FC2ブログ

TB:年末年始特別トラックバック企画:2006年G1レース通知票

この記事がアップされてる頃、仕事してますので、タイマー投稿していきます。
今年は仕事場で年越し。全然年末年始の感じがしませんね。
ちなみに明日も仕事ですし。(T_T)

今年も最後の記事は、もはや年末恒例?3年連続ですね。
いつもPOGでお世話になってる、やぎさんのTB企画です。
期限は1月5日のようなんですが、せっかくなので今年も締めの記事に。

今年の中央競馬のG1レースを5段階評価で振り返ってみましょう。
レース名をクリックすると、その時の予想と結果に飛びますので。
まぁ、ほとんどハズレですが...。


フェブラリーステークス(2月19日・東京競馬場ダート1600m)
 1着 カネヒキリ 武豊 1.34.9
速いペースなのに前残り。その中でもカネヒキリの強さが際立ったレース。
評価 4


高松宮記念(3月26日・中京競馬場芝1200m)
 1着 オレハマッテルゼ 柴田善臣 1.08.0
混戦を制したのは、6年前にキングヘイローで同レースを制した柴田善臣騎手。
しかし、全馬の秋のレースぶりを見る限り、このレースの評価は低い。
評価 2


桜花賞(4月9日・阪神競馬場芝1600m)
 1着 キストゥヘヴン 安藤勝己 1.34.6
カワカミプリンセスが出てくる前で、レベルは高くなくて、印象も薄い。
評価 1


皐月賞(4月16日・中山競馬場芝2000m)
 1着 メイショウサムソン 石橋守 1.59.9
いぶし銀・石橋守騎手のG1制覇に感動。春はこの組み合わせで万馬券だったんですね。
評価 3


天皇賞・春(4月30日・京都競馬場芝3200m)
 1着 ディープインパクト 武豊 3.13.4(レコード)
ディープ1強。レース自体はつまらないものの、タイムには唖然とした。
評価 4


NHKマイルカップ(5月7日・東京競馬場芝1600m)
 1着 ロジック 武豊 1.33.2
アグネスタキオン産駒初G1制覇。タイムもまずまず。
評価 3


ヴィクトリアマイル(5月14日・東京競馬場芝1600m)
 1着 ダンスインザムード 北村宏司 1.34.0
北村騎手の初G1制覇でした。府中のマイルなら当然走りますよね。
評価 2

優駿牝馬(5月21日・東京競馬場芝2400m)
 1着 カワカミプリンセス 本田優 2.26.2
混戦から一歩抜け出したカワカミプリンセスの出現でした。
タイムもエイシンサニーのレースレコードに0.1秒差。
評価 4


東京優駿(5月28日・東京競馬場芝2400m)
 1着 メイショウサムソン 石橋守 2.27.9
メイショウサムソンの2冠達成。馬券もようやく今期G1初的中。
評価 3


安田記念(6月4日・東京競馬場芝1600m)
 1着 ブリッシュラック B・プレブル 1.32.6
香港馬の1着3着。アサクサデンエンが何とか一矢を報いたが。
しかし、さすがに5週連続の府中でのG1は飽きます。そのうち3戦はマイル戦ですし。
評価 3


宝塚記念(6月25日・京都競馬場芝2200m)
 1着 ディープインパクト 武豊 2.13.0
やはりディープ1強のまま。相手が弱すぎる。
評価 2


スプリンターズステークス(10月1日・中山競馬場芝1200m)
 1着 テイクオーバーターゲット J・フォード 1.08.1
世界をまたにかけるスプリンター・テイクオーバーターゲットが快勝。
というよりも、日本馬のレベルが低かったかな。
評価 3


秋華賞(10月15日・京都競馬場芝2000m)
 1着 カワカミプリンセス 本田優 1.58.2
カワカミプリンセスが強さを見せつけ無敗の2冠馬に。
タイムもファビラスラフィンのレコードに0.1秒差。やはり速い。
評価 4


菊花賞(10月22日・京都競馬場芝3000m)
 1着 ソングオブウインド 武幸四郎 3.02.7(レコード)
3冠のプレッシャーに押しつぶされた石橋騎手。
馬自体も春に比べると状態が良くなかった。
一方の伏兵ソングオブウインド。あの末脚は圧巻だった。
評価 4


天皇賞・秋(10月29日・東京競馬場芝2000m)
 1着 ダイワメジャー 安藤勝己 1.58.8
ディープ不在の混戦を制したのは、弱点を克服したダイワメジャー。
安藤騎手とのコンビは来年も注目。
評価 3


エリザベス女王杯(11月12日・京都競馬場芝2200m)
 1着 フサイチパンドラ 福永祐一 2.11.6
1着入線のカワカミプリンセスが進路妨害で降着。
こんな形で無敗がストップするのは非常に後味が悪かった。
評価 1


マイルチャンピオンシップ(11月19日・京都競馬場芝1600m)
 1着 ダイワメジャー 安藤勝己 1.32.7
このメンバーではダイワメジャーの格が違いました。
評価 3


ジャパンカップダート(11月25日・東京競馬場ダート2100m)
 1着 アロンダイト 後藤浩輝 2.08.5
新たなダート王の誕生も、外国馬ゼロでは...。タイムは悪くないが。
評価 3


ジャパンカップ(11月26日・東京競馬場芝2400m)
 1着 ディープインパクト 武豊 2.25.1
こちらも外国馬が2頭しかいなく、注目は凱旋門賞失格後のディープ一点。
日程を見直さない限り、JCの格は落ちる一方。
評価2


阪神ジュベナイルフィリーズ(12月3日・阪神競馬場芝1600m)
 1着 ウオッカ 四位洋文 1.33.1
新装の阪神競馬場で、タニノギムレット産駒のウオッカが強烈な末脚を見せてくれました。
タイムの2歳にしては速い。
評価 3


朝日杯フューチュリティステークス(12月10日・中山競馬場芝1600m)
 1着 ドリームジャーニー 蛯名正義 1.34.4
前残りの展開の中で、ドリームジャーニーの後方一気はお見事。
評価 3


有馬記念(12月24日・中山競馬場芝2500m)
 1着 ディープインパクト 武豊 2.31.9
ディープラストランで、生涯最高の状態。
はっきり言って他の馬が止まって見えた。
正直、来年の古馬戦線に不安を感じた。
評価 4


中山グランドジャンプ(4月15日・中山競馬場障害4250m)
 1着 カラジ B・スコット 4.50.8
海外からの参戦で、連覇はお見事。テイエムドラゴンとの一騎打ちは見応えがあった。
評価 4


中山大障害(12月23日・中山競馬場障害4100m)
 1着 マルカラスカル 西谷誠 4.41.0
マルカラスカルの力が抜きん出ていました。
瀬戸口厩舎のラストを飾った西谷騎手の涙は良かったです。
評価 3


今年は非常に評価が難しかったですね。
ベストレースは、有馬記念です。
あれだけ他の馬が止まって見えた事は無いですから。
まぁ、この先ディープインパクトのような名馬は100年に1頭出るかどうかでしょうね。


今年1年、ありがとうございました。
来年も良い年でありますように。
では、よいお年を。

スポンサーサイト



サッカー天皇杯準決勝 vsG大阪戦

第86回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝(エコパスタジアム・入場者数7038人)

G大阪 2 - 1 札幌
(0-1、0-1)

得点
18分 21加地亮(G大阪)
52分 16前田雅文(G大阪)
54分 11相川進也(札幌)

選手交代
45分 4實好礼忠→27橋本英郎(G大阪)
66分 13中山元気→29西谷正也(札幌)
68分 8砂川誠→20上里一将(札幌)
76分 16前田雅文→20寺田紳一(G大阪)
77分 21金子勇樹→9石井謙伍(札幌)

警告
87分 3西澤淳二(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 31佐藤優也
DF 3西澤淳二、4曽田雄志、6西嶋弘之
MF 21金子勇樹、18芳賀博信、15加賀健一、8砂川誠、22川崎健太郎
FW 13中山元気、11相川進也
リザーブ
GK 1林卓人
DF 7和波智広
MF 27西大伍、20上里一将、2岡田佑樹
FW 29西谷正也、9石井謙伍

G大阪スターティングメンバー
GK 1松代直樹
DF 4實好礼忠、5宮本恒靖、6山口智
MF 21加地亮、17明神智和、7遠藤保仁、14家長昭博、10二川孝広
FW 16前田雅文、9マグノアウベス
リザーブ
GK 22藤ヶ谷陽介
DF 22シジクレイ、3入江徹、15青木良太
MF 20寺田紳一、27橋本英郎
FW 19中山悟志

主審:松村和彦

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「はっきり言って一人ひとりの力の差がかなりあることがこの試合で分かりました。やる前から分かっていた事ですが、選手がその中で何が違うか、肌で感じてくれたと思います。

1点をとられるまでは身体が動かず、1本目、2本目も非常に遅く、点を入れられてから動くようになりました。ガンバが休んでくれたこともあり、何度かカウンターでチャンスを作りましたが、せっかくボールを奪っても1つ目のパスで相手に渡してしまい、押し込まれる結果となりました。

奪ったボールが確実に渡ればシュートチャンスに繋がっている。それを思えば、その辺りの精度をあげられたら、と感じました。力の差はあるが、何度かチャンスを作り、1点をとれ、札幌のサッカーを最後までみせようと選手たちは頑張ってくれました。今日までサッカーをやれたことを選手たちに感謝したいと思います」

相川のボレーで1点返してから、ちょっとばかり夢を見さしてもらいましたよ。
柳下監督、そして選手の皆さん。ここまで勝ちあがってくれてありがとうございます。

来シーズンはリーグ戦でも喜べる試合を沢山見たいですね。

東京大賞典&ワイン城特別

中央開催は終了しても、地方は年末年始もやっています。
今日は交流G1の大一番、東京大賞典です。

第52回 東京大賞典(大井ダート2000m・3歳以上G1)
◎アジュディミツオー
○ボンネビルレコード
▲シーキングザダイヤ
△ハードクリスタル
☆カフェオリンポス

去年より中央のメンバーは楽なはず。
アジュディミツオーの連覇に期待したい。
久々なのが唯一の不安。
相手筆頭も大井のボンネビルレコード。
あとは中央勢3頭を押さえに。

<結果>
1着 ブルーコンコルド 幸英明 2.03.5
2着 クーリンガー 和田竜二 4馬身
3着 ▲シーキングザダイヤ 横山典弘 クビ
--------------------------------------------
5着 ◎アジュディミツオー 内田博幸 2.04.6

ブルーコンコルドの場合、距離が長いと腹に決めていたので、
これは仕方無いです。しかし、クーリンガーは買えないなぁ。
アジュディミツオーは、やはり休み明けで太めだった事に尽きるでしょう。

ばんえいは、今日と明日、そして元日からの正月開催へと続きます。
本日のメインはワイン城特別。

ワイン城特別(帯広・3歳以上800万円未満)
◎エビスオウジャ
○ギャンブラークイン
▲ライジングサン
△イッスンボウシ

好調エビスオウジャから。斤量、時計も十分。

<結果>
1着 ◎エビスオウジャ 750kg 松田道明 2.07.7
2着 ○ギャンブラークイン 725kg 藤野俊一 2.15.6
3着 トカチタカラ 745kg 藤本匠 2.17.1

エビスオウジャ圧勝でしたね。
2着もギャンブラークインが粘って、本線的中でした。
配当はいまひとつでしたけど、当たれば何でも良いんですよ。

tudukeyo1.jpg


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ショコラ・ショフェ

久しぶりにお取り寄せスイーツ。こちらに移転してきてからは初かな。

今回は、札幌のお店「ショコラティエ・マサール」さんの、
「ショコラ・ショフェ」です。

CA350004.jpg


やや小振りなんですが、チョコレートケーキはフワフワです。
でも、このケーキはそれだけではないんです。

CA350005.jpg


わかりますかね?中にチョコレートソースが入ってます。
さすがチョコレート専門店ですね。

食べる時は、軽くレンジで温めます。
「ショフェ」とは、フランス語で「温製、温める」の意。

カカオの味がしっかりと楽しめて、
非常に美味しいです。プチ贅沢が楽しめますね。

テーマ : お取り寄せスイーツ
ジャンル : グルメ

サンタクロース特別

サンタクロース特別(帯広・3歳以上550万円未満)
◎コブライチ
○キタノカイザー
▲コマタイショウ
△タカラテンクウ

ここはコブライチに注目です。
帯広得意、調子も好調。普通ならすんなり勝てるでしょうが、
そうならないのが、ばんえいの難しいところ。

<結果>
1着 ◎コブライチ 715kg 鈴木恵介 2.05.6
2着 キョウエイボーイ 725kg 西弘美 2.11.4
3着 ○キタノカイザー 715kg 藤本匠 2.12.8

さすがコブライチ。
第2障害を降りる時に、先に降りた外のキョウエイボーイを、
ちゃんと確認してから、一気にかわしていきましたね。
見たのは偶然だったのか、ちゃんと理解していたのか?
後者なら驚きですが。

tudukeyo1.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

サッカー天皇杯準々決勝 vs甲府戦

第86回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(ユアテックスタジアム仙台・入場者数5537人)

甲府 0 - 2 札幌
(0-1、0-1)

得点
0分 オウンゴール(札幌)
73分 15加賀健一(札幌)

選手交代
68分 5井上雄幾→26保坂一成(甲府)
75分 8倉貫一毅→18長谷川太郎(甲府)
79分 13中山元気→9石井謙伍(札幌)
82分 29西谷正也→20上里一将(札幌)
85分 9須藤大輔→11宇留野純(甲府)
85分 8砂川誠→21金子勇樹(札幌)

警告
10分 13中山元気(札幌)
19分 15加賀健一(札幌)
43分 25藤田征也(札幌)
50分 16大塚真司(札幌)
68分 31佐藤優也(札幌)
79分 29西谷正也(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 31佐藤優也
DF 15加賀健一、4曽田雄志、7和波智広
MF 16大塚真司、18芳賀博信、25藤田征也、8砂川誠、22川崎健太郎
FW 29西谷正也、13中山元気
リザーブ
GK 1林卓人
DF 3西澤淳二
MF 21金子勇樹、20上里一将、2岡田佑樹
FW 11相川進也、9石井謙伍

甲府スターティングメンバー
GK 1阿部謙作
DF 4山本英臣、2秋本倫孝、3津田琢磨、5井上雄幾
MF 31林健太郎、10藤田健、7石原克哉、8倉貫一毅
FW 9須藤大輔、33茂原岳人
リザーブ
GK 21鶴田達也
DF 13田森大己
MF 6奈須伸也、17鶴見智美、26保坂一成
FW 11宇留野純、18長谷川太郎

主審:吉田寿光

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「危ない場面が何度かあったが、選手が粘り強くプレーしてくれたことに尽きる。1点目がラッキーな形で入ったが、それを守ろうとする気持ちがあってあれだけ押し込まれたのではない。甲府がどんどん仕掛けてきたので、そうしても押し込まれる。ある程度分かっていたことで、選手の動き方もそんなに悪くない。ただ、甲府の方が落ち着いて局面を打開してきたのでピンチはあった。あれでもう少しサイドチェンジを絡めた攻撃をされればウチも90分持たなかったと思う。粘り強くチームが一つになってプレーできた結果だと思う。
また、別の所でキャンプを張るが準決勝で恥ずかしくないゲームをするためにしっかり準備したい」

今、ようやくチームが一つになっている。
まだまだ今年の北海道のスポーツ界に風が吹いている。
3戦連続でJ1勢を撃破。遂に初の準決勝進出。
準決勝の相手はガンバ大阪。
播戸は間違いなく燃えてるでしょうね。

メンバー的には、もっと厳しい状況になりそうですが、
チームが一つになって立ち向かってほしいです。
出来れば、元日もコンサのユニフォームが見たいなぁ。

(※播戸は出場停止だそうです。失礼しました。)

有馬記念&ばんえいダービー

第51回 有馬記念(中山芝2500m・3歳以上G1)
◎ディープインパクト
○ドリームパスポート
▲メイショウサムソン
△デルタブルース
☆アドマイヤメイン

一応予想はディープインパクトから。
さすがに強すぎる。去年のような事はないと思う。
でも競馬には絶対はない。
武豊騎手が有馬記念に関しては勝ち運に見放されているのも事実。
武騎手が勝ったのは、あのオグリ伝説のラストランで勝った1度きり。
ディープのラストランで再び伝説を残せるか、それとも・・・。

で、実際に馬券はコスモバルクの単勝を買いました。
それはもう、自分の予想ではなく、応援ですから。




<結果>
1着 ◎ディープインパクト 武豊 2.31.9
2着 ポップロック O・ペリエ 3馬身
3着 ダイワメジャー 安藤勝己 3/4馬身

ディープ以外が止まって見えた。
ディープ自身はこれで引退って解ってるんでしょうかね?
もっと走っていたいと思ってるかも。
早くディープの産駒を見たいですね。

ばんえいダービー(帯広・3歳BG1)
◎ニシキセンプー
○ホクショウダイヤ
▲エメラルド
△ナカゼンスピード

本命はニシキセンプー。
連勝中の勢い、更に帯広得意なので、
ホクレン賞に続いての重賞制覇は十分可能。
相手はホクショウダイヤ。ニシキセンプーには連敗中だが、
坂本騎手の乗り方に注目。逆転は可能。
あとは菊花賞牝馬のエメラルド。
オークスでは足元をすくわれたものの、内容は悪くなかった。
もう一頭、重賞では善戦しているナカゼンスピードをおさえて。

<結果>
1着 △ナカゼンスピード 720kg 藤本匠 1.55.7
2着 ニシキユウ 700kg 西弘美 2.02.0
3着 ヒロノドラゴン 720kg 細川弘則 2.02.8

------------------------------------------------
8着 ◎ニシキセンプー 720kg 鈴木恵介 2.11.3

ナカゼンスピード快勝でしたね。
ニシキセンプーは後半失速。
すんなり障害を上げられなかったのが厳しかったですね。

tudukeyo1.jpg


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

中山大障害&ラジオNIKKEI杯2歳S

第129回 中山大障害(中山障害芝4100m・3歳以上J・G1)
◎アグネスハット
○マルカラスカル
▲メルシーエイタイム
△クールジョイ
△テレジェニック
☆フミノトキメキ

本命はアグネスハット。
近走充実で、父ダンスインザダークのスタミナがものをいいそう。
相手はマルカラスカル。力は相当なものだが、
若干スピードタイプなのが心配。

<結果>
1着 ○マルカラスカル 西谷誠 4.41.0
2着 ▲メルシーエイタイム 小坂忠士 6馬身
3着 ◎アグネスハット 田中剛 1/2馬身

心配無用でした。マルカラスカル強かったです。

第23回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(阪神芝2000m・2歳G2)
◎フサイチホウオー
○アサクサキングス
▲ヴィクトリー
△ローズプレステージ
△マイネルソリスト

ドリームジャーニーが示した通り、東京スポーツ賞のレベルが高い。
ここはすんなりフサイチホウオーで決まると思う。
相手筆頭はアサクサキングス。

<結果>
1着 ◎フサイチホウオー 安藤勝己 2.02.1
2着 ▲ヴィクトリー 武豊 クビ
3着 ナムラマース O・ペリエ 1 1/4馬身

うーん、降着でもおかしくないくらい、
微妙な裁定でしたね。力は抜けていましたが。
不利を受けたナムラマースは、それでもよく3着まで来ましたね。

ばんえい競馬の今日のメインはサホロ特別。
GyaoのBANBA王放送100回突破記念競争だそうです。
Gyaoの中継ではきっと盛り上げるんでしょうね。

サホロ特別(帯広・3歳以上オープン)
◎トカチプリティー
○ヤマノミント
▲タケタカラニシキ
△ヒカルセンプー

ここはトカチプリティー。
前走は3着も、負けた相手がカネサブラックとミサイルテンリュウ。
今回のメンバーなら力は一枚上。

<結果>
1着 ▲タケタカラニシキ 750kg 坂本東一 1.41.1
2着 ◎トカチプリティー 730kg 高橋洋典 1.46.1
3着 ニシキダイジン 750kg 鈴木恵介 1.47.8

坂本騎手への乗り替わりが大きかったですね。
雪もプラスで、先行押し切り。
トカチプリティーは、悪くはなかったんですけど、
勝った馬より前に行きたかったですね。

tudukeyo1.jpg


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

明日は天皇杯準々決勝

いよいよ明日は天皇杯の準々決勝。甲府戦ですね。
しかも地上波放送決定!NHK総合で午後1時からです。

フッキが残念ながら怪我で帰国。ラストも飾れずに去っていくのは残念ですが、
何とか日本人だけでもやれるという事を示してほしいです。
どうやらフッキのポジションには西谷が入るらしいですが、
西谷なら心配ないでしょうね。元々FWもこなしてましたし。

この年末に、コンサドーレの試合が見れるのは嬉しいです。
しかも地上波です。祝日で、サポーター以外の視聴者も期待出来ます。
ここで見る者を引き込むような良い試合をして(もちろん勝利で)、
コンサドーレの魅力をもう一度アピールしてほしいですね。
それが来シーズンへ向けての、集客アップの足掛かりになってくれれば。

今年の盛り上がった北海道のスポーツ界を、
コンサドーレに締めくくってもらいましょう。

忙しいよぉ

1年の中で、12月の20日以降が最も忙しい。
しかも人手が足りなくなって、もうバタバタです。

市内の中学校ではノロウイルスによる学校閉鎖。
ノロウイルスの感染者は、昨年の2倍だとか。
先日も全国中学駅伝で感染者が出てしまったりとかで、
各地で猛威をふるっていますね。

しかしまぁ、医療が進んでいるにもかかわらず、
こういうウイルスによる病気は増加傾向。
何か対策はないんでしょうかね?
子供達を見ても、なんか昔よりひ弱になっているようですし。

ところで、昨日のボクシング。どう見ましたか?
内容自体は、技術の高い試合だったと思いますけど、
見ている側としては、物足りなかったかなぁ。
そりゃ、誰が見てもチャンピオンが判定でも圧勝でしたけど、
亀田選手は、ああいったキャラで売りだしてしまったので、
それが結果的に判定だと物足りなさを見ている側に植えつけてしまったのかも。
恐らく、あんなに言動が乱暴じゃなければ、そういう印象は無かったと思いますが。

ま、思いついた事はそんなところです。ではまた。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

フェアリーS&阪神C

第23回 フェアリーステークス(中山芝1200m・2歳牝馬G3)
◎クーヴェルチュール
○カノヤザクラ
▲ニシノマオ
△サンタフェソレイユ
△シベリアンクラシカ

1200mでは3勝(1着入線で降着が1回)のクーヴェルチュールが軸。
この距離では安定感があるので、まず大丈夫だとは思いますが。

<結果>
1着 アポロティアラ 勝浦正樹 1.09.4
2着 △サンタフェソレイユ 北村宏司 1 1/4馬身
3着 ▲ニシノマオ 太宰啓介 クビ
------------------------------------------------
10着 ◎クーヴェルチュール 後藤浩輝 1.10.5

このレースって、重賞にしている意味がわからない。

第1回 阪神カップ(阪神芝1400m・3歳以上G2)
◎アサクサデンエン
○マイネルスケルツィ
▲シンボリグラン
△コートマスターピース
△コスモシンドラー
☆チアフルスマイル

アサクサデンエンが秋3戦目で状態が良いので、
このメンバーならチャンス十分。
と言うより、G1馬。格の違いを見たい。

<結果>
1着 フサイチリシャール 福永祐一 1.20.6
2着 プリサイスマシーン 安藤勝己 クビ
3着 ○マイネルスケルツィ 武豊 アタマ
-------------------------------------------
4着 ◎アサクサデンエン 藤田伸二 クビ

デンエン届かなかったかぁ。惜しいなぁ。
フサイチリシャールは距離が短いと思っていたのでノーマークでした。
シンスケクンの除外で前残りになってしまいましたね。

ばんえい競馬の今日のメインは注目。
トップクラスが揃って登場ですからね。

師走特別(帯広・3歳以上オープン)
◎カネサブラック
○アンローズ
▲ミサイルテンリュウ
△フクイズミ

カネサブラックの勢いは、ここでも止まらないと思います。
アンローズは帯広では勝ててないんですが、
今年はパワーアップしてるんで、期待も込めて対抗に。
あとは帯広巧者のミサイルテンリュウとフクイズミ。
しかし、凄いメンバー構成ですね。

<結果>
1着 ▲ミサイルテンリュウ 765kg 鈴木恵介 1.47.1
2着 ホクショウファイト 755kg 坂本東一 1.50.5
3着 ◎カネサブラック 755kg 鈴木勝堤 1.54.1

やはりミサイルテンリュウは帯広に来ると別馬。
しかし2着が最低人気のホクショウファイトで荒れましたね。
アンローズはハンデもあるけど、ここまで帯広に向かないとは。
データでしっかり出ていたとはいえ、これまた勉強です。

tudukeyo1.jpg


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

愛知杯

年末は仕事が忙しい...。
何とか頑張らなければ。

第44回 愛知杯(中京芝2000m・3歳以上牝馬G3)
◎ニシノフジムスメ
○ソリッドプラチナム
▲アドマイヤキッス
△コスモマーベラス
△ロフティーエイム

牝馬のハンデ戦。全く当たる気がしません。
3歳勢を重視して、その中でも53kgのニシノフジムスメから。

<結果>
1着 ▲アドマイヤキッス 武豊 1.58.6
2着 △コスモマーベラス 安藤勝己 1 1/4馬身
3着 ○ソリッドプラチナム 小牧太 クビ
-----------------------------------------------
8着 ◎ニシノフジムスメ 藤田伸二 1.59.2

やはり時間が無いからと言って、
雑な予想をしても外れますよね。
ニシノフジムスメは決め手が足りないのが、
このレースに関しては厳しかったですね。
逆にアドマイヤキッスは決め手がモノを言いましたね。
単に中京巧者なのかもしれませんが。

ばんえい競馬の存続が正式に決まりました。
良かったですね、沢山の声が届いて。
年明けたら、ネット購入の体制を作ろうかな?
それまでは、予想して勉強します。

グリーンパーク特別(帯広・3歳以上650万円未満)
◎スーパーロイヤル
○トカチタカラ
▲ユウセイマーチ
△トミサトクイーン

ここ2戦、歯がゆいレースが続いてるスーパーロイヤル。
今日こそは、きっちり勝ってもらいましょう。

<結果>
1着 ○トカチタカラ 735kg 千葉均 2.21.1
2着 コブラタイガー 730kg 鈴木恵介 2.24.3
3着 レオユウホー 730kg 尾ヶ瀬馨 2.24.4
-----------------------------------------------
4着 ◎スーパーロイヤル 730kg 藤本匠 2.24.4

2着争いが大混戦でしたが、
最初に第2障害を越えたコブラタイガーが粘りましたね。
スーパーロイヤルはラストで思ったほど進まず。
一方、トカチタカラは力強く抜けて快勝でしたね。
千葉騎手は昨日4勝ですか。乗れてましたね。

tudukeyo1.jpg


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

日勝特別

時間が無いので簡単に。

日勝特別(帯広・3歳以上800万未満)
◎エンジュダイヤ
○ギャンブラークイン
▲スーパークリントン
△アオノキセキ

昨日よりは馬場は重くなるでしょうけど、
それでもタイムは速くなりそうな予感。
時計も持っていて、軽ハンデのエンジュダイヤを本命に。
帯広実績もありますし。

<結果>
1着 ▲スーパークリントン 740kg 坂本東一 2.01.6
2着 エビスオウジャ 750kg 松田道明 2.05.9
3着 ○ギャンブラークイン 725kg 藤野俊一 2.08.3
-----------------------------------------------------
4着 ◎エンジュダイヤ 710kg 西弘美 2.12.8

スーパークリントンが最初に仕掛けて、
一旦ヒザをついたんですけど、
立て直して先頭で第2障害を越えると独走でした。
エビスオウジャはこのハンデで軽視したんですが、
調子が良いと、ハンデをもろともしませんね。
5番手で第2障害を降りてからの脚は力強かったです。

tudukeyo1.jpg

baneibn.jpg

banei_ouen.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

朝日杯FS

第58回 朝日杯フューチュリティステークス(中山芝1600m・2歳G1)
◎アドマイヤヘッド
○マイネルシーガル
▲オースミダイドウ
△ドリームジャーニー
△フライングアップル
☆ゴールドアグリ

前走は出遅れで参考外。それでもよく伸びてきた。
2回連続、同じ轍は踏まないと思うので、
ここはアドマイヤヘッドで勝負します。
相手はマイネル軍団の中でも、マイネルシーガル。
オースミダイドウは気性が悪い方に出るかも。
母ストームティグレスが引っかかる。
先週のアストンマーチャンの事もありますし。

<結果>
1着 △ドリームジャーニー 蛯名正義 1.34.4
2着 ローレルゲレイロ 本田優 1/2馬身
3着 ▲オースミダイドウ O・ペリエ 3/4馬身
-----------------------------------------------
11着 ◎アドマイヤヘッド 岩田康誠 1.35.2

今回も出遅れて終了。
これが治らないと、今後は厳しいですね。
レース自体は前残り。
その中で最後方からまとめて面倒をみたドリームジャーニーは強かった。
しかし、オースミダイドウが連に絡んでいない割には、
配当はつきませんでしたねぇ。

ギャラクシーステークス(阪神ダート1400m・3歳以上オープン)
◎ミリオンベル
○シーキングザベスト
▲ボードスウィーパー
△スリージェム
△ツムジカゼ
☆ヴリル

<結果>
1着 ○シーキングザベスト 小牧太 1.23.5
2着 △ツムジカゼ 鮫島良太 クビ
3着 ▲ボードスウィーパー 秋山真一郎 クビ
---------------------------------------------
5着 ◎ミリオンベル 太宰啓介 1.24.0

今日は、ばんえい競馬でも重賞です。
ばんえいにもオークスがあるんですね。
他にもダービーや菊花賞がありますよ。
ちなみに菊花賞は先日、北見で行われました。
ばんえいダービーは12月24日。有馬記念の日です。

ばんえいオークス(帯広・3歳牝馬 BG2)
◎エメラルド
○サクラガサイタ
▲ヒメカワキタ
△ニシキユウ

昨日の夜の雪で、馬場水分が上がってますね。
この辺がどう影響するでしょうか?
ちなみに帯広は、ロードヒーティングなので、
冬でも競馬が行えるんですよ。

牝馬ながら、ばんえい菊花賞を制したエメラルド。
牝馬同士なら力がやはり上でしょう。
相手はサクラガサイタとヒメカワキタ。
もう1頭、印を打ったのはニシキユウ。
岩見沢では安定していたので、調子が戻ってきたら楽しみ。

<結果>
1着 キキリンドウ 660kg 尾ヶ瀬馨 2.00.3
2着 ◎エメラルド 660kg 藤野俊一 2.00.8
3着 キタノパワー 660kg 西弘美 2.01.5

いやぁ、最低人気のキキリンドウとは。
馬場が軽くなったのが波乱を呼びましたね。

tudukeyo1.jpg

baneibn.jpg

banei_ouen.jpg


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

鳴尾記念

第59回 鳴尾記念(阪神芝1800m・3歳以上G3)
◎サクラメガワンダー
○ホッコーソレソレー
▲マルカシェンク
△サンバレンティン
△オースミグラスワン
☆サンレイジャスパー

広くなった阪神でペリエ騎手。
そろそろ復活の予感がします。
アドマイヤムーンに勝った時の、
あの豪脚を再び見たいですね。
相手はホッコーソレソレー。
この馬も広くなった阪神が合いそう。

<結果>
1着 ◎サクラメガワンダー O・ペリエ 1.46.9
2着 ▲マルカシェンク 吉田稔 1/2馬身
3着 ○ホッコーソレソレー 安藤勝己 2 1/2馬身

やはり阪神コースが似合いますね。
マルカシェンクの逃げに対しても、
冷静に好位に取り付いて横綱相撲。

師走ステークス(中山ダート1800m・3歳以上オープン)
◎マンオブパーサー
○ラッキーブレイク
▲サウンドザビーチ
△テイエムヤマトオー
△アンドゥオール
☆カイトヒルウインド

<結果>
1着 △アンドゥオール 後藤浩輝 1.53.6
2着 トップオブワールド 木幡初広 1 3/4馬身
3着 スズジャパン 田辺裕信 2 1/2馬身
----------------------------------------------
8着 ◎マンオブパーサー 蛯名正義 1.54.9

今日もばんえい競馬の予想をしながら、自らも勉強です。
私の下手な予想をきっかけに、
ばんえい競馬に興味を持ってもらえたらありがたいです。
レース映像は、GyaoのBANBA王などで生中継されてますので、
一度見て、ばんえい競馬の世界を堪能してください。
ちなみに今日のメインレースは面白そうです。

狩勝特別(帯広・3歳以上オープン)
◎カネサブラック
○トモエパワー
▲ミサイルテンリュウ
△トカチプリティー

最後の北見開催の最終レースを勝ったカネサブラック。
純粋にこの馬が好きなんで、ここも期待します。
相手は北見記念2着のトモエパワー。
あとはミサイルテンリュウなんですけど、ハンデがちょっと厳しいかも。
逆にハンデに恵まれた牝馬のトカチプリティー。
8番から2、4、5番へ馬複で。

<結果>
1着 ◎カネサブラック 755kg 鈴木勝堤 1.59.4
2着 ▲ミサイルテンリュウ 765kg 鈴木恵介 2.00.4
3着 △トカチプリティー 730kg 高橋洋典 2.04.8

カネサブラックは、やっぱり良いですね。
しかし、ミサイルテンリュウは帯広では一変しますね。
トカチプリティーは先行したんですけど、
第2障害でちょっと遅れたのが痛かったです。
思ったより配当が良かったので、ちょっと嬉しい。
(残念ながら買ってはいないですけど。)

tudukeyo1.jpg

baneibn.jpg

banei_ouen.jpg


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ソフトバンクに感謝

どうやら帯広市単独開催でばんえい競馬が存続できそうです。
支援に乗り出してくれたソフトバンクグループには、
心よりお礼を申し上げます。

そして、市民思いの砂川帯広市長にも感謝です。
こういうお方が我が街の市長だったら...。

まだ、正式の発表ではないんですけど、
とりあえずは最悪の事態を回避できます。
今朝、このニュースを見て、目頭が熱くなりました。
これで、馬達は殺されずに済みます。

北見市で、ばんえい競馬を見られなくなるのは寂しいですけど、
それでも残ってくれれば良いです。

個人的には、馬券購入の対応銀行を、
手数料の掛からない銀行にしてもらえるとありがたいです。
それだけでも、馬券の売り上げは違うような気がしますよ。
少なくとも私はイーバンク銀行を使い始めてから、
JRAの他に、地方交流重賞、南関東やホッカイドウ競馬も、
金額は少しですけど買うようになりましたし。

あとは何より、ばんえい競馬を知らない人が多いので、
まずはアピールして行かないといけませんね。
一度見れば、必ず馬を応援したくなります。
報道ステーションの取材で帯広競馬場を訪れた河野アナウンサーも、
番組のコラムで書かれておりますので、読んでみて下さい。

河野アナのコラム(河野明子の「狙われた大トロ」)


出来れば生で見てほしいです。
あの迫力は画面では伝わらないかもしれません。

tudukeyo1.jpg

baneibn.jpg

banei_ouen.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

報道ステーション

昨日の報道ステーションで、
ばんえい競馬の特集が組まれていました。

その中で、1頭の2歳馬が出ていました。
名はシベチャタイガー。現2歳馬の中では最も獲得賞金が多い馬で、
現在、14戦8勝。これから少なくとも8年間は、
ばんえい界を背負って立つであろう1頭です。

でもそれは、ばんえい競馬が存続出来てこそ。
廃止が決まってしまえば、他の馬と同様、未来が絶たれてしまいます。

タイムリミットは近づいてきています。
アナウンサーの矢野吉彦さんをはじめとして、
多くの方が存続へ向けて頑張っています。
須田鷹雄さんも、自らのHPで存続を訴えております。
存続の為にも、以下のサイトに、皆さんの声を届けて下さい。
tudukeyo1.jpg

baneibn.jpg

banei_ouen.jpg


このままでは、競馬関係者は職を失い、
主役のばん馬は殺されてしまいます。
失った命は取り戻すことも出来ません。

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

十勝岳特別

十勝岳特別(3歳以上650万円未満)
◎スーパーロイヤル
○タカラボーイ
▲トミサトクイーン
△ニシキタカラ

このメンバーなら、スーパーロイヤルが1枚上。
相手は前走勝ちで好調のタカラボーイ。

<結果>
1着 ハマナカキング 730kg 大河原和雄 2.24.6
2着 ▲トミサトクイーン 710kg 藤野俊一 2.34.1
3着 ◎スーパーロイヤル 730kg 藤本匠 2.34.7

スーパーロイヤルは追い上げたものの届かなかったですね。
帯広は北見と違って、第2障害からゴールまでが短いので、
第2障害の通過順が大きいですね。
その分、障害の勾配がきついんですけどね。

baneibn.jpg

banei_ouen.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

2006 J2リーグ戦 最終節 vs鳥栖戦

2006 J2リーグ戦 最終節(札幌ドーム・入場者数14349人)

札幌 0 - 2 鳥栖
(0-1、0-1)

得点
29分 16高地系治(鳥栖)
48分 11新居辰基(鳥栖)

選手交代
51分 29西谷正也→25藤田征也(札幌)
68分 21金子勇樹→22川崎健太郎(札幌)
73分 7濱田武→34山城純也(鳥栖)
74分 8砂川誠→13中山元気(札幌)
83分 28廣瀬浩二→20山口貴之(鳥栖)
89分 8尹晶煥→23衛藤裕(鳥栖)

警告
5分 5金裕晋(鳥栖)
59分 11新居辰基(鳥栖)
87分 11相川進也(札幌)
88分 13中山元気(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 31佐藤優也
DF 3西澤淳二、5池内友彦、6西嶋弘之
MF 16大塚真司、21金子勇樹、18芳賀博信、8砂川誠、29西谷正也
FW 11相川進也、10フッキ
リザーブ
GK 1林卓人
MF 25藤田征也、22川崎健太郎、14鈴木智樹
FW 13中山元気

鳥栖スターティングメンバー
GK 1シュナイダー潤之介
DF 26長谷川豊喜、5金裕晋、4飯尾和也、16高地系治
MF 7濱田武、14高橋義希、8尹晶煥、28廣瀬浩二
FW 11新居辰基、25藤田祥史
リザーブ
GK 12富永康博
DF 3加藤秀典
MF 23衛藤裕、34山城純也、20山口貴之

主審:牧野明久

試合データ(札幌オフィシャル)

柳下正明監督コメント(J's GOAL)
「今日は弱いチーム。ひと言でいったら、ひとつになれなかったということ。鳥栖はひとりひとりが落ち着いてプレーしていたし、運動量もあった。札幌と一番違うのは、相手ボールになったときにみんなが守備のことを考えている。でも、今日の札幌は、何人かが相手ボールになっても何も考えていない。何人かは攻撃のことを考えている。そしたらやはり、相手の攻撃を防ぐことはできない。今季いいゲームをやって勝っている試合は、全員が同じことを考えられている。そのあたりはしっかりみんなが同じように考え、行動を起こしたときはいいゲームをやっている。まだまだ若い選手がいるし、年をとっても西澤みたいにここ1、2年で成長している選手もいるので、まだまだ満足せず一日一日大切にトレーニングしてまだまだ成長して欲しいと思う。最後、天皇杯があるので、それに向けていい準備して一試合でも多くJ1のチームとやれるようにやっていきます」

最終戦。しかもホーム。なのに地上波の中継がない。
北海道のテレビ局にはガッカリです。
でも、結果が全て。屈辱をバネに来季は頑張ってほしい。

最終節。結果としては上位の鳥栖に完敗。
でも、これで良かったのかと思う。
この敗戦でもう一度、チームが一つになってくれれば...。

J2最終節 他会場の結果
湘南 0 - 3 
横浜FC 2 - 0 愛媛
草津 1 - 1 東京V
山形 5 - 1 水戸
仙台 2 - 1 神戸

J2最終順位表
1位 横浜FC 勝ち点93 26勝7敗15分け
2位 柏 勝ち点88 27勝14敗7分け
(以上2チームが来季J1へ自動昇格)
-----------------------------------------
3位 神戸 勝ち点86 25勝12敗11分け
(福岡との入れ替え戦へ)
-----------------------------------------
4位 鳥栖 勝ち点79 22勝13敗13分け
5位 仙台 勝ち点77 21勝13敗14分け
6位 札幌 勝ち点72 20勝16敗12分け
7位 東京V 勝ち点71 21勝19敗8分け
8位 山形 勝ち点65 17勝17敗14分け
9位 愛媛 勝ち点53 14勝23敗11分け
10位 水戸 勝ち点51 14勝25敗9分け
11位 湘南 勝ち点49 13勝25敗10分け
12位 草津 勝ち点42 9勝24敗15分け
13位 徳島 勝ち点35 8勝29敗11分け

阪神JF

第58回 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神芝1600m・2歳牝馬G1)
◎ルミナスハーバー
○ハロースピード
▲アストンマーチャン
△ウオッカ
△ローブデコルテ
☆クラウンプリンセス

現状の出来ではアストンマーチャンなんでしょうけど、
どうも短距離向きの血統が引っかかる。
マイルを経験していないのも、ここで飛びそうな予感が。
本命はルミナスハーバー。
マイル以上の経験と勝ちがあり、追い切りも良かった。
兄ヒシアトラスへの激励の為にも勝利を。

<結果>
1着 △ウオッカ 四位洋文 1.33.1
2着 ▲アストンマーチャン 武豊 クビ
3着 ◎ルミナスハーバー 小牧太 3 1/2馬身

うーん、好スタートが仇となってしまいました。
逃げてなかったら...。
でも、よく3着で粘りました。
まぁ、印を打った馬はほとんど上位に来ていますので、
悪い予想ではなかったかな。

第42回 中日新聞杯(中京芝2000m・3歳以上G3)
◎マヤノグレイシー
○トウショウシロッコ
▲トーホウアラン
△マヤノライジン
△ツルマルヨカニセ
☆スターイレブン

予想はマヤノグレイシーから。
アンカツさんとの相性も良く、
このレースで最近強いマヤノトップガン産駒。
相手はトウショウシロッコ。
菊花賞は長すぎたので、ここで巻き返す可能性は十分。

<結果>
1着 ▲トーホウアラン C・ルメール 1.57.8
2着 インティライミ 佐藤哲三 ハナ
3着 △マヤノライジン 池添謙一 1/2馬身
--------------------------------------------
13着 ◎マヤノグレイシー 安藤勝己 1.59.1

マヤノグレイシーは、内ラチにぶつかったみたいですね。
何ともなければいいのですが。

ターコイズステークス(中山芝1600m・3歳以上牝馬オープン)
◎コスモマーベラス
○シークレットコード
▲ピサノグラフ
△ウイングレット
△ライラプス
☆プリティプリンセス

<結果>
1着 ◎コスモマーベラス 後藤浩輝 1.34.0
2着 △ウイングレット 田中勝春 1 3/4馬身
3着 ▲ピサノグラフ 塚田祥雄 ハナ

ばんえい競馬の存続へ向けて、沢山のファンが頑張ってます。
潰す報道しかしないマスコミに負けるな。

イオンカップ(3歳以上オープン)
◎プリンセスサクラコ
○フクイズミ
▲ホクショウファイト
△ホクトキング

ここは牝馬同士の一騎打ちが濃厚。
軸は充実しているプリンセスサクラコ。

<結果>
1着 ○フクイズミ 740kg 夏井功 2.22.5
2着 ヤマノミント 740kg 細川弘則 2.26.2
3着 シンザンウィーク 750kg 尾ヶ瀬馨 2.37.7
-------------------------------------------------
8着 ◎プリンセスサクラコ 735kg 藤本匠 3.00.1

フクイズミ強かったですね。
プリンセスサクラコは第2障害で躓いちゃいましたね。
隣のホクトキングも同じような状態だったので、
ちょっと枠が悪かったのかも。
このの3枠は1Rで1着に来た以外、連にも絡まなかったですし。

baneibn.jpg

banei_ouen.jpg


ステイヤーズS

第40回 スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(中山芝3600m・3歳以上G2)
◎アイポッパー
○トウカイトリック
▲ファストタテヤマ
△チェストウイング

長距離戦は騎手で買うべし。
ペリエ騎手を擁して勝ちにきたアイポッパーが本命。

<結果>
1着 ◎アイポッパー O・ペリエ 3.43.4
2着 ○トウカイトリック C・ルメール 3馬身
3着 △チェストウイング 北村宏司 3 1/2馬身

早め抜け出しで快勝でしたね。
ペリエ騎手の好判断です。でも配当はガチガチ。

今週から可能な限り、ばんえい競馬のメインも予想してみます。
3市が完全にさじを投げてしまった以上、
今は帯広に希望を持つしかありません。
何とか民間で手を挙げてくれる方が出てきてくれる事を願ってます。

石勝特別(3歳以上800万円未満)
◎ナリタボブサップ
○ホシマツリ
▲ホクリュウイチ
△イッスンボウシ

北見開催でも力強かったナリタボブサップから。

<結果>
1着 ◎ナリタボブサップ 740kg 鈴木恵介 2.27.1
2着 ライジングサン 745kg 大口泰史 2.30.0
3着 ○ホシマツリ 740kg 藤本匠 2.31.2

快勝でしたね。第2障害をいち早く越えてからも、
安定して歩いてました。
2着争いは混戦でしたが、
第2障害を3番手で越えたライジングサンが2着。
ホシマツリは追い上げたんですが、わずかに届かなかったです。

baneibn.jpg

banei_ouen.jpg


テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク