FC2ブログ

ハーフマラソン結果


昨日、「もこと山ふきおろしマラソン」を走ってきました。
正式な記録は、記録証がまだ出来ていなかったので分かりませんが、
一応手元の時計では、
ハーフ1時間26分29秒でした。

このコースは前半下りがほとんどなので、
スピードを殺さないように、下りはストライドを広く、
平坦と登りはピッチを早くと、切り替えを意識して、
前半の下りでタイムを稼いで、後半如何に粘れるかを考えて走りました。

2ヶ月の準備期間にしては思ったより走れたかなと思います。
一応ハーフの自己ベストは更新しましたし。
下りだからなんとも言えませんけど。(^▽^;)
最低ラインを1時間30分?40分に設定していたので、
タイム的には良かったです。でも、走り自体はまだまだ戻っていませんね。

まぁ、これで北海道マラソンへのタイムは取れましたし、
今年は冬もしっかり走りこんで、レベルアップを図らないとダメですね。

レース後の豚汁が、また美味しかった。
具沢山で、とても温まりました。

一夜明けて、両足の太ももと左のふくらはぎが筋肉痛です。
家の階段が辛い...。(x_x)

スポンサーサイト



テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

2006 サッカーJ2リーグ戦 第47節 vs草津戦

2006 J2リーグ戦 第47節(群馬県立敷島公園県営陸上競技場・入場者数4219人)

草津 0 - 2 札幌
(0-1、0-1)

得点
33分 10フッキ(札幌)
64分 10フッキ(札幌)

選手交代
55分 8砂川誠→25藤田征也(札幌)
59分 13山崎渡→29マーロン(草津)
70分 20上里一将→21金子勇樹(札幌)
70分 20吉本淳→18櫻田和樹(草津)
74分 2籾谷真弘→19後藤涼(草津)
84分 11相川進也→9石井謙伍(札幌)

警告
16分 16大塚真司(札幌)
33分 11寺田武史(草津)
52分 11相川進也(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 31佐藤優也
DF 15加賀健一、3西澤淳二、6西嶋弘之
MF 16大塚真司、20上里一将、18芳賀博信、8砂川誠、29西谷正也
FW 11相川進也、10フッキ
リザーブ
GK 1林卓人
DF 4曽田雄志
MF 25藤田征也、21金子勇樹
FW 9石井謙伍

草津スターティングメンバー
GK 1高木貴弘
DF 4齋藤竜、25田中淳、2籾谷真弘
MF 11寺田武史、30秋葉忠宏、13山崎渡、7佐田聡太郎、10島田裕介
FW 9高田保則、20吉本淳
リザーブ
GK 22北一真
DF 3依田光正
MF 18櫻田和樹、19後藤涼
FW 29マーロン

主審:鍋島將起

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「イージーミスがあったし、まだまだ決められるチャンスを外したことは良くなかったが、選手たちは試合終了まで集中力を切らさずにプレーしてくれていた。前半の立ち上がりにビッグチャンスを外してから前に出られなくなり、向こうのリズムになってしまっていた。だが、後半に入ってから2トップにボールが入るようになり、アウトサイドやトップ下も攻撃にからむことができた。向こうのCBが後ろ向きでプレーする時間が多くなっていたし、うちが目指すサッカーができていたと思う。相手は、長いボールを入れて前に出てくるというのが頭にあったので、最後まで集中力を切らさずにやれた。それが結果につながったと思う。リーグ戦残り5試合、今日みたいなゲームを続けて勝ち点を獲っていきたい」

内容は良かったみたいですね。
失点しなかったのも良かったですし、
シュート数にも差が大きく出ていますね。
やりたいサッカーは出来ていたのは何よりです。
このサッカーを次の天皇杯でジェフにぶつけてもらいたいです。

初出場のGK佐藤の評価も上々。
こうやってもっとチーム内で争いが出てこないといけませんね。
あとはフッキ以外のFWの得点力。このままでは来季は不安です。


J2第47節 他会場の結果
愛媛 0 - 0 神戸
東京V 1 - 4 水戸
柏 3 - 3 横浜FC
仙台 0 - 0 山形
鳥栖 2 - 0 徳島

J2順位表
1位 神戸 勝ち点84 25勝9敗9分け
2位 横浜FC 勝ち点83 23勝6敗14分け
3位 柏 勝ち点79 24勝12敗7分け
4位 仙台 勝ち点70 19勝12敗13分け
5位 鳥栖 勝ち点70 19勝11敗13分け
6位 東京V 勝ち点63 19勝18敗6分け
7位 札幌 勝ち点62 17勝15敗11分け
8位 山形 勝ち点53 13勝17敗14分け
9位 愛媛 勝ち点49 13勝21敗10分け
10位 湘南 勝ち点48 13勝21敗9分け
11位 水戸 勝ち点47 13勝23敗8分け
12位 草津 勝ち点39 9勝22敗12分け
13位 徳島 勝ち点31 7勝27敗10分け

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

天皇賞(秋)

第134回 天皇賞(秋)(東京芝2000m・3歳以上G1)
◎コスモバルク
○スウィフトカレント
▲ダンスインザムード
△ダイワメジャー
△スイープトウショウ
△アドマイヤムーン
☆インティライミ

ファイターズ優勝の勢いに乗って、
バルクも勝ってほしいです。
このメンバーならチャンス十分。

(午後1時40分 予想変更)
藤田騎手が落馬してしまい、アサクサデンエンには田中勝春騎手に変更。
よって△アサクサデンエンを切り、△アドマイヤムーンに変更しました。
この選択がどうなりますかね。

<結果>
1着 △ダイワメジャー 安藤勝己 1.58.8
2着 ○スウィフトカレント 横山典弘 1/2馬身
3着 △アドマイヤムーン 武豊 3/4馬身
---------------------------------------------
4着 ◎コスモバルク 五十嵐冬樹 3/4馬身

検量前からオースミグラスワンが放馬して、
本馬場入場後にトリリオンカットも放馬。(こちらは競争除外)
さらにゲート入りをスウィフトカレントが嫌って尻っぱね。
カンパニーはゲート内で暴れて外枠発走と、なにやら嫌な予感。

そして結果はバルク4着...。
アドマイヤムーンさえ来ていなかったらワイド2つ取ってたんですけどね。
ダイワメジャーはペースにも助けられましたけど、強かったですね。
それにしても横山典騎手のG1・2着病はいつまで続くのやら。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

武蔵野S&スワンS

第11回 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(東京ダート1600m・3歳以上G3)
◎フサイチリシャール
○ヒカルウィッシュ
▲トーセンブライト
△シーキングザベスト
△サカラート
☆フィールドルージュ

父クロフネと同じようにこのレースでの変わり身に期待。

<結果>
1着 △シーキングザベスト 勝浦正樹 1.35.3
2着 サンライズバッカス 後藤浩輝 3/4馬身
3着 ☆フィールドルージュ 吉田豊 1 1/4馬身
-----------------------------------------------
5着 ◎フサイチリシャール 岩田康誠 1.35.7

第49回 毎日放送賞スワンステークス(阪神芝1400m・3歳以上G2)
◎タマモホットプレイ
○シンボリエスケープ
▲ネイティヴハート
△オレハマッテルゼ
△アグネスラズベリ
△メイショウボーラー
☆チアフルスマイル

どの馬も来そうなメンバー。なので、絞りにくい...。
ここはタマモホットプレイから手広く。
雨さえ降らなければ、そろそろ来そうな予感。

<結果>
1着 プリサイスマシーン 松岡正海 1.20.3
2着 シンボリグラン 柴山雄一 1/2馬身
3着 △アグネスラズベリ 本田優 1/2馬身
--------------------------------------------
6着 ◎タマモホットプレイ 渡辺薫彦 1.20.7

福島放送賞(福島ダート1700m・3歳以上1000万下)
◎シルクストリート
○マナーハウス
▲カネマサデューク
△テンシノコンコルド
☆パントマイミスト

<結果>
1着 △テンシノコンコルド 中村将之 1.44.8
2着 ◎シルクストリート 中舘英二 アタマ
3着 カシノバズライト 塚田祥雄 1 3/4馬身

萩ステークス(京都芝1800m・2歳オープン)
◎マルカハンニバル
○ニシノプライド
▲フサイチオフトラ
△セイザンダンサー

<結果>
1着 ▲フサイチオフトラ 内田博幸 1.47.1
2着 ◎マルカハンニバル 福永祐一 ハナ
3着 ケイアイマイスキー 幸英明 1/2馬身

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2006プロ野球 日本シリーズ第5戦 vsドラゴンズ

2006プロ野球 日本シリーズ第5戦(札幌ドーム・入場者数42030人)

中日 000 100 000 - 1
北海道日本ハム 000 012 01x - 4
(●○○○○北海道日本ハム - ○●●●●中日)
(北海道日本ハムが44年ぶり2度目の日本一)

勝利投手 ダルビッシュ 1勝1敗
敗戦投手 川上 1勝1敗
セーブ MICHEAL 3S

本塁打
 6回裏 セギノール・2ラン 第2号
 8回裏 稲葉・ソロ 第2号

中日バッテリー 川上、久本、中里-谷繁
日本ハムバッテリー ダルビッシュ、岡島、MICHEAL-鶴岡、中嶋

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 4-0
(二)田中賢介 4-3 盗塁1
(一)小笠原道大 4-1
(指)セギノール 4-1 打点2
(右)稲葉篤紀 3-1 打点1 四球1
(中)SHINJO 4-1
(三)稲田直人 2-1 四球1
走三 飯山裕志 1-0
(捕)鶴岡慎也 2-0 犠打1
捕 中嶋聡 0-0
(遊)金子誠 2-0 打点1 犠打1
---------------------------------------------------
合計 30-8 打点4 四死球2 犠打2 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 ダルビッシュ有 7回1/3 打者32人 被安打8 奪三振6 与四死球3 自責点1
 岡島秀樹 2/3回 打者1人 被安打0
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打0


CA250621.jpg

8回裏。新庄の最終打席の時、もらい泣きしていました。
最後は新庄らしくフルスイングして三振。

新庄が引退を発表した時、優勝して送り出さないといけない。
ファンもどんどんドームに行って、
超満員にしてチームの背を押してほしいって書きました。
正直、その時はここまで行くとは思っていませんでした。
こんなに華やかにラストを飾る選手は数少ないでしょう。
やっぱり、持ってるんですね。

新庄。おめでとう。ありがとう。そしてお疲れ様。

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

楽しみとドキドキと


本州ではロードレースの季節が始まりましたね。
一方の北海道では、今シーズンが終わろうとしてます。
そんな中、今週日曜日に久しぶりにレースに出場します。
29日。大空町(旧東藻琴村、女満別町)で行われる、
「もこと山ふきおろしマラソン」に、約1年2ヶ月ぶりにレース復帰します。
久々のハーフマラソン。やっぱり大会前は緊張しますね。
準備期間は2ヶ月しかなくて、目標は1時間40分を切れればというレベルですけど。
ちなみに1時間40分は北海道マラソンの旧基準タイムです。
今は基準が緩和されて、1時間50分になり、参加者が増大してしまいましたけど。

去年の北海道マラソン前に痛めたヒザの状態は、大丈夫だとは思うんですけど、
不安が拭いきれていない状態。
練習中もサポーターで保護してます。
先週、20kmを試走してみて、1時間40分は切れたので目標は達成出来そう。
でも、こればかりはレースを走ってみないと何が起きるか分かりません。
とりあえずの敵は、ヒザと寒さ。
恐らくスタート時の気温は4度くらいじゃないでしょうかね。
寒さ対策は重要になりそうです。

私にとってこれが北海道マラソンへの予選会のようなもの。
箱根駅伝の予選会とはレベルが全く違いますけど、しっかり走ってきます。
今の気持ちは、どんな走りが出来るのか楽しみと不安と両方ですね。


ところで箱根の予選会というと、近年導入されたインカレポイント。
あの制度って変ですよね。
7位?9位には、インカレでの総合成績をポイント化してタイムに反映させるというもの。
それだけでも疑問があるんですけど、これって、中長距離だけではなく、
短距離や投擲や跳躍も入るわけですよね。
これっておかしいと思うんですよ。駅伝と関係無いですし。

今年の予選会、当落線上にあったのは長距離主体の拓殖大学と、
投擲王国の国士舘大学。まぁ、長距離が弱いって程でもないですけど、
長距離だけみれば、拓殖大学の方が速い。
でも、主に投擲で稼いだインカレポイントがものをいって、
結果的に1秒差で国士舘大学が出場権を得たんですよね。
拓殖大の選手はかわいそうです。はっきり言って走る気力さえ失いかねません。
別に国士舘大の選手が悪いわけではないんです。
この制度自体が悪いと思います。早い段階で撤廃してほしいですね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2006プロ野球 日本シリーズ第4戦 vsドラゴンズ

2006プロ野球 日本シリーズ第4戦(札幌ドーム・入場者数41835人)

中日 000 000 000 - 0
北海道日本ハム 001 020 00x - 3
(●○○○北海道日本ハム - ○●●●中日)

勝利投手 金村 1勝
敗戦投手 中田 1敗
セーブ MICHEAL 2S

中日バッテリー 中田、石井、鈴木、久本、吉見-谷繁
日本ハムバッテリー 金村、トーマス、建山、岡島、MICHEAL-高橋、中嶋、鶴岡

北海道日本ハム 打者成績
(左中)森本稀哲 3-2 四球2
(二)田中賢介 4-1 打点1 犠打1
(一)小笠原道大 2-1 四死球2
(指)セギノール 2-0 四死球2
(右)稲葉篤紀 4-1 打点2
(中)SHINJO 4-2
捕 鶴岡慎也 0-0
(三)稲田直人 1-0 犠打1
打 マシーアス 1-0
走三 飯山裕志 1-0
(捕)高橋信二 3-0
捕 中嶋聡 0-0 死球1
走左 紺田敏正 0-0
(遊)金子誠 4-1
---------------------------------------------------
合計 29-8 打点3 四死球7 犠打2

北海道日本ハム 投手成績
 金村暁 5回 打者21人 被安打5 奪三振2 与四死球2
 トーマス 1/3 打者3人 被安打1 与四死球1
 建山義紀 2/3回 打者5人 被安打1 奪三振1 与四死球2
 岡島秀樹 2回 打者7人 被安打0 奪三振2 与四死球1
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打0 奪三振1


金村には勝ち以外許されなかったと思う。
それに見事応えてくれた。ありがとう。

5回、ピンチでヒルマン監督が自らマウンドへ行って、
金村に任せ、それに気持ちのこもった投球で応えた時、感動した。
福留への初球のインハイへのシュートが全てを物語っていた。
気持ちで負けない。そんな一球だった。

金村のためにチーム、ファンが一体になった。

その裏、ピンチの後にチャンスあり。
カメラが揺れる中、稲葉が貴重な2点タイムリー。

6回の大ピンチ。建山が良く抑えた。
井上の打球がライト線ギリギリを襲って、肝を冷やしたが、
最後はシンカーで三振。中日に運がないという記事が多いが、
微妙にタイミングがずれたからファールになっただけ。

拙攻というよりも、勝敗を分けている1、2番の機能の差。
この方が重大だと思う。特に荒木が流れを作れていない。
一方のファイターズは、森本が出れば6度帰ってきている。
その積み重ねが勝敗を分けていると思う。

このまま札幌で決めてしまいたい。
川上を倒して日本一になる。
川上攻略は容易い事ではないけど、プレーオフで斉藤和巳に勝ってきたチームだ。
出来ない事はないはず。
あとはダルビッシュが本来の投球をすれば、
おのずと3度目のビールかけが実現出来るでしょう。

いつも通り、楽しんでプレーし、ファンも楽しんで後押しするだけです。

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 日本シリーズ第3戦 vsドラゴンズ

2006プロ野球 日本シリーズ第3戦(札幌ドーム・入場者数41798人)

中日 100 000 000 - 1
北海道日本ハム 300 000 03x - 6
(●○○北海道日本ハム - ○●●中日)

勝利投手 武田勝 1勝
敗戦投手 朝倉 1敗

本塁打
 8回裏 稲葉・3ラン 第1号

中日バッテリー 朝倉、小林、中里-谷繁
日本ハムバッテリー 武田勝、武田久、岡島、MICHEAL-高橋、中嶋

北海道日本ハム 打者成績
(左中)森本稀哲 4-2
(二)田中賢介 2-0 犠打2
(一)小笠原道大 3-1 打点2 死球1
(指)セギノール 3-1 四球1
(右)稲葉篤紀 3-2 打点4
(中)SHINJO 3-0 犠打1
左 紺田敏正 0-0
(三)稲田直人 2-0
打 小田智之 0-0 四球1
走三 飯山裕志 0-0
(捕)高橋信二 2-1
捕 中嶋聡 1-0
(遊)金子誠 3-0
---------------------------------------------------
合計 26-7 打点6 四死球3 犠打3

北海道日本ハム 投手成績
 武田勝 5回 打者21人 被安打8 奪三振4 自責点1
 武田久 2回2/3 打者8人 被安打1 奪三振1
 岡島秀樹 1/3回 打者1人 被安打0 奪三振1
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打0 奪三振1


札幌ドームに戻ってきたら、全く雰囲気が違う。
これで一歩リードしたのは、非常に大きいい。

この試合、ポイントは初回、4回、6回、8回。
特に勝負を分けたのは初回の谷繁の野選。

完全にいつものタイミングならアウト。だから谷繁は迷わず2塁へ投げたはず。
しかし、1塁ランナーの森本のスタートが早かった。
恐らく、田中賢介がファーストストライクから送りバントをしっかり決めてくれるという、
今シーズン築き上げた信頼があったからこそだと思います。
これで朝倉は落ち着くまもなく小笠原を迎える。
小笠原はポストシーズンノーヒットだったとはいえ、
良い当たりは出ていたし、フォアボールが多かったせいもあったので、
あまり心配してはいなかったんですが、やはり今年の得点パターン。
しっかり返してくれました。

4回の中日の攻撃。先頭のウッズが出て森野の場面。
何で送りバントをしなかったのか?
この辺りからベンチの采配が全て裏目になってきました。
正直、ここでのダブルプレーは大きかった。
その後連打され、ツーアウトながら1、2塁のピンチで谷繁。
ここで武田勝が動じなかった。ノースリーからスライダーを連投してツースリー。
そしてチェンジアップで見事に三振を取る。

そして6回表。先頭の福留がツーベースで出て、
ウッズの所でキッパリと武田久にスイッチ。
いつもより早い武田久への継投。これが的中。
ウッズをインハイへの気迫のストレートで空振り三振。
後続も絶ち、流れを渡さない。

8回表、井端の打球を小笠原がファインプレー。
これで勝ちが見えた。福留に対しては岡島が切れのあるストレートで圧勝。

打線は初回以降は朝倉のシュートに苦しみ、7回まで沈黙。
しかし8回裏、先頭の森本がヒットで出ると、田中賢介がしっかり送り小笠原。
ここで中日ベンチは朝倉から左キラーの小林へスイッチ。
しかし、小林。あの雰囲気に飲まれたのか、初球を痛恨のデッドボール。
継投が裏目に。すぐに右の中里へスイッチし、
セギノールは切れのあるストレートで三振。
次の稲葉は、当然ストレートを待っていたはず。
しかし初球はカーブ。これに稲葉の体が反応し、
すくい上げた打球は前進守備のセンター、アレックスの遥か頭上を越え、
ファンの待つバックスクリーン横へ。これで決まった。

やはり札幌ドームでは負ける気がしない。
何より、選手もファンも野球を楽しんでいる。
SHINJOが教えてくれた野球の原点。
楽しむ野球でこのまま札幌で決めてほしい。
もう、球場全体がそういう雰囲気になってきた。

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006プロ野球 日本シリーズ第2戦 vsドラゴンズ

2006プロ野球 日本シリーズ第2戦(ナゴヤドーム・入場者数38095人)

北海道日本ハム 100 000 220 - 5
中日 100 100 000 - 2
(●○北海道日本ハム - ○●中日)

勝利投手 八木 1勝
敗戦投手 山本昌 1敗
セーブ MICHEAL 1S

本塁打
 1回裏 井端・ソロ 第1号
 4回裏 福留・ソロ 第1号
 8回表 セギノール・2ラン 第1号

日本ハムバッテリー 八木、武田久、MICHEAL-鶴岡、中嶋
中日バッテリー 山本昌、平井、岡本、鈴木、久本-谷繁

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 4-2 四球1
(二)田中賢介 3-0 犠打2
(三一)小笠原道大 4-0
(一)セギノール 4-2 打点3
三 飯山裕志 0-0
(右)稲葉篤紀 4-1
(中)SHINJO 4-2 盗塁1
(捕)鶴岡慎也 2-0 犠打1
捕 中嶋聡 1-1
(遊)金子誠 3-1 打点2 犠打1
(投)八木智哉 2-0
打 高橋信二 1-0
投 武田久 0-0
打 小田智之 0-0
打 マシーアス 1-0
投 MICHEAL 0-0
---------------------------------------------------
合計 33-9 打点5 四死球1 犠打4 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 八木智哉 6回 打者23人 被安打4 被本塁打2 奪三振3 与四死球1 自責点2
 武田久 2回 打者8人 被安打2 奪三振2
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打0 奪三振1


さすが金子ですね。ここぞという場面で打ってくれます。
チームリーダーが決めて、セギノールにもホームランが出て、
必勝リレーも使えて、勝って札幌に戻ってくるのは精神的に大きいですね。

7回表の攻撃。見所が多くて、しびれました。
1アウト1、3塁で鶴岡。
ここで山本昌が2-3にしてしまったのは痛かったですね。
これでゲッツーの可能性がほぼ消えて、三振でもSHINJOが2塁に進めるわけでしたから。
SHINJOが2塁にいなかったら逆転もなかったし、勝ちもなかったと思います。

これで1勝1敗。いよいよ札幌で逆襲開始です。
心配なのは小笠原。早く1本出てほしいです。
そして第3戦の先発が予想される金村。
本人が一番わかっていると思います。
勝つ事のみが真の謝罪だと。


テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

2006 J2リーグ戦 第46節 vs神戸戦

2006 J2リーグ戦 第46節(札幌ドーム・入場者数18547人)

札幌 1 - 4 神戸
(1-3、0-1)

得点
16分 19近藤祐介(神戸)
27分 10フッキ(札幌)
29分 17三浦淳宏(神戸)
32分 7朴康造(神戸)
65分 7朴康造(神戸)

選手交代
57分 19関隆倫→9石井謙伍(札幌)
57分 21金子勇樹→25藤田征也(札幌)
70分 19近藤祐介→14平瀬智行(神戸)
74分 16大塚真司→20上里一将(札幌)
79分 17三浦淳宏→11茂木弘人(神戸)
85分 4北本久仁衛→2小林久晃(神戸)

警告
33分 7朴康造(神戸)
57分 10フッキ(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 1林卓人
DF 15加賀健一、3西澤淳二、6西嶋弘之
MF 16大塚真司、21金子勇樹、18芳賀博信、19関隆倫、29西谷正也
FW 11相川進也、10フッキ
リザーブ
GK 28高原寿康
DF 4曽田雄志
MF 25藤田征也、20上里一将
FW 9石井謙伍

神戸スターティングメンバー
GK 34萩晃太
DF 20丹羽竜平、4北本久仁衛、32柳川雅樹、3坪内秀介
MF 18田中英雄、37キムテヨン、8栗原圭介
FW 7朴康造、19近藤祐介、17三浦淳宏
リザーブ
GK 30徳重健太
DF 2小林久晃
MF 16小森田友明
FW 11茂木弘人、14平瀬智行

主審:上川徹

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「前半も後半も、お互いにチャンスはあったと思う。ただ4対1という結果、これはひとつ技術的なところには差がある。神戸はミドルパスがかなり精度が高いし、クロス、シュートといったところもうちよりも精度が高い。うちはそういうところでミスはあったがチャンスは作っている。点数にならないのは、神戸の選手の方が技術的にも上なところプラス、絶対にゴールに入れるんだという気持ちがゴール近くになってスピードアップしている。それがうちにはなかった。逆に、神戸のゴール前では、絶対に防いでやるという気持ちがプレーに表れていた。そこが、最終的に4対1という結果になったと思う。
手も足も出なかったわけではない。チャンスも作っているし、粘るところは粘れている。ただ、チームとして本当にひとつになって相手の攻撃を防がなければいけない、チャンスでみんなで攻撃しよう、というところが仲良しグループだなという気がする。ひとつは同じイージーミスを繰り替えしているプレイヤーに対して何にも言わない。黙ってプレーしている。苦しくなったときには、どうしてもそこから綻びが出てやられてしまう。本当にひとつになるためには、やっぱりお互いの厳しさなども必要ではないかなと思う。ただ、本当にチャンスは同じような回数あったので、続けて残りの6試合と天皇杯をやっていきます」

OB戦で盛り上がった後の試合。
試合内容も結果もスタンドも全て、後味の悪さが残る結果。
冷静にみれば順位通りの結果。
神戸の3トップの攻撃力と、札幌の脆い守備力の結果。

こんな試合では、お金を払って見ようと思う観客が増えるわけがないです。
フロントは3万人集まればという目論見もあったようですが、
事実は3万人どころか2万人も集まらない。
これがもし、昇格争いの真っ只中だったら違うんでしょうけど。

集客が減る一方、対策もなし。
赤字が増え、強化費は減る。
いくら5ヵ年計画とはいえ、来年が心配です。
強化日が減る中で、J1昇格の目標が達成できるのか?
来年、J1昇格どころのお話ではなくなるような事がないように、
残り試合、希望を持たせてくれる試合を望みます。


J2第46節 他会場の結果
徳島 2 - 2 東京V
湘南 0 - 1 横浜FC
草津 2 - 5 愛媛
山形 1 - 3 鳥栖
水戸 0 - 0 仙台

J2順位表
1位 神戸 勝ち点83 25勝9敗8分け
2位 横浜FC 勝ち点82 23勝6敗13分け
3位 柏 勝ち点78 24勝12敗6分け
4位 仙台 勝ち点69 19勝12敗12分け
5位 鳥栖 勝ち点67 18勝11敗13分け
6位 東京V 勝ち点63 19勝17敗6分け
7位 札幌 勝ち点59 16勝15敗11分け
8位 山形 勝ち点52 13勝17敗13分け
9位 愛媛 勝ち点48 13勝21敗9分け
10位 湘南 勝ち点48 13勝21敗9分け
11位 水戸 勝ち点44 12勝23敗8分け
12位 草津 勝ち点39 9勝21敗12分け
13位 徳島 勝ち点31 7勝26敗10分け

菊花賞

第67回 菊花賞(京都芝3000m・3歳G1)
◎メイショウサムソン
○マルカシェンク
▲アドマイヤメイン
△トーセンシャナオー
△ドリームパスポート
☆アペリティフ

ここまで来たら三冠馬誕生を2年連続で見たい。
そして石橋守騎手が三冠達成という姿も見たい。
これが他の人気騎手なら本命にはしないけど、
石橋騎手のようないぶし銀の騎手には頑張ってほしい。

<<結果>
1着 ソングオブウインド 武幸四郎 3.02.7
2着 △ドリームパスポート 横山典弘 クビ
3着 ▲アドマイヤメイン 武豊 1 3/4馬身
--------------------------------------------
4着 ◎メイショウサムソン 石橋守 2 1/2馬身

メイショウサムソン残念でしたね。
やはりそう簡単には3冠馬は出ません。
さすがにハイペースでは、ラストの脚が無かったですかね。
勝ったソングオブウインドは逆に展開がまんまとハマった感じ。
それにしても、横山典騎手は運がないというか。

福島民友カップ(福島芝1200m・3歳以上オープン)
◎ツルガオカハヤテ
○モンローブロンド
▲フサイチホクトセイ
△マルカキセキ
△エムオーウイナー
☆セレスダイナミック

<結果>
1着 コパノフウジン 鮫島良太 1.07.5
2着 △エムオーウイナー 赤木高太郎 クビ
3着 オーゴンサンデー 大野拓弥 1/2馬身
---------------------------------------------
11着 ◎ツルガオカハヤテ 武士沢友治 1.08.2

銀蹄ステークス(東京ダート2100m・3歳以上1600万下)
◎アロンダイト
○シルクウィザード
▲グランパティシエ
△トラストスター
☆キャピタルフライト

<結果>
1着 ◎アロンダイト 後藤浩輝 2.13.1
2着 ○シルクウィザード 小林淳一 3/4馬身
3着 △トラストスター 松岡正海 3 1/2馬身

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2006プロ野球 日本シリーズ第1戦 vsドラゴンズ

2006プロ野球 日本シリーズ第1戦(ナゴヤドーム・入場者数38009人)

北海道日本ハム 002 000 000 - 2
中日 021 000 01x - 4
(●北海道日本ハム - ○中日)

勝利投手 川上 1勝
敗戦投手 ダルビッシュ 1敗
セーブ 岩瀬 1S

日本ハムバッテリー ダルビッシュ、武田久、岡島-鶴岡
中日バッテリー 川上、岩瀬-谷繁

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 4-1
(二)田中賢介 3-1 犠打1 盗塁1
(三)小笠原道大 2-0 四球2
(一)セギノール 4-1 打点1
(右)稲葉篤紀 3-1 四球1
(中)SHINJO 2-1 打点1 死球1
(捕)鶴岡慎也 2-0 犠打1
打 マシーアス 1-0
(遊)金子誠 4-0
(投)ダルビッシュ有 2-0
打 坪井智哉 1-0
投 武田久 0-0
投 岡島秀樹 0-0
打 田中幸雄 1-0
---------------------------------------------------
合計 29-5 打点2 四死球4 犠打2 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 ダルビッシュ有 6回 打者27人 被安打5 奪三振6 与四死球5 自責点3
 武田久 1回1/3 打者6人 被安打1 与四死球1 自責点1
 岡島秀樹 2/3回 打者3人 被安打0 与四死球1


2回の先頭バッターウッズへのフォアボール。
あれが一番の敗因でしょう。
ひょっとしたら、シリーズ全体を左右しかねないフォアボールです。

ウッズに対してファイターズバッテリーというよりもベンチが、
勝負を避けている。外一辺倒ではいつかきっと打たれます。
インコースで勝負しない限り、恐らく優勝はないでしょう。

あとは2回の早い段階で満塁策を取った事。
でも、満塁で谷繁という場面は取らない方が良かった。
満塁に谷繁が滅法強い事はデータが行ってたと思うんですけどね。

ダルビッシュはリーグ戦終盤の良さが全く見られず。
変に外に逃げていてストライクが入らず、
カウントを取りにきたボールを打たれる悪循環。
ダルビッシュって、コントロールが決して良くはないんですけど、
逆に荒れ球だからこそ、バッターに的を絞らせないので、
もっとゾーンを大きくして、どんどんストレートで押してほしかったなぁ。

初戦を落として、2戦目は絶対に負けられません。
八木の投球と打線の奮起に期待します。

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

富士ステークス

第9回 富士ステークス(東京芝1600m・3歳以上G3)
◎カンファーベスト
○テレグノシス
▲エアシェイディ
△スズカフェニックス
△マイネルスケルツィ
☆スーパーホーネット

マイルで本格化したカンファーベストから。
これまでは左回りがダメでしたけど、
関屋記念で克服。思ったよりも人気にならなければ楽しみ。

<結果>
1着 キネティクス 勝浦正樹 1.32.8
2着 ▲エアシェイディ 安藤勝己 1/2馬身
3着 △スズカフェニックス 武豊 クビ
------------------------------------------
5着 ◎カンファーベスト 江田照男 1.33.4

カンファーベストは好位から伸びなかったですね。
やはり東京コースだと足りないのかもしれませんね。
でもこれで本番で人気を落としてくれたら、狙いやすいです。
しかし勝ったのがキネティクスとは予想外。

オパールステークス(京都芝2000m・3歳以上オープン)
◎イースター
○ケイアイガード
▲ワンモアチャッター
△アサカディフィート

前走久々でも動けたイースターから。
53キロも恵まれているし、叩いた上積みで好走を期待。

<結果>
1着 ペールギュント 上村洋行 1.59.8
2着 ▲ワンモアチャッター 福永祐一 1馬身
3着 △アサカディフィート 池添謙一 クビ
-------------------------------------------
4着 ◎イースター 長谷川浩大 クビ

いちょうステークス(東京芝1600m・2歳オープン)
◎マイネルシーガル
○マイネシャリマー
▲プラテアード
△エイシンイチモンジ

デビュー戦快勝したマイネルシーガルから。

<結果>
1着 ◎マイネルシーガル 後藤浩輝 1.35.9
2着 △エイシンイチモンジ 武豊 クビ
3着 ○マイネシャリマー 柴田善臣 1/2馬身

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2006 J2リーグ戦 第45節 vs横浜FC戦

2006 J2リーグ戦 第45節(横浜市三ツ沢公園球技場・入場者数5011人)

横浜FC 3 - 0 札幌
(2-0、1-0)

得点
29分 30小村徳男(横浜FC)
34分 7アレモン(横浜FC)
55分 2早川知伸(横浜FC)

選手交代
45分 19関隆倫→29西谷正也(札幌)
59分 14鈴木智樹→25藤田征也(札幌)
69分 7アレモン→9城彰二(横浜FC)
69分 2早川知伸→29滝澤邦彦(横浜FC)
75分 11相川進也→9石井謙伍(札幌)
85分 13鄭容臺→4崔成勇(横浜FC)

警告
13分 10フッキ(札幌)
14分 11三浦知良(横浜FC)
67分 2早川知伸(横浜FC)
83分 8アウグスト(横浜FC)

札幌スターティングメンバー
GK 1林卓人
DF 15加賀健一、3西澤淳二、7和波智広
MF 16大塚真司、14鈴木智樹、18芳賀博信、20上里一将、19関隆倫
FW 11相川進也、10フッキ
リザーブ
GK 28高原寿康
DF 4曽田雄志
MF 29西谷正也、25藤田征也
FW 9石井謙伍

横浜FCスターティングメンバー
GK 21菅野孝憲
DF 18小野智吉、30小村徳男、2早川知伸、27中島崇典
MF 10内田智也、6山口素弘、13鄭容臺、8アウグスト
FW 7アレモン、11三浦知良
リザーブ
GK 1小山健二
MF 4崔成勇、29滝澤邦彦
FW 9城彰二、31難波宏明

主審:岡野宇広

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「横浜FCにとってプラン通りの運ばれ方をしてしまった。前半、リスタートから失点して、2点目もちょっとした隙を突かれた。前半に関してはちょっとしたイージーミスが中盤に出て、相手にチャンス作られたり、リズムを失ったりした。失点してからはウチは出て行くしかない。その時に横浜FCの2列目の内田やアウグストが攻め残りして、それをうまく使われてしまった。前半0-2で終わって、後半は1点取れればわからないと言って送り出したが、0-3になったらゲームが終わってしまうとも言った。3点目も自分たちのミス、無駄なファウルしてセットプレーで入れられてしまった。まだまだ横浜FCのようにうまく試合を運び、相手の力を利用してプレーするということが我々にはできない。0-2になってからも、0-3になってからも、ゴールを目指すというプレーは出せた。得点はできなかったが、彼らの次につながると思う。あと7試合、1つでもいいゲームをやって、勝点3を取れるようにやっていきたい」

完敗。これが自力で昇格を争っているチームとの差。
特にコメントも無いです。
これで土曜日の神戸戦に敗れれば昇格が完全消滅。

沢山のOB達の前で恥をかくわけにはいかないよね。
昇格云々は抜きで、土曜日は絶対に勝たないとね。

日本シリーズの真裏で試合をやるわけだ。
札幌ドームに集まったお客さんに、
やっぱり家で野球を見てればよかったなんて思わせないように、
ドームに集まったコンサドーレ側のお客さん全員を満足させる試合をしてほしい。


J2第45節 他会場の結果
鳥栖 1 - 0 水戸
愛媛 3 - 1 柏
神戸 1 - 0 山形
東京V 3 - 1 湘南
仙台 1 - 1 徳島

J2順位表
1位 神戸 勝ち点80 24勝9敗8分け
2位 横浜FC 勝ち点79 22勝6敗13分け
3位 柏 勝ち点78 24勝12敗6分け
4位 仙台 勝ち点68 19勝12敗11分け
5位 鳥栖 勝ち点64 17勝11敗13分け
6位 東京V 勝ち点62 19勝17敗5分け
7位 札幌 勝ち点59 16勝14敗11分け
8位 山形 勝ち点52 13勝16敗13分け
9位 湘南 勝ち点48 13勝20敗9分け
10位 愛媛 勝ち点45 12勝21敗9分け
11位 水戸 勝ち点43 12勝23敗7分け
12位 草津 勝ち点39 9勝20敗12分け
13位 徳島 勝ち点30 7勝26敗9分け

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

2006 J2リーグ戦 第44節 vs山形戦

2006 J2リーグ戦 第44節(札幌厚別公園競技場・入場者数6366人)

札幌 1 - 1 山形
(0-0、1-1)

得点
65分 10フッキ(札幌)
89分 4小原章吾(山形)

選手交代
67分 19秋葉勝→6佐々木勇人(山形)
67分 11原竜太→14林晃平(山形)
71分 20上里一将→29西谷正也(札幌)
82分 31宮沢克行→30前田和也(山形)
85分 11相川進也→9石井謙伍(札幌)

警告
25分 19秋葉勝(山形)
44分 10フッキ(札幌)
63分 4小原章吾(山形)
74分 6西嶋弘之(札幌)
82分 8永井篤志(山形)
89分 18芳賀博信(札幌)
89分 3西澤淳二(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 1林卓人
DF 15加賀健一、3西澤淳二、6西嶋弘之
MF 21金子勇樹、14鈴木智樹、18芳賀博信、20上里一将、19関隆倫
FW 11相川進也、10フッキ
リザーブ
GK 28高原寿康
DF 4曽田雄志
MF 29西谷正也、20上里一将
FW 9石井謙伍

山形スターティングメンバー
GK 21清水健太
DF 16臼井幸平、3レオナルド、4小原章吾、13内山俊彦
MF 19秋葉勝、8永井篤志、5渡辺匠、31宮沢克行
FW 9レアンドロ、、11原竜太
リザーブ
GK 1桜井繁
DF 30前田和也
MF 6佐々木勇人
FW 14林晃平、22阿部祐大朗

主審:早川一行

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「難しいコンディションのなか、両チームが頑張ったと思う。うちはああいう形で同点に追いつかれるというのは何試合もあるし、これが課題だということをわかってもらえればと思う。山形は、ああいう形で追いついてゲームを終わっているというのを何度もやっているので、山形らしいといえば山形らしい。ただ、グランドコンディション、風が相当強かったので、山形もボールをドンドンつないでいくサッカーができなかったし、我々も同じようにボールをつないで背後のスペースに出て行くことがなかなか出来なかった。それは、お互いのサッカーが出来なかったという部分では残念。シーズン終わりになっても、シーズン初めと同じような課題がまだまだ残ってるということは、彼らがやらなければならないことがまだあるということ。残り8試合のうちに克服できれば、まだまだ成長するのではないかと思う。水曜日に向けてまたしっかり準備したいと思う」

今年のコンサドーレを象徴する試合。
良い試合はしているけれども、最後に追いつかれてしまう。

やっぱり得点力となるとフッキに頼ってしまうのかな。
そして、そのフッキのコンディションが悪い。
簡単に奪われる場面がこの試合は多かった気がする。
シュートも枠に飛んでいなかった。

ラッキーすぎるPKで1点もらったわけですが、
山形が上手く戦っていたので、チャンスも少なかった。
それでもDFは頑張っていたけど、
最後のFKの時だけ。ミスですね。
壁よりも中に人数をかけないと。
勝ち点3から1に変わるのは痛すぎる。

こういった厳しい内容でも勝ちきってるチームが上位にいる。
勝ちきれないからこの位置にいる。

結果を出さなければ、どんどん扱いは小さくなっていく。
はっきり言って、道民の頭の中に、
コンサドーレの存在がどのくらい残っているのだろうか?

ファイターズの活躍。
喜ぶ反面、コンサドーレの扱いに憤りを感じる事もあるが、
結果を出さないと、生き残るのは難しい。
次週土曜日のホームは、OB戦で集客はある程度は見込まれるとは思うが、
そう言う時の試合こそ、見るものを熱くさせる事が出来なければいけない。
今は可能性のある限り、目の前の試合で、
自分達のやろうとしているサッカーを見せて、
お客さんにコンサドーレを今一度アピールしてほしいと思う。

でもまずは土曜日より水曜日の横浜戦ですよ。
自分達のサッカーを貫け。


J2第44節 他会場の結果
水戸 1 - 2 神戸
愛媛 1 - 2 仙台
湘南 2 - 4 徳島
 4 - 1 東京V
草津 0 - 0 鳥栖

J2順位表
1位 柏 勝ち点78 24勝11敗6分け
2位 神戸 勝ち点77 23勝9敗8分け
3位 横浜FC 勝ち点76 21勝6敗13分け
4位 仙台 勝ち点67 19勝12敗10分け
5位 鳥栖 勝ち点61 16勝11敗13分け
6位 札幌 勝ち点59 16勝13敗11分け
7位 東京V 勝ち点59 18勝17敗5分け
8位 山形 勝ち点52 13勝15敗13分け
9位 湘南 勝ち点48 13勝19敗9分け
10位 水戸 勝ち点43 12勝22敗7分け
11位 愛媛 勝ち点42 11勝21敗9分け
12位 草津 勝ち点39 9勝20敗12分け
13位 徳島 勝ち点29 7勝26敗8分け

テーマ : コンサドーレ札幌
ジャンル : スポーツ

秋華賞&府中牝馬S

第11回 秋華賞(京都芝2000m・3歳牝馬G1)
◎フサイチパンドラ
○アドマイヤキッス
▲カワカミプリンセス
△キストゥヘヴン
△アサヒライジング
☆ニシノフジムスメ

本命はフサイチパンドラ。普通に走る事が出来れば。

<結果>
1着 ▲カワカミプリンセス 本田優 1.58.2
2着 △アサヒライジング 柴田善臣 1/2馬身
3着 ◎フサイチパンドラ 福永祐一 1 1/4馬身

カワカミが勝つのはここだけにして。
中日の川上にも勝たれたら困りますよ。
しかし、先週同様にワイドにしておけば2つも当たっていたのに。
欲張っちゃダメですね。
でもフサイチパンドラには自信あったんで仕方無いです。

第54回 府中牝馬ステークス(東京芝1800m・3歳以上牝馬G3)
◎デアリングハート
○ヤマニンシュクル
▲ディアデラノビア
△コスモマーベラス
☆マドモアゼルドパリ

デアリングハートから。この距離なら大丈夫のはず。

<結果>
1着 ◎デアリングハート 後藤浩輝 1.47.5
2着 サンレイジャスパー 中舘英二 クビ
3着 ▲ディアデラノビア 北村宏司 ハナ

うーん、サンレイジャスパーは夏場も使われてて、
使い詰めがあるかなという思惑があって切ってしまいました。
戻ってきたお金は、除外になったマドモアゼルドパリの分だけ...。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ひょうてんか

10.14.jpg


遂に今年初の氷点下を記録してしまいましたぁ。

布団から出たくなーい。{{(>_<)}}

でも、頑張ってジョギングしてきます。

2006プロ野球 プレーオフ第2S第2戦 vsホークス戦

2006プロ野球 パ・リーグプレーオフ第2ステージ第2戦(札幌ドーム・入場者数42380人)

福岡ソフトバンク 000 000 000 - 0
北海道日本ハム 000 000 001x - 1
(○○○北海道日本ハム - ●●福岡ソフトバンク)
(日本ハムが25年ぶり3度目の優勝)

勝利投手 八木
敗戦投手 斉藤和

ソフトバンクバッテリー 斉藤和-的場
日本ハムバッテリー 八木-鶴岡

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 3-0 四球1
(二)田中賢介 3-2 犠打1
(一)小笠原道大 3-0 四球1
(指)セギノール 4-0
(右)稲葉篤紀 4-1 打点1
(中)SHINJO 3-0
(三)稲田直人 3-1
(捕)鶴岡慎也 3-0
(遊)金子誠 3-1
---------------------------------------------------
合計 29-5 打点1 四死球2 犠打1

北海道日本ハム 投手成績
 八木智哉 9回 打者29人 被安打3 奪三振4 与四死球1


CA250619.jpg


遂にこの瞬間が来ましたね。

一夜明けて、冷静に振り返ると、
守り勝ちの感が大きいです。
田中賢介、森本、鶴岡、金子、稲田...と挙げたらキリがない。
その雰囲気を作ったのは、あの大声援なんですよね。

9回表、森本のフォアボール。
斉藤和巳を狂わせたのは、あの大声援。
ここからはシーズン中やってきたいつもの野球をするだけ。
田中賢介がしっかりと送りバントを決め、小笠原が敬遠。
セギノールが倒れて2アウト1、2塁。
バッターはここまで当たりのない稲葉。

あのセカンドゴロ、下からのトスでなかったらアウトだったかもしれません。
何よりあの小笠原の激走。あれがトスの精度を狂わせた。
川崎はバランスを崩して、審判の判定を見ている。
この一瞬の間。森本は逃さなかった。
シーズン中も森本が2塁から一気にホームまで帰ってきた事ありましたよね。
まぁ、森本は何がなんだか分からなくて、稲葉が喜んでいるのを見て、
勝った事を確信したみたいですが。
それだけ必死だったという事でしょう。
あのワンプレー、体が勝手に反応していたんだと思います。

しかし、八木は凄いですね。よく来てくれましたよ。

さて、相手は中日です。何となく似ているチーム。
3番が福留と小笠原とか、投手力とか。
センターラインもしっかりしているし。
良い試合が出来そうですね。
でも、新庄を最高の形で送り出すために、ここまで来たら日本一ですよ。
金村にも、汚名返上の場面が回ってきましたし、
チーム一丸となって、いつも通りの野球をするだけですよ。

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

やったー

ナイスラン、ガッツ。ナイスラン、ひちょり。

やったー、やったー、やったー。\(≧∇≦)/
遂にリーグ1位で文句無しに優勝。

もうね、球場全体の勝利です。
あの雰囲気を作りだしたお客さんの勝利。

乾杯したいけど、これから仕事あるんですよ。(T_T)
とりあえず明日の新聞は買い占めます。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

2006プロ野球 プレーオフ第2S第1戦 vsホークス戦

2006プロ野球 パ・リーグプレーオフ第2ステージ第1戦(札幌ドーム・入場者数42380人)

福岡ソフトバンク 100 000 000 - 1
北海道日本ハム 002 000 01x - 3
(○○北海道日本ハム - ●福岡ソフトバンク)

勝利投手 ダルビッシュ
敗戦投手 杉内

ソフトバンクバッテリー 杉内、吉武、神内、柳瀬、藤岡-山崎、的場
日本ハムバッテリー ダルビッシュ-鶴岡

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 4-1 犠打1
(二)田中賢介 3-1 犠打1 盗塁1
(一)小笠原道大 1-0 四球3
(指)セギノール 3-1 打点1 四球1
(右)稲葉篤紀 4-0
(中)SHINJO 3-2 打点1 四球1
(三)マシーアス 2-0 犠打1
三 飯山裕志 0-0 四球1
(捕)鶴岡慎也 4-1
(遊)金子誠 4-2 打点1
---------------------------------------------------
合計 28-8 打点3 四球6 犠打3 盗塁1

北海道日本ハム 投手成績
 ダルビッシュ有 9回 打者38人 被安打7 奪三振11 与四死球5 自責点1


王手!
こうなったら、即詰みと行きましょう。

投げてはダルビッシュに尽きます。
立ち上がりだけ。あとは完璧でした。

攻撃では、ソフトバンクが弱気だったですね。
ことごとく、ガッツとの勝負を避けてました。
ガッツを避けても、セギノールがいるので、
こちらとしては結構ラッキーだったりします。
3回の場面はまさにそう。
つまっていてもタイムリーになったのは、しっかり振れているからでしょう。
そしてチャンスに強いSHINJOがきっちり逆転タイムリー。
そして取りたい終盤で下位打線が見事な攻撃。
飯山がフォアボールで出ると、鶴岡が腰を引きながらもエンドランを決めて1、3塁。
ここで金子という最高の場面。
あらゆる攻撃が可能ですからね。
相手にとっては、スクイズも警戒しなければならないし、
でも、もう1点もやれないし。前進守備を敷くしか無いですよね。
ここで金子らしい、前進守備のショートの後ろに落とすポテンヒット。

でも、こういった攻撃が出来たのも、ダルビッシュが好投できたのも、
マシーアスが送りバントをダイビングキャッチできたのも、
やっぱり球場のファンの後押しがあったからこそ。
あの雰囲気のうちに決めたいですね。
福岡に持ち越すと、この球場の雰囲気が逆転しますし。
でも、いつも通り、オーソドックスなスモールベースボールをやれば、
福岡に行こうが負けないと思います。とはいえ地元で決めるのが一番。
一気に決めちゃいましょう。

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

毎日王冠&京都大賞典

第57回 毎日王冠(東京芝1800m・3歳以上G2)
◎ローエングリン
○ダンスインザムード
▲マルカシェンク
△アサクサデンエン
△ハットトリック
☆クラフトワーク

超難解。買いたい馬も沢山いるし。
はっきり言って迷ってしまう。
思い切って本命はローエングリンで。
府中に来たら、カッチーは心強くなる。
そろそろ追い込みもなれてきたと思うし、
直線の長い府中で爆発してほしい。

<結果>
1着 ダイワメジャー 安藤勝己 1.45.5
2着 ○ダンスインザムード 北村宏司 クビ
3着 ◎ローエングリン 田中勝春 1 1/4馬身

ワイドにしておいて良かった。(^o^)
危うくマルカシェンクに差されるところでしたけど、
比較的前にいた分、ハナ差残ってくれました。
ダイワメジャーは左回りで勝ちきれるかなと思ったんですけど、
強かったですね。次走はどちらに向かうのかな?

第41回 京都大賞典(京都芝2400m・3歳以上G2)
◎トウショウナイト
○スイープトウショウ
▲ストラタジェム
△ローゼンクロイツ
△インティライミ
☆アイポッパー

スイープトウショウは休み明けで不安がある。
しかし、他の馬は横並びのようなメンバー。
そんな中では、前走復活のトウショウナイトに期待。
馬主は違えど、同じ牧場で、ほぼ同じ時期に生まれた同期。
そんなトウショウのワンツーが本線。

<結果>
1着 ○スイープトウショウ 池添謙一 2.31.5
2着 ファストタテヤマ 武幸四郎 3/4馬身
3着 ◎トウショウナイト 武士沢友治 クビ

トウショウワンツーはならなかったですね。
終わってみればスイープトウショウでした。
完全なヨーイドンの競馬では、瞬発力のある馬が強いですね。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

武豊?

CA250613.jpg

ついつい、全種類買ってしまいました。
CA250614.jpg

やっぱり一番の目当てはオグリキャップです。
CA250616.jpg

武豊騎手。似てます?(笑)
CA250615.jpg

岡部さん。そっくりです。

しばらくはジョージア飲みます。(^-^;

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

スプリンターズS

第40回 スプリンターズステークス(中山芝1200m・3歳以上G1)
◎サイレントウィットネス
○チアフルスマイル
▲シーイズトウショウ
△オレハマッテルゼ
△テイクオーバーターゲット
☆ビーナスライン

外国馬の取捨が難しい。一番対応できるのは恐らくこの馬。
去年の覇者サイレントウィットネス。
状態がどこまで戻っているかが問題ですが、
昨年のレース。デュランダルを封じた力は強かったので。
テイクオーバーターゲットはボーナスがかかっているので、
前走よりは良いとは思いますが、
前走の負け方があっさり過ぎたのが評価を下げたところ。
シーイズトウショウは中山に来ると別馬になってしまう。
しかし、今年はローテーションが過去2年とは違うので押さえる。
オレハマッテルゼが日本馬では一番格上でしょう。
しかし、右回りに不安有りますし、鉄砲が利くとは言っても押さえる程度で。
相手本線は、札幌でスプリンターの力を再確認したチアフルスマイルから。
要注意は最内枠で難しいが、インをつけるかどうかのビーナスライン。

<結果>
1着 △テイクオーバーターゲット J・フォード 1.08.1
2着 メイショウボーラー 福永祐一 2 1/2馬身
3着 タガノバスティーユ 勝浦正樹 クビ
-----------------------------------------------------
4着 ◎サイレントウィットネス F・コーツィー アタマ

テイクオーバーターゲット完勝ですね。
メイショウボーラーも頑張りました。
中間が良かったので、気になってはいたんですけど、
印が回りませんでした。
後ろにいる馬は苦しかったですね。
来たのはタガノバスティーユくらい。
まぁ、あまり見所がなかったです。

ポートアイランドステークス(中京芝1800m・3歳以上オープン)
◎コンゴウリキシオー
○ケイアイガード
▲ツルマルヨカニセ
☆イースター

<結果>
1着 ◎コンゴウリキシオー 和田竜二 1.47.3
2着 ☆イースター 長谷川浩大 ハナ
3着 ○ケイアイガード 幸英明 1 1/4馬身

イースター来ましたね。
しかしコンゴウリキシオーの意地の前にあと一歩。

STV賞(札幌芝1200m・3歳以上1000万下)
◎フサイチバルドル
○アドマイヤディーノ
▲クイーンアイリス
△メイショウモア
△コマノルカン
☆ライトニングボール

<結果>
1着 △コマノルカン 本田優 1.09.5
2着 ◎フサイチバルドル 武幸四郎 1馬身
3着 クラシカルウィーク 梶晃啓 3/4馬身

コマノルカンはこれで4戦3勝。楽しみな1頭ですが、
父ボストンハーバーが今一歩なんですよね。

北海道開催終わっちゃいましたね。
今年は札幌記念を見に行けたし、
目の前で応援している馬が勝ったりして嬉しかったです。

さ、来週からは、ばんえい競馬が地元北見での開催です。
何回か行けたらいいですね。
あの迫力は目の前で見るのが一番。
馬券は何を買っていいかはまったく分かりませんけど。(^▽^;)

今夜は凱旋門賞ですね。
ディープインパクトの勝利を願ってます。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク