(札幌)

警告
2分 2アンドレ(徳島)
13分 28天羽良輔(徳島)
35分 33西河翔吾(徳島)
54分 2アンドレ(徳島)
78分 16大塚真司(札幌)
84分 34小野雄平(徳島)

退場
54分 2アンドレ(徳島)

札幌スターティングメンバー
GK 1林卓人
DF 15加賀健一、4曽田雄志、6西嶋弘之
MF 16大塚真司、14鈴木智樹、18芳賀博信、8砂川誠、19関隆倫
FW 11相川進也、10フッキ
リザーブ
GK 28高原寿康
DF 3西澤淳二
MF 25藤田征也、20上里一将
FW 9石井謙伍

徳島スターティングメンバー
GK 31高橋範夫
DF 28天羽良輔、33西河翔吾、2アンドレ
MF 32玉乃淳、34小野雄平、23金位漫、8伊藤彰、6大場啓
FW 18羽地登志晃、7ジョルジーニョ
リザーブ
GK 1山口篤史
DF 20大森健作
MF 16挽地拓哉、30金尚佑
FW 24小山拓土

主審:前田拓哉

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「ワンタッチ、ツータッチのタイミングで動き出しができているとき、あるいはワンタッチ、ツータッチでパスが出ているときには前半も後半もいい動きでプレーができている。ただその逆で、ボールを持った時の判断が遅かったり、あるいは無意味なバックパスによってリズムを崩して相手にリズムを与えているときもある。そうしたプレーが前半の方が多かった。後半に入ってからはいい形で2点取れたけれど、その後相手のシュートがポストに当たって入らなかった。あれが入っていて2-1のスコアになっていたら、こうはならなかったと思う。2-0になったときにより集中してプレーしなければいけない。とくに今日のようなスリッピーな状況では、ちょっとした隙、ミス、油断が命取りになる。その辺がまだ直っていない。ただ、最後までゴールへ向かう、前へ動き出すというプレーが出来てたのでそれをこのまま続けていきたい。残り9試合になったが、ひとつひとつ勝点3が取れるようにやっていく」

日ハム最終戦の裏で、雨の厚別。史上最低の観客数という寂しい状態。
しかし、見に行った方に、しっかりと勝利の喜びを与えてくれたのは良かった。
後がなくなって、攻撃が非常に良い状態になってきている。
ここ2戦は、勝ち越しても、相手の戦意を喪失するまで攻め続けられている。
非常に良い状態なのは確か。あとはこの状態を続けるのみです。
可能性がある限りはこちらからギブアップしないように、頑張りましょう。


J2第42節 他会場の結果
愛媛 2 - 2 山形
神戸 2 - 0 鳥栖
横浜FC 3 - 1 仙台
 3 - 1 水戸
草津 0 - 0 湘南

J2第43節 結果
湘南 1 - 0 水戸
東京V 5 - 2 神戸
山形 2 - 3 横浜FC
仙台 5 - 2 草津
徳島 0 - 1 愛媛
鳥栖 2 - 1 柏

J2順位表(第43節終了時)
1位 横浜FC 勝ち点76 21勝6敗13分け
2位 柏 勝ち点75 23勝11敗6分け
3位 神戸 勝ち点74 22勝9敗8分け
4位 仙台 勝ち点64 18勝12敗10分け
5位 鳥栖 勝ち点60 16勝11敗12分け
6位 東京V 勝ち点59 18勝16敗5分け
7位 札幌 勝ち点58 16勝13敗10分け
8位 山形 勝ち点51 13勝15敗12分け
9位 湘南 勝ち点48 13勝18敗9分け
10位 水戸 勝ち点43 12勝21敗7分け
11位 愛媛 勝ち点42 11勝20敗9分け
12位 草津 勝ち点38 9勝20敗11分け
13位 徳島 勝ち点26 6勝26敗8分け

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsホークス 19回戦

2006プロ野球第135戦(札幌ドーム・入場者数41732人)

福岡ソフトバンク 000 000 000 - 0
北海道日本ハム 200 010 50x - 8
(対戦成績 日本ハム 11勝8敗)

勝利投手 八木 12勝8敗
敗戦投手 斉藤和 18勝5敗

本塁打
 1回裏 セギノール・2ラン 第25号
 5回裏 田中賢・ソロ 第6号

ソフトバンクバッテリー 斉藤和、吉武、吉田、柳瀬-的場、山崎
日本ハムバッテリー 八木、武田久、MICHEAL-鶴岡、中嶋

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 3-1 四球1 盗塁1
(二)田中賢介 3-1 打点1 四球1
(一三)小笠原道大 4-1 打点3
(指)セギノール 4-2 打点3
走指 川島慶三 0-0
(右)稲葉篤紀 4-1 打点1
(中)SHINJO 4-1
(三)稲田直人 3-3
走三 飯山裕志 1-0
(捕)鶴岡慎也 2-0 犠打1
捕 中嶋聡 1-1
(遊)金子誠 4-0
---------------------------------------------------
合計 33-11 打点8 四死球2 犠打1 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 八木智哉 7回 打者24人 被安打3 奪三振5 与四死球1
 武田久 1回 打者3人 被安打0 奪三振1
 MICHEAL 1回 打者4人 被安打1


嫌な雰囲気を吹き飛ばす試合。
ここまで防御率1点台でトップの斉藤和巳を相手に先頭森本がヒットで出ると、
主砲セギノールが見事な一撃。
そして5回には田中賢介の完璧なホームラン。これが大きかった。
このホームランが無ければ、斉藤は完投していたでしょう。
3点差になったから、ホークスは斉藤を諦めて継投に出て、
結果的に7回裏の猛攻に繋がったわけです。

そして八木。やはり並のルーキーじゃないです。頼もしすぎる。

西武が松坂で落として、首位奪回。
そして最終戦を残して、こちらがマジック1。
勝つか引き分けで1位。西武が負けても1位。

でもこれで有利と思ってはいけないですよ。
最後に立ちはだかるのは和田毅ですから。
前回は2安打完封負けを食らってますし。

でも、こちらは本拠地で、恐らく超満員のファンの後押しを受けられる。
これは大きなアドバンテージです。
ダルビッシュもブルペンに待機する総力戦。最後に笑いましょう。

コンサドーレもこういう大声援の前で試合をしたら、
やっぱり力になるんですよね。
そう思うと、野球だけでなく、サッカーの試合にも足を運んでほしいと思う、
そういう気持ちもあるんですよね。もっと上手く共存してほしいです。
もっといろんなスポーツを見てほしいなと。


パ・リーグ順位表
1位 ファイターズ 81勝54敗
2位 ライオンズ 79勝54敗2分け ゲーム差1.0
3位 ホークス 75勝54敗5分け ゲーム差2.0
4位 マリーンズ 64勝69敗 ゲーム差13.0
5位 バファローズ 52勝80敗3分け ゲーム差11.5
6位 イーグルス 45勝84敗4分け ゲーム差5.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsマリーンズ 最終戦

2006プロ野球第134戦(千葉マリンスタジアム・入場者数30056人)

北海道日本ハム 020 020 000 - 4
千葉ロッテ 010 030 40x - 8
(対戦成績 ロッテ 8勝12敗)

勝利投手 清水 9勝8敗
敗戦投手 伊藤 1敗

本塁打
 2回表 高橋・2ラン 第6号
 7回裏 ベニー・満塁 第16号

日本ハムバッテリー 金村、押本、伊藤、岡島、建山-高橋
ロッテバッテリー 清水、藤田、ミラー、小林雅-里崎

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 5-1
(二)田中賢介 5-1 打点1
(一三)小笠原道大 4-0
(指)セギノール 4-3
(右)稲葉篤紀 4-2
(中)SHINJO 3-1 四球1
(捕)高橋信二 3-2 打点2 四球1
(三)稲田直人 2-0 犠打1
打一 小田智之 1-0
(遊)金子誠 2-1 打点1
遊 飯山裕志 1-0
打 紺田敏正 1-0
---------------------------------------------------
合計 35-11 打点4 四死球2 犠打1

北海道日本ハム 投手成績
 金村暁 4回2/3 打者23人 被安打8 与四死球1 自責点4
 押本健彦 1回1/3 打者4人 被安打1 奪三振1
 伊藤剛 0回 打者2人 被安打1 与四死球1 自責点2
 岡島秀樹 1回 打者5人 被安打1 被本塁打1 与四死球1 自責点2
 建山義紀 1回 打者3人 被安打0


昨日もダルビッシュに8回のイニングを任せればと思ったんですけど、
この試合も金村に、あと1アウト任せるべきだった。
って昨日の時点では書こうと思ったんですけど、
もう、やめたやめた。

個人の二ケタ勝利と1位通過。どちらが大事なのかな?
そんな事も分からないで、チームの輪を乱す発言をして。
事の重大さが分かってるのか?

こんなに頭の悪い選手だとは思わなかったですね。

力が無いから10勝出来なかった。それだけでしょ。

勘違いし過ぎてる。そんな考えでやってたんじゃ、
チームにもマイナスですよ。

野球って団体スポーツですよね。
少なくとも私が少年野球をやってた時はそうでしたけど。
いつの間にか投手だけ個人競技になったのか?

もう一つね、言いたい。
幸雄さんは黙って我慢してやってるじゃないの。
2000本安打目前で、スタメンで出たいだろうし、
打ちたい気持ちは絶対あると思うよ。
でも、代打で出てきたのに、チームの勝利のために送りバントした姿を見て、
涙が出そうになりましたよ。
個人よりチーム優先でしょ。しかも1位を争ってる大事な時に。
今後はどういう処分になるかは分かりませんけど、
この考えのままじゃ、どこに行っても無理でしょうね。
とりあえず、これはプロの選手の発言では無いです。

残り2試合。ソフトバンクは必死で来ますよ。
2連勝しないと2位もないんですから。
こちらは最低でも1勝すれば2位は取れます。
もちろん2連勝して西武の結果待ちですが1位を目指さないとダメですよ。

ちなみに金村のブログ、お祭り状態ですね。
というか、ブログ持ってたんだ。(^▽^;)


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 79勝53敗2分け
2位 ファイターズ 80勝54敗 ゲーム差0.0
3位 ホークス 75勝53敗5分け ゲーム差2.0
4位 マリーンズ 63勝69敗 ゲーム差14.0
5位 バファローズ 51勝80敗3分け ゲーム差11.5
6位 イーグルス 45勝83敗4分け ゲーム差4.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006 J2リーグ戦 第41節 vs湘南戦

2006 J2リーグ戦 第41節(平塚競技場・入場者数5156人)

湘南 1 - 6 札幌
(1-0、0-6)

得点
6分 19石原直樹(湘南)
51分 16大塚真司(札幌)
69分 10フッキ(札幌)
77分 11相川進也(札幌)
81分 10フッキ(札幌)
89分 10フッキ(札幌)
89分 10フッキ(札幌)

選手交代
56分 9石井謙伍→11相川進也(札幌)
68分 14永里源気→11フラビオ(湘南)
75分 15北島義生→24加藤望(湘南)
71分 8砂川誠→20上里一将(札幌)
83分 19関隆倫→25藤田征也(札幌)
85分 30須田興輔→5ニヴァウド(湘南)

警告
9分 19関隆倫(札幌)
86分 5ニヴァウド(湘南)

札幌スターティングメンバー
GK 1林卓人
DF 15加賀健一、4曽田雄志、6西嶋弘之
MF 16大塚真司、14鈴木智樹、18芳賀博信、8砂川誠、19関隆倫
FW 9石井謙伍、10フッキ
リザーブ
GK 28高原寿康
DF 3西澤淳二
MF 25藤田征也、20上里一将
FW 11相川進也

湘南スターティングメンバー
GK 1伊藤友彦
DF 30須田興輔、22松本昂聡、4村山祐介、21尾亦弘友希
MF 10アジエル、28中町公祐、15北島義生、7佐藤悠介
FW 19石原直樹、14永里源気
リザーブ
GK 25植村慶
DF 3田村雄三
MF 5ニヴァウド、24加藤望
FW 11フラビオ

主審:西村雄一

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「前半は立ち上がり向こうのいい形から失点した。それはよしとしなければいけないと思う。非常にいいテンポでボールを動かされランニングされた。同じミスをしている人間はいるが、湘南のほうがよかった。そのあと、2トップ、あるいは2列目の選手がどういう動きをしているのかを感じてない、見極めてない。だから何度でも同じ動き、ダイアゴナルに前のスペースへ走っていく動きに対して遅れている。それでフリーキックを与えてピンチを招いてる。だから前半については失点はしょうがないけれども、そのあとピンチになった形を同じようにやられているのが、ゲーム中に学んでないということ。
後半は、前半に中盤でイージーミスでカウンターを食らっていたことが少なくなり、自分たちでボールを動かせるようになった。加えてゴールへ向かうパス、そういうものが増えてきてチャンスがでてきた。6点入ったことはもちろんよかったが、ボールや人がそういう動きをしていたからチャンスができた。後半については前への意識が高くてよかったと思う。これをスタートからできるように続けていきたい」

さぁ、ここから11連勝の幕開けと行きたいところ。
後半のようなサッカーを、90分通してやってくれればいいのですが。

前半早々に失点して、逆に攻める姿勢が強くなって、
前半は得点出来なかったにしても、相手にプレッシャーをかけ続けられたのが、
後半のゴールラッシュに繋がりましたね。

この1試合で良い方向に向いてくれれば。
選手が勘違いされては困りますが。
正直、この試合は相手DF陣が崩壊したに過ぎません。
毎試合、こういう事は起きませんので。

でも、気分は良かったですね。v(^^)v


J2第41節 他会場の結果
鳥栖 1 - 0 仙台
横浜FC 0 - 2 草津
東京V 1 - 0 山形
水戸 0 - 1 愛媛
徳島 0 - 0 柏

J2順位表
1位 柏 勝ち点72 22勝10敗6分け
2位 神戸 勝ち点71 21勝8敗8分け
3位 横浜FC 勝ち点70 19勝6敗13分け
4位 仙台 勝ち点61 17勝11敗10分け
5位 鳥栖 勝ち点57 15勝10敗12分け
6位 東京V 勝ち点56 17勝16敗5分け
7位 札幌 勝ち点55 15勝13敗10分け
8位 山形 勝ち点50 13勝14敗11分け
9位 湘南 勝ち点44 12勝18敗8分け
10位 水戸 勝ち点43 12勝19敗7分け
11位 愛媛 勝ち点38 10勝20敗8分け
12位 草津 勝ち点37 9勝19敗10分け
13位 徳島 勝ち点26 6勝24敗8分け

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsマリーンズ 19回戦

2006プロ野球第133戦(千葉マリンスタジアム・入場者数30008人)

北海道日本ハム 002 000 002 - 4
千葉ロッテ 001 100 021x - 5
(対戦成績 ロッテ 7勝12敗)

勝利投手 小林雅 6勝2敗34S
敗戦投手 武田久 5勝3敗3S

本塁打
 4回裏 里崎・ソロ 第17号
 9回表 セギノール・ソロ 第24号

日本ハムバッテリー ダルビッシュ、岡島、武田久、MICHEAL-鶴岡、中嶋
ロッテバッテリー 小野、小林雅-里崎

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 3-0 四球1
(二)田中賢介 4-2 打点1
(一)小笠原道大 3-0 打点1
(指)セギノール 4-1 打点1
(右)稲葉篤紀 4-0
(中)SHINJO 3-0
(三)稲田直人 3-1
三 飯山裕志 0-0
(捕)鶴岡慎也 2-0 犠打1
捕 中嶋聡 0-0
(遊)金子誠 3-1 打点1
---------------------------------------------------
合計 29-5 打点4 四死球1 犠打1

北海道日本ハム 投手成績
 ダルビッシュ有 7回1/3 打者29人 被安打7 被本塁打1 奪三振3 与四死球3 自責点4
 岡島秀樹 0回 打者1人 被安打1
 武田久 1回 打者5人 被安打3 自責点1
 MICHEAL 0回 打者1人 被安打1


3日休みがあるという不安は的中。
好調だっただけに、勢いが止まる事が心配でした。
小野を崩せなかったのが全て。ゴロを打たされ過ぎました。
小野の術中にはまってしまったわけですよ。

ダルビッシュも8回、フォアボールから自滅。
そこからの継投のタイミングもチグハグ。
ワンポイントで岡島を使って打たれて、
武田久はイニングをまたいで打たれて、
MICHEALまで出してサヨナラ負け。
だったら8回はダルビッシュに託すべきだったかなと。

しかし、ただでは終わらないのが今年のファイターズ。
9回の土壇場で小笠原の犠牲フライとセギノールのホームランで同点に。
この時点で小林雅のセーブが無くなり、
MICHEALの最優秀救援投手のタイトルが確定したのが、
せめてもの救いだったかな。

まぁ、最初から西武が1位通過に最も近いのはわかっていましたし、
まだまだ最後まで1位の争いはわかりませんよ。
そのためにはこちらから脱落しないように、残り3戦は全部勝つこと。
それだけでしょう。

でも、楽天は追いつくチャンスでカツノリを代打って...。
私なら左対左でも憲史で勝負するなぁ。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 79勝52敗2分け
2位 ファイターズ 80勝53敗 ゲーム差0.0
3位 ホークス 75勝52敗5分け ゲーム差2.0
4位 マリーンズ 62勝69敗 ゲーム差15.0
5位 バファローズ 50勝80敗3分け ゲーム差11.5
6位 イーグルス 44勝83敗4分け ゲーム差4.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

オールカマー&神戸新聞杯

第52回 産経賞オールカマー(中山芝2200m・3歳以上G2)
◎バランスオブゲーム
○エアシェイディ
▲ディアデラノビア
△スウィフトカレント
△ヴィータローザ
☆コスモバルク

このくらいのメンバーなら中山得意のバランスオブゲームから。
今、東京ゲームショウやってますし。(関係ないか。)
バルクは走るか惨敗かのどちらかでしょう。
個人的には連確保で天皇賞に出てほしいですが。
怖いのはディアデラノビア。マイルよりは中距離が合うはず。

<結果>
1着 ◎バランスオブゲーム 田中勝春 2.12.1
2着 ☆コスモバルク 五十嵐冬樹 ハナ
3着 ▲ディアデラノビア 岩田康誠 クビ

やはり休み明けの中山G2は強い。
4コーナーで楽に上がってきて押し切りましたね。
G2はこれで6勝目ですか。ある意味凄い。
そしてコスモバルク。良くインが開きましたよ。
メジロマントルが外によれてくれたおかげですが、
それでも良く追い込んできましたよ。
道中、あの位置でダメだと思いましたけど。

第54回 神戸新聞杯(中京芝2000m・3歳G2)
◎メイショウサムソン
○アドマイヤメイン
▲ドリームパスポート
△タマモサポート
△フサイチリシャール
☆ソングオブウインド

恐らくサムソンとメインの一騎打ちだと思うが、
中京だけに、他馬の割り込む余地はありそうな気も。
骨折明けのドリームパスポート、リフレッシュしたフサイチリシャール、
ラジオNIKKEI賞のタマモサポートとソングオブウインドまで。

<結果>
1着 ▲ドリームパスポート 高田潤 1.58.1
2着 ◎メイショウサムソン 石橋守 クビ
3着 ☆ソングオブウインド 武幸四郎 1/2馬身

4コーナーでごちゃつきましたけど、
ドリームパスポートにはまったく関係なし。
やったね、高田騎手。平地重賞初制覇おめでとう。
メイショウサムソンは思ったほど伸びなかったですね。
それでも勝負根性は凄い。
フサイチリシャールに並ばれてからの差し返しはさすが。
本番は3000mですから、今日よりは走るでしょう。
アドマイヤメインは逃げれなかった時点でほぼ終わり。
そして4コーナーで挟まれて完全に終わりでしたね。
やっぱりこの馬は逃げれないとダメですね。

HTB賞(札幌芝1800m・3歳以上1000万下)
◎アクシオン
○ラピッドオレンジ
▲タガノボーディング
△タニノボルガ
△マイネルバシリコス

<結果>
1着 ◎アクシオン 藤田伸二 1.47.9
2着 △タニノボルガ 四位洋文 3馬身
3着 ○ラピッドオレンジ 菊沢隆徳 クビ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

道産子力士の暴挙


私が子供の頃、道産子力士はとにかく強かった。
千代の富士を筆頭に、大乃国、北勝海、北天佑と強かった。
もう少しさかのぼると、北の湖、北の富士、大鵬と横綱も多かった。

しかし今や関取は一人もいない状況。寂しいです。
相撲離れしているのも、活躍する道産子力士がいなくなったからかも。

今、最上位にいるのは幕下東21枚目の若天狼という力士。
あと幕下にいるのは錦風と琴冠佑という力士だそうです。

そして今回、この琴冠佑が暴挙を起こして引退という、
なんとも恥ずかしい事を起こしてしまいました。


40歳・琴冠佑が19歳の対戦相手殴る(スポーツニッポン)
元十両の琴冠佑が引退=大相撲秋場所10日目(時事通信)

琴冠佑は40歳。現役では2番目の高齢だそうです。
しかも、今場所を最後に引退する予定でした。
しかし、自らの暴挙で引退を早める結果に。

9月場所8日目。40歳の琴冠佑の相手は19歳の勢。
取り組みは張り手の応酬で19歳の勢に軍配。
しかし、収まらなかったのが40歳の琴冠佑。
何と支度部屋でタオルを巻いた拳で勢の顔面を殴ったという。
まったく、どっちが子供なんだか分かりません。
殴る事自体、もうダメですけど、タオルを巻いてっていうのがさらに腹が立つ。
自分の拳を守るためだったのか、
相手に大怪我を負わせないためだったのかは分かりませんけど。

こういう不祥事で道産子力士がピックアップされるのは恥ずかしい。
もっと活躍する、幕内力士が早く出てきて、
相撲王国北海道復活を願いたいですね。

日本人力士自体が外国勢に押されっぱなしなのも寂しいですし。
いつも優勝争いはモンゴル勢ばかり。
ま、それだけ幼少の時からの土壌が違うんですが。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2006プロ野球 vsゴールデンイーグルス 最終戦

2006プロ野球第132戦(フルキャストスタジアム宮城・入場者数17621人)

北海道日本ハム 000 101 000 - 2
東北楽天 000 100 000 - 1
(対戦成績 楽天 3勝17敗)

勝利投手 押本 5勝
敗戦投手 有銘 2勝6敗
セーブ MICHEAL 5勝1敗38S

日本ハムバッテリー 武田勝、押本、岡島、武田久、MICHEAL-鶴岡、中嶋
楽天バッテリー 有銘、山村、河本-藤井

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 4-0
(二)田中賢介 3-0 四球1
(一)小笠原道大 3-1 四球1
(指)セギノール 4-1 打点1
(右)稲葉篤紀 4-1 打点1
(中)SHINJO 3-1
(三)マシーアス 3-0
三 飯山裕志 0-0
(捕)鶴岡慎也 3-0
捕 中嶋聡 0-0
(遊)金子誠 3-1
---------------------------------------------------
合計 30-5 打点2 四死球2

北海道日本ハム 投手成績
 武田勝 4回1/3 打者19人 被安打7 奪三振2 与四死球1 自責点1
 押本健彦 1回2/3 打者6人 被安打1 奪三振1
 岡島秀樹 1回 打者4人 被安打1 奪三振2
 武田久 1回 打者4人 被安打1
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打0


80勝したら、普通なら1位なんですけどね。
まだまだ最後までわかりません。
とにかく、あとは逃げろ。

3日休みがあるのが、逆に心配。


パ・リーグ順位表
1位 ファイターズ 80勝52敗
2位 ライオンズ 78勝51敗2分け ゲーム差0.5
3位 ホークス 75勝51敗5分け ゲーム差1.5
4位 マリーンズ 61勝69敗 ゲーム差16.0
5位 バファローズ 49勝80敗3分け ゲーム差11.5
6位 イーグルス 43勝82敗4分け ゲーム差4.0

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsゴールデンイーグルス 19回戦

2006プロ野球第131戦(フルキャストスタジアム宮城・入場者数17389人)

北海道日本ハム 100 000 100 - 2
東北楽天 000 000 000 - 0
(対戦成績 楽天 3勝16敗)

勝利投手 八木 11勝8敗
敗戦投手 岩隈 1勝1敗

日本ハムバッテリー 八木-鶴岡
楽天バッテリー 岩隈-藤井

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 5-2
(二)田中賢介 5-3
(一)小笠原道大 3-1 打点2
(指)セギノール 3-0 死球1
(右)稲葉篤紀 4-0
(中)SHINJO 3-0 四球1
(三)マシーアス 3-1
走三 飯山裕志 1-0
(捕)鶴岡慎也 4-1
(遊)金子誠 4-0
---------------------------------------------------
合計 35-8 打点2 四死球2

北海道日本ハム 投手成績
 八木智哉 9回 打者30人 被安打4 奪三振6 与四死球1


八木は楽天戦2試合連続完封。
そして、待ちに待った首位奪取。
あとはこの位置を守るのみです。


パ・リーグ順位表
1位 ファイターズ 79勝52敗
2位 ライオンズ 77勝51敗2分け ゲーム差0.5
3位 ホークス 75勝50敗5分け ゲーム差0.5
4位 マリーンズ 61勝68敗 ゲーム差16.0
5位 バファローズ 48勝80敗3分け ゲーム差12.5
6位 イーグルス 43勝81敗4分け ゲーム差3.0

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006 J2リーグ戦 第40節 vs仙台戦

2006 J2リーグ戦 第40節(ユアテックスタジアム仙台・入場者数13914人)

仙台 0 - 0 札幌
(0-0、0-0)

選手交代
56分 15加賀健一→3西澤淳二(札幌)
64分 19関隆倫→29西谷正也(札幌)
70分 10梁勇基→20関口訓充(仙台)
79分 25菅井直樹→14中田洋介(仙台)
80分 8砂川誠→20上里一将(札幌)

警告
16分 6西嶋弘之(札幌)
24分 17磯崎敬太(仙台)
54分 9ボルジェス(仙台)

札幌スターティングメンバー
GK 1林卓人
DF 15加賀健一、4曽田雄志、6西嶋弘之
MF 16大塚真司、14鈴木智樹、18芳賀博信、8砂川誠、19関隆倫
FW 9石井謙伍、10フッキ
リザーブ
GK 28高原寿康
DF 3西澤淳二
MF 29西谷正也、25藤田征也、20上里一将

仙台スターティングメンバー
GK 1小針清允
DF 25菅井直樹、2木谷公亮、5池田昇平、17磯崎敬太
MF 7千葉直樹、27富田晋伍、10梁勇基、13中島裕希、24大柴克友
FW 9ボルジェス
リザーブ
GK 22高桑大二朗
DF 14中田洋介、26村上和弘
FW 20関口訓充、18萬代宏樹

主審:池田直寛

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「前半、イージーミスが多く、自分たちで自分たちのリズムを失って、相手にいいリズムを作らせてしまった。何度か決定的なピンチを作ってしまったが、幸いシュートはキーパーの正面に行った。
後半からは仙台さんも仕掛けてきて、こっちもゴールを目指してプレーし、お互いにカウンターから、チャンスは両方あったと思う。
少し、このスタジアムの雰囲気のせいで、力が入りすぎて固くなってミスがあったし、独りよがりのプレーがかなりあったし。本来ボールをもっと動かして、組み立て、展開を図りたかったが、なかなかいいリズムではサッカーが出来なかった。だがボールへの執着心というか、最後までゴールを目指してやったプレーというのは良かったと思う。
ただ、多分仙台さんもそうだと思うが、0?0で終わったことが、お互いに残念だった。どちらにとっても勝ち点3が取れた(試合だった)のではないだろうか。あと11試合頑張ります」

今月は勝ちきれませんねぇ。
シュートもかなり打っていたのに決めきれない。
これが決まるようになると、勝ち星が続くと思うんですけどね。


J2第40節 他会場の結果
水戸 1 - 2 横浜FC
神戸 4 - 1 徳島
愛媛 1 - 2 東京V
 2 - 0 草津
山形 1 - 1 湘南

J2順位表
1位 神戸 勝ち点71 21勝8敗8分け
2位 柏 勝ち点71 22勝10敗5分け
3位 横浜FC 勝ち点70 19勝5敗13分け
4位 仙台 勝ち点61 17勝10敗10分け
5位 鳥栖 勝ち点54 14勝10敗12分け
6位 東京V 勝ち点53 16勝16敗5分け
7位 札幌 勝ち点52 14勝13敗10分け
8位 山形 勝ち点50 13勝13敗11分け
9位 湘南 勝ち点44 12勝17敗8分け
10位 水戸 勝ち点43 12勝18敗7分け
11位 愛媛 勝ち点35 9勝20敗8分け
12位 草津 勝ち点34 8勝19敗10分け
13位 徳島 勝ち点25 6勝24敗7分け

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

エルムS

今日もお仕事。アタマ痛い...。(>_<)

第11回 エルムステークス(札幌ダート1700m・3歳以上G3)
◎トーセンブライト
○ヒシアトラス
▲パーソナルラッシュ
△サカラート
△ジンクライシス
☆タイムパラドックス

パーソナルラッシュが楽に逃げれそうなのが怖い。
しかし、3連覇は難しい。
ここは勢いを買ってトーセンブライトから。

<結果>
1着 ○ヒシアトラス 横山典弘 1.43.0
2着 △ジンクライシス 山口竜一 クビ
3着 オーガストバイオ 勝浦正樹 1 1/2馬身
------------------------------------------------
4着 ◎トーセンブライト 藤田伸二 1/2馬身

トーセンブライトは力負けですね。
同じ位置にいたジンクライシスに0.3秒差。
ヒシアトラスをマークしての結果なら仕方ないかな。
逆にヒシアトラスは貫録勝ちでしたね。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2006プロ野球 vsマリーンズ 18回戦

2006プロ野球第130戦(札幌ドーム・入場者数43473人)

千葉ロッテ 000 202 010 00 - 5
北海道日本ハム 000 212 000 01x - 6
(対戦成績 日本ハム 12勝6敗)

勝利投手 MICHEAL 5勝1敗37S
敗戦投手 小林雅 5勝2敗34S

本塁打
 4回表 堀・ソロ 第6号

ロッテバッテリー 清水、藤田、薮田、高木、小林雅-里崎
日本ハムバッテリー 金村、伊藤、武田久、岡島、MICHEAL-中嶋、鶴岡

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 6-6 打点1
(二)田中賢介 5-1 打点1 犠打1
(一)小笠原道大 4-3 打点1 四球2
(指)セギノール 6-1
(右)稲葉篤紀 6-3
(中)SHINJO 5-2 打点1 犠打1
走 紺田敏正 0-0
(三)マシーアス 4-1
三 飯山裕志 1-0 犠打1
(捕)中嶋聡 4-0
打 小田智之 0-0 四球1
走捕 鶴岡慎也 1-0
(遊)金子誠 6-2 打点2
---------------------------------------------------
合計 48-19 打点6 四死球3 犠打3

北海道日本ハム 投手成績
 金村暁 5回 打者23人 被安打7 被本塁打1 奪三振3 与四死球1 自責点3
 伊藤剛 1回 打者4人 被安打1 与四死球1
 武田久 1回2/3 打者7人 被安打2 自責点1
 岡島秀樹 1回1/3 打者5人 被安打0 奪三振1 与四死球1
 MICHEAL 2回 打者7人 被安打0 奪三振1 与四死球1


清水も調子が良かっただけに、それを打ち崩したのは大きい。
金村も高めに浮いてきた所を連打される苦しいピッチング。
しかし、5回のピンチからの気合の入った投球はエースの意地を見た。
もうちょっと続投しても良かったんですが、球数も多かったためか、5回で降板。
その後はシーソーゲームを展開。
超満員の見守る中、最後に決めたのがチームリーダーの金子というのも嬉しい。

ロッテとはあと2戦残っているが、どちらも楽なゲームにはならないだろう。
しかし、もう負けられない状況は同じ。全部勝つつもりで。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 77勝50敗2分け
2位 ファイターズ 78勝52敗 ゲーム差0.5
3位 ホークス 74勝50敗5分け ゲーム差1.0
4位 マリーンズ 60勝68敗 ゲーム差16.0
5位 バファローズ 48勝79敗3分け ゲーム差11.5
6位 イーグルス 43勝80敗4分け ゲーム差3.0

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

セントライト記念&ローズS

第60回 ラジオ日本賞セントライト記念(中山芝2200m・3歳G2)
◎ミレニアムウイング
○ミストラルクルーズ
▲フサイチジャンク
△マツリダゴッホ
△インテレット
☆トーセンシャナオー

外国馬は3着にまで入らなければ菊への権利がないので、
当然ミレニアムウイングは勝負に来ているはず。
父サドラーズウェルズが日本の芝には向いていないと思うが、
先行してしぶとい競馬をすれば、勝つチャンスは十分ある。
相手は藤田騎手が西の牝馬よりこちらを選んだミストラルクルーズ。
夏を越えての成長に期待したい。
フサイチジャンクは、ここで無理する必要もなく、
キストゥヘヴンも同様で、さらに牝馬なので力が通用するかどうか。
個人的には、ここでは切りますが。

<結果>
1着 ☆トーセンシャナオー L・イネス 2.13.1
2着 トウショウシロッコ 吉田豊 1 1/2馬身
3着 ○ミストラルクルーズ 藤田伸二 1/2馬身
------------------------------------------------
10着 ◎ミレニアムウイング 横山典弘 2.14.0

2週連続中山メインで横山典弘騎手を軸にして撃沈...。
やっぱりこの馬はパワータイプですね。
ラスト勝負で追いていかれて、最後はまったく追ってませんでしたし。
札幌で勝ったのも洋芝だったので納得。
イネス騎手は追えますね。注意したい騎手です。
4コーナーの落馬で、後味は悪かった。人馬とも無事だったのは幸いでした。

第24回 関西テレビ放送賞ローズステークス(中京芝2000m・3歳牝馬G2)
◎アドマイヤキッス
○パーフェクトジョイ
▲ソリッドプラチナム
△ヤマトマリオン
△フサイチパンドラ
☆シークレットコード

本命はアドマイヤキッス。大崩れは無さそう。
相手は期待しているパーフェクトジョイ。
春より馬体が増えてパワーアップも見られそうだし、(それでも小柄ですが)
上手く先行して押し切れれば面白い。
権利も取りたいので、勝負気配にはあるはず。

<結果>
1着 ◎アドマイヤキッス 武豊 1.58.2
2着 シェルズレイ 四位洋文 1/2馬身
3着 △フサイチパンドラ 福永祐一 4馬身

最後はきっちりかわす、いつもの武豊騎手でした。
シェルズレイは早めに突き放して、四位騎手の好判断でしたね。
四位騎手の時点で無印にしてしまったのが恥ずかしい...。
福永騎手は何をしたかったのかな?
馬込みに入れて試すならともかく、普通に2番手であの負けでしたし。
逆に本番では逃げるかな?

野路菊ステークス(中京芝1800m・2歳オープン)
◎オーズミダイドウ
○タキオンプリンセス
▲キングスデライト
☆テイエムイナバコ

<結果>
1着 ◎オースミダイドウ 武豊 1.49.3
2着 ケイアイマイスキー 幸英明 2馬身
3着 ▲キングスデライト 本田優 クビ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2006プロ野球 vsマリーンズ 17回戦

2006プロ野球第129戦(札幌ドーム・入場者数41093人)

千葉ロッテ 001 000 000 - 1
北海道日本ハム 200 603 01x - 12
(対戦成績 日本ハム 11勝6敗)

勝利投手 ダルビッシュ 12勝5敗
敗戦投手 久保 7勝12敗

本塁打
 1回裏 小笠原・2ラン 第32号

ロッテバッテリー 久保、小宮山、高木、ミラー-里崎、辻
日本ハムバッテリー ダルビッシュ、トーマス-鶴岡

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 6-1
(二)田中賢介 5-3 打点1
(一)小笠原道大 4-3 打点3
打一 田中幸雄 1-0
(指)セギノール 4-2 打点1
打指 川島慶三 1-1
(右)稲葉篤紀 3-1 四球1
右 紺田敏正 1-0
(中)SHINJO 4-3 打点2 四球1
(三)稲田直人 2-0
三遊 飯山裕志 2-0 四球1
(捕)鶴岡慎也 4-3 打点4 四球1
(遊)金子誠 4-1 打点1
三 マシーアス 1-0
---------------------------------------------------
合計 42-18 打点12 四死球4

北海道日本ハム 投手成績
 ダルビッシュ有 8回 打者31人 被安打6 奪三振6 与四死球3
 トーマス 1回 打者4人 被安打0 与四死球1


これでダルビッシュは10連勝。
今、一番安心して見られる一人です。
3回のトリプルプレーは興奮しました。ビックリです。

しかし、9回のトーマス。あれでは来季がないかもね。
やはりリリーフで出る以上、制球難でフォアボールを出しているんじゃ、
プレーオフでは使えません。監督も使うのが怖いでしょう。
何とか自信を取り戻してほしいんですが。

そしてもう一人、自信を取り戻してほしいのが金村。
間違いなくプレーオフのキーマンになるのは金村。
きっちりロッテ打線を抑えて自身を取り戻してほしいです。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 76勝50敗2分け
2位 ファイターズ 77勝52敗 ゲーム差0.5
3位 ホークス 74勝50敗5分け ゲーム差0.5
4位 マリーンズ 60勝67敗 ゲーム差15.5
5位 バファローズ 48勝78敗3分け ゲーム差11.5
6位 イーグルス 43勝80敗4分け ゲーム差3.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsマリーンズ 16回戦

2006プロ野球第128戦(札幌ドーム・入場者数34957人)

千葉ロッテ 020 000 001 - 3
北海道日本ハム 400 010 00x - 5
(対戦成績 日本ハム 10勝6敗)

勝利投手 押本 4勝
敗戦投手 渡辺俊 5勝11敗
セーブ MICHEAL 4勝1敗37S

本塁打
 1回裏 セギノール・3ラン 第23号
 1回裏 稲葉・ソロ 第26号
 9回表 里崎・ソロ 第16号

ロッテバッテリー 渡辺俊、高木-里崎
日本ハムバッテリー 立石、押本、伊藤、岡島、MICHEAL-高橋、中嶋

北海道日本ハム 打者成績
(中左)森本稀哲 4-2
(二)田中賢介 2-1 打点1 四球1
(三一)小笠原道大 4-0
(指)セギノール 3-1 打点3 死球1
(右)稲葉篤紀 4-1 打点1
(一)小田智之 3-1
走三 飯山裕志 1-0
(捕)高橋信二 3-0
捕 中嶋聡 0-0
(左)紺田敏正 3-1
中 SHINJO 0-0
(遊)金子誠 3-0
---------------------------------------------------
合計 30-7 打点5 四死球2

北海道日本ハム 投手成績
 立石尚行 2回1/3 打者13人 被安打6 自責点2
 押本健彦 2回2/3 打者8人 被安打1 奪三振1 与四死球1
 伊藤剛 2回 打者6人 被安打0 奪三振3
 岡島秀樹 1回 打者3人 被安打0 奪三振2
 MICHEAL 1回 打者5人 被安打2 被本塁打1 奪三振1 自責点1


SHINJOのラスト(?)パフォーマンスで試合前から盛り上がってましたが、
試合もいきなり初回から動きました。
去年まで打てなかった渡辺俊介から、あっさり4点先制。
そして5回の田中賢介の犠牲フライは大きかったですね。

一方先発の立石はここ最近は5回持ちませんね。
でも、中継ぎ陣が頑張ってくれています。
押本、伊藤がしっかり試合を引き締め、
岡島がセットアップして守護神MICHEALへ。
MICHEALが里崎に打たれましたけど、
気を引き締めるためには逆に打ってくれてありがとうと言いたいですね。
これがプレーオフ前でよかったです。
プレーオフ中には、こういう安易な投球しないようにお願いします。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 76勝49敗2分け
2位 ホークス 74勝50敗4分け ゲーム差1.5
3位 ファイターズ 76勝52敗 ゲーム差0.0
4位 マリーンズ 60勝66敗 ゲーム差15.0
5位 バファローズ 47勝78敗3分け ゲーム差12.5
6位 イーグルス 43勝80敗3分け ゲーム差3.0

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006 J2リーグ戦 第39節 vs水戸戦

2006 J2リーグ戦 第39節(札幌厚別公園競技場・入場者数5364人)

札幌 3 - 1 水戸
(2-0、1-1)

得点
2分 14鈴木智樹(札幌)
26分 10フッキ(札幌)
56分 9石井謙伍(札幌)
62分 13椎原拓也(水戸)

選手交代
60分 7秦賢二→19西野晃平(水戸)
69分 8砂川誠→20上里一将(札幌)
78分 19関隆倫→25藤田征也(札幌)
83分 30マルキーニョス→22桑原剛(水戸)
84分 9石井謙伍→11相川進也(札幌)

警告
25分 6小椋祥平(水戸)
52分 15加賀健一(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 1林卓人
DF 15加賀健一、4曽田雄志、6西嶋弘之
MF 16大塚真司、14鈴木智樹、18芳賀博信、8砂川誠、19関隆倫
FW 9石井謙伍、10フッキ
リザーブ
GK 28高原寿康
DF 3西澤淳二
MF 25藤田征也、20上里一将
FW 11相川進也

水戸スターティングメンバー
GK 21武田博行
DF 3平松大志、14吉本岳史、5時崎悠、32大和田真史
MF 7秦賢二、6小椋祥平、30マルキーニョ、29眞行寺和彦
FW 9アンデルソン、13椎原拓也
リザーブ
GK 1本間幸司
MF 8権東勇介、22桑原剛、19西野晃平
FW 27岩館侑哉

主審:砂川恵一

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「1点目が非常に早い時間帯に取れて、それ以降もよくボールも動いたし人も動いたので、いいリズムでゲームを進められたと思う。2?0になってから、少し足が止まりだした。前半45分のうち10分から15分、足が止まって、やろうとするサッカーができていなかった。けれども、30分くらいはできていたと思う。

後半についても、10分から15分やはり足が止まってリズムを悪くして、相手にペースを握られるということがあったが、30分から35分くらいはボールも動いていたし、自分たちがやろうとするサッカーができていた。なので60分から70分くらいは、やろうとするサッカーができていた。3?0になって、1点とられた場面もミスが2つ3つ続いた。一つ目のミスで次の者がカバーしてあげれば失点にはつながらなかった。まだまだそういうミスをしてしまうというところがまだ治っていない。

今は守備のところでのミスを言ったが、攻撃のところも、3?0になってから4点5点6点と入れなければならない形まで作っているけども、イージーミスで得点が入らなかった。最終ラインの人間とトップの人間が同じミスをしても、扱われかたはまったく違うわけで、こういうときにフォワードの選手を少し叩いてあげようかなと思い、さっき更衣室で叱った。アタッカーであってもディフェンダーであっても同じミスだといことで、90分間集中してプレーするということをトレーニングからやっていきたい。

まあ、一番の目的である勝ち点3が取れたので、それは良かったと思う。それと、先ほど言ったように70分近く自分たちのサッカーができたので、それも良かったと思う。土曜日にすぐアウェイで仙台との試合があるので、できるだけ早くいいコンディションに戻して臨みたい」

やろうとしているサッカーが出来たのが一番よかったかな。
もちろん勝ち点3を取れた事もそうですけど。

これを続ける事が出来て、見る方も楽しいサッカーになって、
結果もついてくれば、自然と観衆も増えてくるのかな?
平日ナイターとはいえ、5364人とは寂しすぎる。
比較したくはないけど、同日札幌ドームの首位をかけたファイターズの大一番。
観衆は36668人です。札幌近郊の皆さん、もっとサッカーを見に行ってほしいな。


J2第39節 他会場の結果
鳥栖 0 - 0 愛媛
徳島 1 - 3 仙台
湘南 2 - 2 神戸
横浜FC 1 - 0 柏
草津 1 - 1 山形

J2順位表
1位 神戸 勝ち点68 20勝8敗8分け
2位 柏 勝ち点68 21勝10敗5分け
3位 横浜FC 勝ち点67 18勝5敗13分け
4位 仙台 勝ち点60 17勝10敗9分け
5位 鳥栖 勝ち点54 14勝10敗12分け
6位 札幌 勝ち点51 14勝13敗9分け
7位 東京V 勝ち点50 15勝16敗5分け
8位 山形 勝ち点49 13勝13敗10分け
9位 湘南 勝ち点43 12勝17敗7分け
10位 水戸 勝ち点43 12勝17敗7分け
11位 愛媛 勝ち点35 9勝19敗8分け
12位 草津 勝ち点34 8勝18敗10分け
13位 徳島 勝ち点25 6勝23敗7分け

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsライオンズ 最終戦

2006プロ野球第127戦(札幌ドーム・入場者数36668人)

西武 000 400 020 - 6
北海道日本ハム 000 000 000 - 0
(対戦成績 日本ハム 7勝13敗)

勝利投手 松坂大 16勝4敗
敗戦投手 武田勝 4勝2敗1S

本塁打
 4回表 江藤・満塁 第5号

西武バッテリー 松坂大-細川
日本ハムバッテリー 武田勝、建山、トーマス、岡島、押本-高橋

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 3-0 四球1
(二)田中賢介 3-0 四球1
(一)小笠原道大 4-0
(指)セギノール 4-1
(右)稲葉篤紀 4-1
(中)SHINJO 4-1
(三)稲田直人 3-0
(捕)高橋信二 3-2
(遊)金子誠 2-0
打 紺田敏正 1-0
遊 飯山裕志 0-0
---------------------------------------------------
合計 31-5 四死球2

北海道日本ハム 投手成績
 武田勝 5回 打者23人 被安打6 被本塁打1 奪三振1 与四死球3 自責点4
 建山義紀 2回 打者8人 被安打2 奪三振1
 トーマス 0回 打者4人 被安打2 与四死球2 自責点2
 岡島秀樹 1回 打者4人 被安打1 奪三振1
 押本健彦 1回 打者3人 被安打0 奪三振1


江藤なんかに打たれちゃ、お話しになりません。
ま、悔やまれるのは、直前のデッドボールですけど。

勝つべき時に勝てるから、西武が上にいるんでしょう。
そりゃ、松坂相手で得点どころか、打つ事すら、バントすら難しい。
他の11球団の何処と当たっても、昨日の松坂にはかないません。

でも、最後の西武2連戦。よく2連敗しなかったと考えるべきでしょう。
こちらのローテーション、ルーキー2人です。
結果的にルーキー2人とも、打ち込まれてしまいましたけど、
逆に中継ぎ陣の好調は再確認できました。伊藤も戻ってきましたし。

この借りはプレーオフで返しましょう。最後に笑えれば良いんですよ。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 75勝49敗2分け
2位 ホークス 74勝50敗4分け ゲーム差1.0
3位 ファイターズ 75勝52敗 ゲーム差0.5
4位 マリーンズ 60勝65敗 ゲーム差14.0
5位 バファローズ 47勝77敗3分け ゲーム差12.5
6位 イーグルス 43勝80敗3分け ゲーム差3.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsライオンズ 19回戦

2006プロ野球第126戦(札幌ドーム・入場者数31446人)

西武 301 000 010 - 5
北海道日本ハム 401 100 00x - 6
(対戦成績 日本ハム 7勝12敗)

勝利投手 押本 3勝
敗戦投手 ギッセル 6勝3敗
セーブ MICHEAL 4勝1敗36S

本塁打
 1回裏 稲葉・3ラン 第25号

西武バッテリー ギッセル、許、星野、岡本、石井貴-細川
日本ハムバッテリー 八木、押本、伊藤、武田久、岡島、MICHEAL-鶴岡、中嶋

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 4-1
(二)田中賢介 3-1 四球1 盗塁1
(一)小笠原道大 2-1 四球2
(指)セギノール 3-2 打点2
走指 紺田敏正 0-0
(右)稲葉篤紀 3-1 打点3 四球1
(中)SHINJO 2-1 打点1 四球1
(三)稲田直人 2-1 犠打1
三 飯山裕志 1-0
(捕)鶴岡慎也 3-0
捕 中嶋聡 1-0
(遊)金子誠 4-0
---------------------------------------------------
合計 28-8 打点6 四死球5 犠打1 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 八木智哉 2回1/3 打者14人 被安打5 奪三振3 与四死球2 自責点4
 押本健彦 2回2/3 打者9人 被安打1 奪三振4
 伊藤剛 2回 打者6人 被安打0 奪三振1
 武田久 1/3回 打者3人 被安打2 自責点1
 岡島秀樹 2/3回 打者2人 被安打1
 MICHEAL 1回 打者4人 被安打1 奪三振1


これで0.5ゲーム差。
いよいよ松坂との対戦で首位攻防最終ラウンドです。

伊藤のヒーローインタビューは泣けました。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 74勝49敗2分け
2位 ホークス 74勝50敗4分け ゲーム差0.5
3位 ファイターズ 75勝51敗 ゲーム差0.0
4位 マリーンズ 59勝65敗 ゲーム差15.0
5位 バファローズ 47勝77敗3分け ゲーム差12.0
6位 イーグルス 43勝79敗3分け ゲーム差3.0

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsバファローズ 最終戦

2006プロ野球第125戦(京セラドーム大阪・入場者数30957人)

北海道日本ハム 021 000 001 - 4
オリックス 101 000 000 - 2
(対戦成績 オリックス 3勝17敗)

勝利投手 金村 9勝6敗
敗戦投手 川越 8勝8敗
セーブ MICHEAL 4勝1敗35S

本塁打
 2回表 SHINJO・2ラン 第16号
 3回表 セギノール・ソロ 第22号
 9回表 稲葉・ソロ 第24号

日本ハムバッテリー 金村、武田久、岡島、MICHEAL-中嶋
オリックスバッテリー 川越-日高

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 4-0
(二)田中賢介 4-0
(一)小笠原道大 3-2 四球1 盗塁1
(指)セギノール 4-1 打点1
(右)稲葉篤紀 4-2 打点1
(中)SHINJO 4-1 打点2
(三)マシーアス 3-0
三 飯山裕志 1-0
(捕)中嶋聡 4-0
(遊)金子誠 3-1
---------------------------------------------------
合計 34-7 打点4 四死球1 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 金村暁 6回 打者25人 被安打6 奪三振3 与四死球2 自責点2
 武田久 1回 打者3人 被安打0 奪三振1
 岡島秀樹 1回 打者4人 被安打0 奪三振1 与四死球1
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打0


とりあえずプレーオフ進出は決定。
しかし戦いはまだ残ってます。
西武が敗れてゲーム差は1.5。
火曜日からの2連戦を連勝すれば、まだ1位通過の可能性はあります。
最大のヤマは、水曜日に先発が予想される松坂。
松坂を倒さない限り、1位通過も優勝もない。

もちろん火曜日のギッセルは絶対に打ち崩さないと。
前回8月15日の借りは返しましょう。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 74勝48敗2分け
2位 ホークス 73勝50敗4分け ゲーム差1.5
3位 ファイターズ 74勝51敗 ゲーム差0.0
4位 マリーンズ 59勝63敗 ゲーム差13.5
5位 バファローズ 47勝76敗3分け ゲーム差12.5
6位 イーグルス 41勝79敗3分け ゲーム差4.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

京成杯AH&セントウルS

第51回 京成杯オータムハンデキャップ(中山芝1600m・3歳以上G3)
◎インセンティブガイ
○カンファーベスト
▲ローエングリン
△マイネルスケルツィ
☆スクールボーイ

難しい。インセンティブガイから。
中山3勝、マイル6勝。一番実績はあるので。
相手本線は関屋記念勝ちのカンファーベスト。
思ったより人気ないですね。連勝は十分可能だと思うんですが。
ローエングリンは前に行くのか後ろに行くのか?
追い込んでくるなら面白いと思いますが。

<結果>
1着 ステキシンスケクン 後藤浩輝 1.32.0
2着 ○カンファーベスト 江田照男 ハナ
3着 △マイネルスケルツィ 柴田善臣 1 3/4馬身
------------------------------------------------
14着 ◎インセンティブガイ 横山典弘 1.33.6

インセンティブガイにはこれがあるんですよね。
ダービー卿の時も同じような予想してた気が...。
カンファーベストはマイル合ってますね。
この時計でも対応できたのは大きいです。
ローエングリンは凄い脚でした。こちらも楽しみ。

第20回 セントウルステークス(中京芝1200m・3歳以上G2)
◎テイクオーバーターゲット
○シーイズトウショウ
▲リミットレスビッド
△ネイティブハート
△ロードアルティマ
☆コスモフォーチュン

国内ではサマースプリントの最終戦だが、
国際競争ではグローバル・スプリント・チャレンジの第5戦。
既にシリーズ2勝しているテイクオーバーターゲットの実力を信頼して本命。

<結果>
1着 ○シーイズトウショウ 池添謙一 1.08.6
2着 ◎テイクオーバーターゲット J・フォード 3馬身
3着 △ネイティブハート 内田博幸 1 1/2馬身

中京では、やはり走りますね。
直前の大雨がなければもうちょっと他の馬にもチャンスはあったかな。

UHB賞(札幌芝1200m・3歳以上1000万下)
◎タイセイアトム
○リガードシチー
▲フサイチバルドル
△セイウンドーバー

<結果>
1着 ダブルタイトル 柴山雄一 1.09.7
2着 サクラプログレス 小島太一 3/4馬身
3着 ▲フサイチバルドル 武幸四郎 1 1/4馬身
---------------------------------------------
10着 ◎タイセイアトム 川島信二 1/2馬身

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2006 J2リーグ戦 第38節 vs神戸戦

2006 J2リーグ戦 第38節(神戸ウイングスタジアム・入場者数9687人)

神戸 1 - 1 札幌
(0-0、1-1)

得点
76分 8栗原圭介(神戸)
77分 10フッキ(札幌)

選手交代
53分 42ガブリエル→8栗原圭介(神戸)
63分 9石井謙伍→11相川進也(札幌)
71分 19近藤祐介→14平瀬智行(神戸)
75分 8砂川誠→20上里一将(札幌)
78分 17三浦淳宏→20丹羽竜平(神戸)
82分 29西谷正也→25藤田征也(札幌)

警告
22分 18芳賀博信(札幌)
61分 10ホルビィ(神戸)
88分 25藤田征也(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 1林卓人
DF 15加賀健一、4曽田雄志、6西嶋弘之
MF 16大塚真司、14鈴木智樹、18芳賀博信、8砂川誠、29西谷正也
FW 9石井謙伍、10フッキ
リザーブ
GK 28高原寿康
DF 3西澤淳二
MF 25藤田征也、20上里一将
FW 11相川進也

神戸スターティングメンバー
GK 34萩晃太
DF 4北本久仁衛、15エメルソントーメ、5河本裕之、3坪内秀介
MF 13田中英雄、10ホルビィ、42ガブリエル
FW 7朴康造、19近藤祐介、17三浦淳宏
リザーブ
GK 30徳重健太
DF 20丹羽竜平、32柳川雅樹
MF 8栗原圭介
FW 14平瀬智行

主審:鍋島將起

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「試合のなかで選手たちが、守備から攻撃に行く際、味方の選手で誰がフリーになっているかということが、45分間わからない。こっちから伝えても、全員の頭と目には入ってこなかった。それが残念。 後半、まあまあ出足よく、チャンスも作ったけれども、あの時間帯(76分)で0-1となってから、そのあとすぐに追い付いたことはよかった。ただ、今日は勝点1を積み重ねたけど、前節までで勝点47、8位という順位がわかるような、1-1に追い付いた時点で満足してしまっている選手が何人かいた。疲れがたまってたのかどうかはわからないけど、後ろに引いてしまって、前へ前へ行くためにボールを運ばなければいけないのに…。そういう何人かの選手がしてしまっているようなプレーがあるので、今の順位、勝点になっていると思う。満足してしまったら、それ以上成長はないと言い続けているが、そこが非常にわかってない、それが残念。ずっと言っていることだけど直らないので仕方がない。水曜日にすぐ試合があるので、よい準備をしたい」

追いついて終わりじゃないんですよ。
なんで、そこで満足してしまうんでしょうかね。

取られてすぐ追いついたのは、まぁ良かったが。
今の置かれている順位を考えると、それ以上の事をやらないと。


J2第38節 他会場の結果
湘南 1 - 2 鳥栖
愛媛 1 - 0 草津
東京V 1 - 1 横浜FC
水戸 2 - 0 徳島
仙台 2 - 0 柏

J2順位表
1位 柏 勝ち点68 21勝9敗5分け
2位 神戸 勝ち点67 20勝8敗7分け
3位 横浜FC 勝ち点64 17勝5敗13分け
4位 仙台 勝ち点57 16勝10敗9分け
5位 鳥栖 勝ち点53 14勝10敗11分け
6位 東京V 勝ち点50 15勝16敗5分け
7位 山形 勝ち点48 13勝13敗9分け
8位 札幌 勝ち点48 13勝13敗9分け
9位 水戸 勝ち点43 12勝16敗7分け
10位 湘南 勝ち点42 12勝17敗6分け
11位 愛媛 勝ち点34 9勝19敗7分け
12位 草津 勝ち点33 8勝18敗9分け
13位 徳島 勝ち点25 6勝22敗7分け

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsバファローズ 19回戦

2006プロ野球第124戦(京セラドーム大阪・入場者数28027人)

北海道日本ハム 430 000 300 - 10
オリックス 010 000 001 - 2
(対戦成績 オリックス 3勝16敗)

勝利投手 ダルビッシュ 11勝5敗
敗戦投手 中山 3敗

本塁打
 1回表 セギノール・2ラン 第20号
 2回表 セギノール・2ラン 第21号
 2回表 稲葉・ソロ 第23号

日本ハムバッテリー ダルビッシュ、伊藤、建山-鶴岡
オリックスバッテリー 中山、萩原、吉川、山本-日高

北海道日本ハム 打者成績
(左中)森本稀哲 6-2
(二)田中賢介 4-4 打点1 四球1 犠打1
(一)小笠原道大 4-1 打点1 四球1
打三 稲田直人 1-1
(指)セギノール 4-4 打点6 死球1
打指 中嶋聡 1-0
(右)稲葉篤紀 3-1 打点1 死球1
走右 紺田敏正 1-0
(中)SHINJO 4-1
三遊 飯山裕志 1-0
(三左)マシーアス 3-2 四球2
(捕)鶴岡慎也 5-2 打点1 盗塁1
(遊)金子誠 4-2
打三一 田中幸雄 1-0
---------------------------------------------------
合計 42-20 打点10 四死球6 犠打1 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 ダルビッシュ有 7回 打者28人 被安打4 奪三振4 与四死球5 自責点1
 伊藤剛 1回 打者3人 被安打0
 建山義紀 1回 打者5人 被安打2 自責点1


プレーオフ進出マジック1。
首位西武とは2.5ゲーム差のまま。
何とか離されずに、火曜日からの直接対決2連戦で追いつければ。

しかし、上位3チームとも崩れませんね。
ここまで来たらどこが下位相手に星を落とすか、
最後の我慢比べです。真っ先に脱落しないでよぉ。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 74勝47敗2分け
2位 ホークス 72勝50敗4分け ゲーム差2.5
3位 ファイターズ 73勝51敗 ゲーム差0.0
4位 マリーンズ 59勝62敗 ゲーム差12.5
5位 バファローズ 47勝75敗3分け ゲーム差12.5
6位 イーグルス 40勝79敗3分け ゲーム差5.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

朝日CC

第57回 朝日チャレンジカップ(中京芝2000m・3歳以上G3)
◎コンゴウリキシオー
○スズカフェニックス
▲ケイアイガード
△ブラックタイド
☆タイガーカフェ

今年は中京開催。となると、コンゴウリキシオーが一番展開が合う。
注目はタイガーカフェというよりも、イネス騎手か。

<結果>
1着 トリリオンカット 和田竜二 1.57.4
2着 ◎コンゴウリキシオー 岩田康誠 クビ
3着 ▲ケイアイガード 池添謙一 1/2馬身

トリリオンカットはノーマークでした。
見直してみても、もし買える要素として挙げるとしたら、
持ち時計くらいしか思いつかなかったです。
コンゴウリキシオーはこんなもんですかね。

紫苑ステークス(中山芝1800m・3歳牝馬オープン)
◎オリオンオンサイト
○ユーロペ
▲マイネサンサン
△チャームアスリープ
△アイスドール
☆シャラポワ

秋華賞へ向けいよいよトライアルがスタート。
◎はオリオンオンサイト。前走札幌では実際に見ましたが、
2着とはいえ内容は良かった。
ここも先行できる脚質で崩れないはず。
相手は逃げ馬で中舘騎手を乗せてきた以上、一発狙っているユーロペから。
チャームアスリープが権利を取れたら、一気に盛り上がるので、
個人的にはチャームアスリープに期待。

<結果>
1着 サンドリオン 川田将雅 1.47.2
2着 キープユアスマイル 田中勝春 クビ
3着 △アイスドール 江田照男 1 1/4馬身
---------------------------------------------
4着 ◎オリオンオンサイト 柴田善臣 3/4馬身

やはり秋も3歳牝馬路線は混戦模様かな。

コスモス賞(札幌芝1800m・2歳オープン)
◎ミスティックベル
○ナムラマース
▲インパーフェクト
△ウインボールド
☆ジャングルテクノ

ここの注目はコスモバルクの弟分のインパーフェクト。
距離延長は間違いなくプラスで、山口騎手の腕次第。
◎は3連闘というローテーションでもミスティックベル。
初戦は難しい1500mでレースが出来ず、
先週は本来使いたかった距離で圧勝。余力は残しているはず。
相手本線は距離延長で一変したナムラマースから。

<結果>
1着 ○ナムラマース 藤岡佑介 1.48.4
2着 ローブデコルテ 安藤勝己 3 1/2馬身
3着 ▲インパーフェクト 山口竜一 3/4馬身
--------------------------------------------
5着 ◎ミスティックベル 北村宏司 1.49.5

さすがに3連闘は厳しかったですかね。

TVh賞(札幌芝2000m・3歳以上1000万下)
◎アクシオン
○レフィナーダ
▲イナズマローレル
△タガノマーシャル
☆シンシンマーキー

ここはセントライト記念も考えていたアクシオンの連勝に期待。

<結果>
1着 △タガノマーシャル 柴山雄一 2.01.9
2着 ◎アクシオン 藤田伸二 ハナ
3着 ▲イナズマローレル 五十嵐冬樹 3 1/2馬身

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2006プロ野球 vsバファローズ 18回戦

2006プロ野球第123戦(スカイマークスタジアム・入場者数15965人)

北海道日本ハム 100 020 101 - 5
オリックス 002 000 000 - 2
(対戦成績 オリックス 3勝15敗)

勝利投手 トーマス 4勝1敗1S
敗戦投手 高木 1敗
セーブ MICHEAL 4勝1敗34S

本塁打
 3回裏 ガルシア・2ラン 第11号
 5回表 小笠原・2ラン 第31号

日本ハムバッテリー 立石、トーマス、押本、岡島、武田久、MICHEAL-高橋、鶴岡、中嶋
オリックスバッテリー 高木、本柳、山本、ユウキ、萩原-的山、日高

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 3-1 犠打2
(二)田中賢介 4-1 犠打1
(一)小笠原道大 4-3 打点3 四球1
(指)セギノール 5-2 打点2
(右)稲葉篤紀 4-1
(中)SHINJO 4-0
(捕)高橋信二 1-1 四球1
捕 鶴岡慎也 1-0
打 田中幸雄 1-0
捕 中嶋聡 0-0
(三)飯山裕志 3-0 犠打1
(遊)金子誠 4-2
---------------------------------------------------
合計 34-11 打点5 四死球2 犠打4

北海道日本ハム 投手成績
 立石尚行 3回1/3 打者18人 被安打6 被本塁打1 奪三振3 与四死球3 自責点2
 トーマス 2回1/3 打者10人 被安打1 奪三振3 与四死球2
 押本健彦 1/3回 打者1人 被安打0
 岡島秀樹 1回 打者3人 被安打1 奪三振1
 武田久 1回 打者4人 被安打1
 MICHEAL 1回 打者5人 被安打2


これで球団最多の72勝目。
武田久は球団新記録の68試合登板。
MICHEALは球団タイの34セーブ。
記録目白押しですね。

これでソフトバンクとはゲーム差なし。
何とかその上の西武まで追いつきたい。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 73勝47敗2分け
2位 ホークス 71勝50敗4分け ゲーム差2.5
3位 ファイターズ 72勝51敗 ゲーム差0.0
4位 マリーンズ 59勝61敗 ゲーム差11.5
5位 バファローズ 47勝74敗3分け ゲーム差12.5
6位 イーグルス 40勝78敗3分け ゲーム差5.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsホークス 18回戦

2006プロ野球第122戦(福岡Yahoo!JAPANドーム・入場者数31966人)

北海道日本ハム 010 010 002 - 4
福岡ソフトバンク 010 000 001 - 2
(対戦成績 ソフトバンク 8勝10敗)

勝利投手 武田勝 4勝1敗1S
敗戦投手 吉武 3勝2敗
セーブ MICHEAL 4勝1敗33S

本塁打
 2回裏 ズレータ・ソロ 第26号

日本ハムバッテリー 武田勝、武田久、岡島、MICHEAL-高橋、中嶋
ソフトバンクバッテリー 神内、吉武、吉田、柳瀬、三瀬、藤岡、篠原-山崎、的場

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 5-3 打点1 盗塁1
(二)田中賢介 4-2 打点1 四球1
(一)小笠原道大 4-2 打点2 盗塁1
(指)セギノール 4-1
走指 紺田敏正 0-0
打指 田中幸雄 1-0
(右)稲葉篤紀 3-0 四球1 犠打1
(中)SHINJO 4-0
(捕)高橋信二 2-1 四球1
捕 中嶋聡 1-0
(三)飯山裕志 4-1
(遊)金子誠 3-1 犠打1
---------------------------------------------------
合計 35-11 打点4 四死球3 犠打2 盗塁2

北海道日本ハム 投手成績
 武田勝 6回1/3 打者22人 被安打4 被本塁打1 奪三振6 自責点1
 武田久 1回2/3 打者5人 被安打0 奪三振4
 岡島秀樹 1/3回 打者4人 被安打2 奪三振1 与四死球1 自責点1
 MICHEAL 2/3回 打者2人 被安打0 奪三振1


武田勝の緩急を使ったピッチングが素晴らしかったです。
失点もズレータのホームランのみで、全体を通しても良い内容でした。
そして武田久はここに来てまた調子が上がってきてるというか、
ヤフードームのマウンドが合っているというか。
まったく打者を寄せ付けない投球で、ホークス打線をしっかり料理。
岡島が捕まったものの、MICHEALへ余裕のリレーで逃げ切り。

9回の田中賢介のセーフティースクイズが効きました。
前日はスクイズをする場面を間違えましたけど、
この日はキッチリ作戦が当たりました。

勝っている時に点差を離すためのスクイズは効果的。
相手にとって、1点差が2点差に広がるというダメージは大きいです。
逆に負けている時のスクイズは、追いつくだけで終わってしまう可能性が高いので、
前日のスクイズはしない方が良かったです。
そして結果的にマシーアスが失敗して流れ自体が止まってしまったのとは対照的に、
この日は田中賢介。リーグトップの犠打数を誇るわけですから、
当然バントが上手い。
でも、とった作戦は、セーフティーバント。
転がってから3塁ランナーがスタートするバント。
バントが上手くて、足が速いからこそ行える作戦でした。

ホント、森本、田中賢介が1、2番で固定出来てから繋がりが良くなりました。
さらにいうと、9番の金子から繋がってますからね。
金子が先頭で出塁出来れば、かなり高い確率で得点出来ますね。
3番には小笠原が控えてますし。

この大事なカード、何とか勝ち越したので、
上の順位が現実味を帯びてきました。
あとは下位に取りこぼさない事。
そうすればきっと1位が見えてくるはずです。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 72勝47敗2分け
2位 ホークス 71勝50敗4分け ゲーム差2.0
3位 ファイターズ 71勝51敗 ゲーム差0.5
4位 マリーンズ 59勝61敗 ゲーム差11.0
5位 バファローズ 47勝73敗3分け ゲーム差12.0
6位 イーグルス 40勝77敗3分け ゲーム差5.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

ビーアンビシャス

CA250602.jpg


昨日は休みだったので、たまにはラーメンでもと思っていたんですけど、
朝のチラシを見て予定変更。
東急百貨店の地下で行われている「秋の洋菓子フェア」のチラシを見て直行。
買ってきたのは、石屋製菓さんのワッフル「ビーアンビシャス」。
これって、札幌のチョコレートファクトリー限定の商品なんですよね。
函館空港でも買えるらしいですけど、一般には売られていないんです。
ましてこんな田舎です。まず買う機会がないわけです。
カスタードとチョコレートがありまして、それぞれ買ってまいりました。

とても美味しいです。特にチョコレートが美味しいです。
クリームの中にチョコチップが入っているのがまた良いですね。
これは一般商品として売っても売れると思いますけど、
やはり鮮度がもたないので、出せないんでしょうね。
買ってきて正解でした。(*^.^*)

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

2006プロ野球 vsホークス 17回戦

2006プロ野球第121戦(福岡Yahoo!JAPANドーム・入場者数33401人)

北海道日本ハム 000 000 000 - 0
福岡ソフトバンク 000 100 00x - 1
(対戦成績 ソフトバンク 8勝9敗)

勝利投手 和田 14勝5敗
敗戦投手 八木 10勝8敗

日本ハムバッテリー 八木-鶴岡
ソフトバンクバッテリー 和田-山崎

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 3-0 四球1
(二)田中賢介 3-0 犠打1
(一)小笠原道大 3-0 四球1
(指)セギノール 3-0
(右)稲葉篤紀 3-1
(中)SHINJO 3-1
(三)マシーアス 3-0
三 飯山裕志 0-0
(捕)鶴岡慎也 3-0
(遊)金子誠 3-0
---------------------------------------------------
合計 27-2 四死球2 犠打1

北海道日本ハム 投手成績
 八木智哉 8回 打者27人 被安打3 奪三振3 自責点1


昨日書いた通りでしたね。
序盤でチャンスをモノに出来ずに、
終わってみれば9回打者27人2安打...。

初回。先頭の森本がフォアボールで出て、
田中賢介がきっちり送りバントを決めてチャンスの場面。
しかし、頼みの小笠原もセギノールも凡退。
2回。1アウトからSHINJOがヒットで出るものの、
マシーアスがダブルプレーであっさりチャンスを潰し、
これで完全に和田ペースに。

一番悔やまれるのが5回。
稲葉のツーベースとSHINJOの犠牲フライで1アウト3塁。
ここでマシーアスにスクイズのサイン。そして失敗。

思ったんですけど、監督は助っ人マシーアスに何を期待したのか?
はっきり言って、外国人にスクイズ。
ホークスが喜ぶだけでしょ。
結果がどうなろうが、外国人には打たせた方が、
ホークスバッテリーも怖かったと思うし、
仮にスクイズが決まっていたとしても、1点で済むんですからね。
それならひょっとしてのホームランに賭けた方が良かったかも。
助っ人として呼んでいるのに、バッティングよりもスクイズを選んだ采配にガッカリ。
これで完全に勢いを失って完封負けですよ。

確かに和田は良かった。でも、チャンスが無い訳ではなかったし、
上を目指すチームにしては消極的な采配だったと思います。

八木も3安打1失点で負けるんじゃ、正直報われないです。
これじゃ、1点も取られちゃダメという事ですか。

ま、選手の間では気持ちが既に切り替わっているようですし、
何とか勝ち越して、差をちょっとでも詰めないと。
神内に対しての苦手意識は取り除いておかないと。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 72勝47敗2分け
2位 ホークス 71勝49敗4分け ゲーム差1.5
3位 ファイターズ 70勝51敗 ゲーム差1.5
4位 マリーンズ 59勝61敗 ゲーム差10.5
5位 バファローズ 47勝73敗3分け ゲーム差12.0
6位 イーグルス 40勝77敗3分け ゲーム差5.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsホークス 16回戦

2006プロ野球第120戦(福岡Yahoo!JAPANドーム・入場者数31201人)

北海道日本ハム 002 500 110 - 9
福岡ソフトバンク 301 011 000 - 6
(対戦成績 ソフトバンク 7勝9敗)

勝利投手 トーマス 3勝1敗1S
敗戦投手 新垣 12勝3敗
セーブ MICHEAL 4勝1敗32S

本塁打
 4回表 小笠原・3ラン 第30号

日本ハムバッテリー 橋本、トーマス、押本、岡島、武田久、MICHEAL-高橋、中嶋
ソフトバンクバッテリー 新垣、三瀬、吉武、吉田、柳瀬、篠原、竹岡-山崎、的場

北海道日本ハム 打者成績
(中左)森本稀哲 4-1 犠打1
(二)田中賢介 4-2 打点2 四球1
(一)小笠原道大 4-3 打点4 四球1
(指)セギノール 4-3 打点2
(右)稲葉篤紀 5-1 打点1
(左)マシーアス 3-0 犠打1
中 SHINJO 1-0
(捕)高橋信二 3-1
打 小田智之 0-0 死球1
走三 飯山裕志 1-1 盗塁1
(三)稲田直人 2-0 犠打1
打 田中幸雄 1-0
捕 中嶋聡 1-0
(遊)金子誠 4-1 死球1
---------------------------------------------------
合計 37-13 打点9 四死球4 犠打3 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 橋本義隆 2回1/3 打者12人 被安打6 自責点4
 トーマス 2回1/3 打者11人 被安打3 奪三振2 与四死球1 自責点1
 押本健彦 1回 打者4人 被安打0 奪三振1 自責点1
 岡島秀樹 1回1/3 打者6人 被安打1 奪三振3 与四死球1
 武田久 1回 打者3人 被安打0 奪三振2
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打0 奪三振3


今季12勝をあげている新垣相手でしたけど、
不思議と苦手意識が無いんですよね。
むしろ打っているイメージがあるんですよ。
おそらく2年前の9月20日の試合が印象に強く残ってるせいなんでしょうけど。

でも、新垣は前回のファイターズ戦でも敗戦投手。
その時も7点奪ってますしね。
低めに落ちるスライダー(バニッシュボール)を良く見れてる結果ですね。

むしろ苦手意識を払拭したいのが、和田と神内。
3連戦の頭を取ったとはいえ、ここからが正念場です。
和田は序盤で捉えないと、手がつけられなくなるので、
立ち上がり勝負でしょう。
序盤3回までに得点が出来れば、連勝、そして2位浮上のチャンス大。
あとは10勝の壁を破った八木に託しましょう。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 71勝47敗2分け
2位 ホークス 70勝49敗4分け ゲーム差1.5
3位 ファイターズ 70勝50敗 ゲーム差0.5
4位 マリーンズ 59勝60敗 ゲーム差10.5
5位 バファローズ 47勝72敗3分け ゲーム差12.0
6位 イーグルス 39勝77敗3分け ゲーム差6.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 vsライオンズ 18回戦

2006プロ野球第119戦(インボイス西武ドーム・入場者数19248人)

北海道日本ハム 000 000 110 - 2
西武 100 400 01x - 6
(対戦成績 西武 12勝6敗)

勝利投手 西口 9勝8敗
敗戦投手 金村 8勝6敗
セーブ 小野寺 6勝3敗24S

本塁打
 4回裏 細川・満塁 第6号
 8回表 稲葉・ソロ 第22号

日本ハムバッテリー 金村、武田勝、トーマス-鶴岡
西武バッテリー 西口、星野、小野寺-細川

北海道日本ハム 打者成績
(中)森本稀哲 5-1
(二)田中賢介 3-0 四球1 盗塁1
(一)小笠原道大 4-0
(指)セギノール 4-1
(右)稲葉篤紀 2-1 打点1 四球2
(三左)マシーアス 3-2 犠打1
(左)紺田敏正 3-1
打 田中幸雄 1-0
三 飯山裕志 0-0
(捕)鶴岡慎也 3-2
打 稲田直人 1-0
(遊)金子誠 2-0 打点1
打 小田智之 1-0
---------------------------------------------------
合計 32-8 打点2 四死球3 犠打1 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 金村暁 4回 打者18人 被安打6 被本塁打1 奪三振1 与四死球2 自責点5
 武田勝 2回 打者9人 被安打0 奪三振1 与四死球3
 トーマス 2回 打者8人 被安打2 奪三振5 自責点1


細川への痛恨の一球。あれが決定的でした。
たらればを言っても仕方ないですけど、
あのホームランさえなければねぇ。

残り試合、上に行くためのキーマンは金村だと思うんです。
金村がチームのエースですし、やはり金村の出来がチームを左右しかねないと思います。
それだけに、昨日の先発の仕事が出来なかったエースの姿が、
チーム全体の士気に影響しなければいいのですが。

残り試合を考えると、正直西武を上回るのが厳しくなったこの敗戦。
とはいえ、西武だって取りこぼす可能性があるわけですし。
となると、火曜日からのソフトバンク3連戦。
プレーオフへの順位を決める最大の山場と言っていいでしょう。
勝ち越す事が最低条件ですよ。


パ・リーグ順位表
1位 ライオンズ 70勝47敗2分け
2位 ホークス 70勝48敗4分け ゲーム差0.5
3位 ファイターズ 69勝50敗 ゲーム差1.5
4位 マリーンズ 59勝59敗 ゲーム差9.5
5位 バファローズ 47勝72敗2分け ゲーム差12.5
6位 イーグルス 39勝77敗1分け ゲーム差6.5

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク