FC2ブログ

涼風特別

涼風特別(帯広・3歳以上オープン)
◎ホシマツリ
○カネサブラック
▲ホクトキング
△ニシキダイジン
△タケタカラニシキ

今開催は面白いレースが多いです。
芦毛馬限定のレースとか、馬体重の重い馬が集まったレースなんかがあります。
そのため、結構有力馬がばらついて登録されていますね。

そんな中、今日のメインはオープンの涼風特別。
先週の旭川記念を戦ったメンバーと別路線組の戦いです。

まぁ、順当に考えればカネサブラックなんですが、
今日の馬場が軽くなりそうなんですよね。
夕方までの雨の降り方で命運を分けそうです。
当然、重い馬場にはなりそうも無いので、ここでもトモエパワーは切り。
本命は別路線組のホシマツリ。
今季はカネサブラックとも良い勝負をしていますし、
帯広巧者、軽馬場。今日は好条件だと思います。
スピード勝負になればホクトキングが怖いですね。
あとは、ニシキダイジンの逃げ粘りにも注意。
軽い馬場でタケタカラニシキが一変しても不思議では無い気も。

<結果>
1着 ○カネサブラック 735kg 鈴木勝堤 1.27.6
2着 △タケタカラニシキ 730kg 細川弘則 1.29.5
3着 トカチプリティー 710kg 大口泰史 1.30.1
-----------------------------------------------------
6着 ◎ホシマツリ 730kg 千葉均 1.40.4
(馬場水分6.2%)

また馬鹿な買い方をしてしまいました。
馬場が軽くなれば、多少のハンデ差は無くなりますよね。
上位3頭が第2障害をほぼ同時に降りてスピード勝負。
カネサブラックには1枠も良かったですね。
しかしタケタカラニシキを押さえていただけにもったいない馬券です。
ホシマツリはちょっとお疲れなのか。千葉騎手との相性もあまり良いとは思えないし。
次はスーパーロイヤルがいないところを使ってもらいたいです。
そうしたら藤本騎手を確保できますしね。

banei-l.jpg


スポンサーサイト



テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

6月30日 本日の応援馬券




阪神第5レースのアグネスクリスタル。
PO馬なんですけど、騎手が金沢の吉原寛人騎手。
これは、応援し甲斐がありますよ。

<結果>
4着...。
ちょっと後ろ過ぎでしたね。1200mは忙しかったのかどうか。
しかし良く追い上げていましたので、次は期待できそうです。 

断水その後の後




ちょっと分かりにくいですけど、
水道水は、透明に戻りました。
とは言っても地区によってはどうなのか分かりません。
塩素が気になる方は、煮沸して使ってくださいね。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

断水その後


北見市の断水。
ようやく完全に復旧したとはいえ、
出てくる水はこれですよ。




とても飲める状態ではないです。

市役所のHPの情報は遅すぎるし、不正確。
某掲示板の方が、情報が早いし正確。

昨日、役所の方が一軒ずつ回っていたらしいのですが、
水が出たかの確認と節水を促しただけとのこと。
こういう時は、まず謝罪じゃないのでしょうか?
それから用件だと思うのですが。

今朝の道新には、呆れた事が出ていました。例えば、

北見断水 神田市長、対応の最中結婚式出席 「約束があって」
北見市職員、断水中に室蘭などへサッカー遠征 水道課員含む20人

もう、神田市長は速やかに辞任してほしい心境です。
ふるさと銀河線や、ばんえい競馬を無くし、見所が減っていく。
さらに東急百貨店の閉店。悪循環を極めてます。

そして、ガス漏れ事故と今回の濁水混入による大規模断水。
ちょっと危機管理に問題がありますよね。
こういうことが起こってしまうのは当然問題なのですが、
市民が口を揃えて怒っているのが、情報の遅さ。

ガス漏れの時、数日前から予兆があったにも関わらず、
情報がまったく伝わってこない結果、3人の死者を出してしまった。
そういった教訓は、今回の断水を見ても、まったく生かされていませんね。

真の完全復旧には、まだ時間がかかりそうです。
市民にとっては、ある意味良い勉強にはなったのかもね。
こういう時にはどうするか、良い経験になったでしょう。

(27日追記)
道新より。さらに消防長の呆れた記事です。

結婚式、サッカーに続き… 消防長は寺の宴会 北見市断水時

こういう方が上にいると、緊急時が非常に不安ですよね。
正直、このままでは北見市の未来は見通しが暗いです。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

せせらぎ特別

せせらぎ特別(帯広・3歳以上360万円未満)
◎コマローレンス
○メダマ
▲コトブキライアン
△ホッカイコマヨシ
△ニシキコブラ

状態の良いコマローレンスを軸に。
もともとクラスも上の馬でしたし、ここでは実績一番。
相手はメダマ。もともと4歳オープンクラスでしたし、
マルミシュンキが唯一負けたレースで勝った馬。
前走のようなレース運びができれば。
以下、コトブキライアン、ホッカイコマヨシ、ニシキコブラまで。

<結果>
1着 ○メダマ 650kg 細川弘則 1.56.6
2着 △ニシキコブラ 650kg 入澤和也 2.05.6
3着 △ホッカイコマヨシ 650kg 尾ヶ瀬馨 2.09.2
-----------------------------------------------------
10着 ◎コマローレンス 660kg 大河原和雄 3.08.4
(馬場水分3.3%)

メダマは完全に調子を取り戻しましたね。
一方のコマローレンス。まったく不可解なシンガリ負け。

banei-l.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

旭川記念

現在、24日午後6時30分。
市内の配水は一部から復旧し始めたものの、
我が家の地区はまだ水が出ません。
とりあえず風呂の残り湯で頭だけは洗いましたが、
非常にイライラも募ります。市長の謝罪も無しですし。
市のホームページでの情報も遅いですし。
今、市長選をやったら、確実に交代ですね。ホント困ったもんです。

ドタバタやってて、宝塚記念の予想をあげるの忘れてしまいました。
まぁ、予想してもハズレでしたけど。メイショウサムソンからでしたから。


第38回 旭川記念(帯広・3歳以上BG3)
◎フクイズミ
○ミサイルテンリュウ
▲タケタカラニシキ
△カネサブラック
△サダエリコ

今日のメインは重賞の旭川記念。昨年までは旭王冠賞。
レース発走は20時00分です。

今期初出走のフクイズミの末脚を期待して本命に。
チャンピオンカップで800kgを背負ってあの末脚でしたから。
あれからすっかりフクイズミのファンになりました。
相手はミサイルテンリュウ。アクシデントで急遽の乗り替わりがどう出るか。
軽い馬場で800kgを超えない斤量なら、そう簡単に止まることは無いと思うので、
障害を早く降りたいでしょうね。
怖いのはタケタカラニシキ。ここの所、ペースが速すぎて力を発揮していないだけに、
今日の重量ならペースも落ち着くと思われ、そうなると巻き返しそう。
カネサブラックは安定しているものの、今回は1頭だけプラス10kgのハンデ。
それなりには行くでしょうけど、最後に差されそうな予感。
あとは昨年の旭王冠賞の覇者サダエリコ。ここを目標にしているだけに、
最近の成績を度外視して押さえます。
ばんえい記念馬トモエパワーは軽い馬場に加え、斤量不足で今回も見送り。

<結果>
1着 ○ミサイルテンリュウ 760kg 安部憲二 2.11.0
2着 ◎フクイズミ 740kg 夏井功 2.13.1
3着 スーパークリントン 760kg 藤野俊一 2.19.9
(馬場水分3.6%)

ミサイルテンリュウが障害巧者の力を発揮しましたね。
あの速さで抜けられては、他の馬には太刀打ちできません。
フクイズミは久々の分とミサイルの早仕掛けであまり溜められなかった分、
第2障害で一度ヒザをついてしまいましたが、降りてからは流石の末脚。
スーパークリントンは力をつけてきましたね。藤野騎手とも合いそうですし。


banei-l.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

6/23の出来事

CA350025.jpg


6月23日土曜日。
この日は朝から網走市へ。
ファイターズのイースタンリーグを見に行きました。
内容は散々だったので、簡単に。

ファイターズの先発は金澤。
立ち上がりから決め球が無く、あっという間に3失点。
2番手の山本は凌いだものの、3番手の須永。
やはりヒットを打たれてから制球を乱して一人相撲。
満塁から走者一掃のタイムリーを浴びて、敗戦濃厚に。
さらに4番手清水も抑えきれず、合計で11失点と散々。
打線も楽天投手陣の前に決め手を欠いて、結果11対4と惨敗。
唯一沸いたのが、金子洋平の2ラン。バックスクリーンの遥か上、
軽く140mは超えていたと思います。さすがのパワーでした。
ちなみに私の目当は鵜久森の成長を確認することでしたけど、
この日もヒット2本を打ってましたし、確実に成長していますので、
とても安心しましたね。

その後。自宅に帰ってきてからが大変。
蛇口を捻っても水が出ない。
そう、この日の北見市は、浄水場に濁水が入ってしまい、
午前中から断水になっていました。
網走に行っている間に断水になっているとは...。
とりあえず食事を。とスーパーへ行ったものの、
弁当や惣菜、パンがすべて売り切れ。結局、冷食のチャーハンで済ませました。
そして今も断水は続いています。非常にストレスが溜まりますね。
早く普及してくれることを願っていますが、予定がどんどんずれ込んできていて、
はたしていつ復旧してくれることやら。

とりあえずこの責任に対して、責任者として市長には、
しかるべき謝罪はしてもらわないと、市民は納得しませんよ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ムーンライト特別

金太郎杯 ムーンライト特別(帯広・3歳以上700万円未満)
◎アローコマンダー
○タカラボーイ
▲ホクショウダイヤ
△ヤマノミント
△トカチタカラ

混戦模様のメンバーですが、アローコマンダーを本命に。
障害も安定してきていますし、山本騎手で大崩はなさそう。
相手はタカラボーイ。前走はさすがに人気しすぎたものの、
使われて今度こそといったところ。
ホクショウダイヤは3走前にアローコマンダーと接線を演じていて、
その後の4歳限定戦でも安定しています。
あとはここ2戦調子を落としているものの、
開幕当初はオープンで好走していたヤマノミント、
安定してきたトカチタカラを押さえて。

<結果>
1着 ▲ホクショウダイヤ 690kg 坂本東一 1.52.6
2着 ハマナカキング 700kg 大河原和雄 1.56.1
3着 ◎アローコマンダー 山本正彦 2.00.4
(馬場水分4.2%)

先に降りてしまえば、ホクショウダイヤは止まりませんね。
馬場も味方しました。いつもこういう障害を見せてくれれば。

banei-l.jpg


ハイチュウが液体に

CA350024.jpg


どんなもんかと飲んでみました。

やっぱりハイチュウでした。

テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

6/14 ホクレンディスタンスチャレンジ




先週の木曜日、6月14日。
ホクレンディスタンスチャレンジ北見大会を観戦。

この日は前日までの暑さも無く、
20度前後と、まずまず走りやすい気温でしたが、
ちょっと風が気になりましたね。

実はこの競技場の中に足を踏み入れたのが、約10年振りの事。
ジョギング中に、競技場の前はよく通りますけど、中には入りませんからね。
まぁ、それでも高校3年間は、練習のほとんどをここで過ごしましたから、
トラックがオールウェザーになったくらいで、あとは懐かしい風景でした。
私にとっては、いろいろな思い出が詰まった競技場ですよ。

この日の注目は、男子1500m。日本記録保持者のNTNの小林史和選手と、
今年注目株の山陽特殊製鋼の渡辺和也選手の走り。

さすがに日本選手権前なので、タイムは期待していませんでしたが、
それでも小林選手が3分40秒76。渡辺選手が3分41秒07。
小林選手は、インタビューでも反省しきりでしたけど、
おそらく北見の子供たちは、
目の前で3分40秒と言うトップレベルを見たのは初めてだったのではないでしょうか。
渡辺選手は、この日もパーソナルベストを更新。どんどん伸びてますね。
この先、どこまで小林選手に迫れるか、楽しみな一人です。

あとは、瀬古さんが、現役時代に北見で合宿をしていたことを知ってびっくり。
途中で挨拶に立ち、かなり熱のこもったスピーチをしていらっしゃいました。

テーマ : 陸上競技全般
ジャンル : スポーツ

2007 J2リーグ 第22節 vs徳島戦

2007 J2リーグ 第22節(札幌厚別公園競技場・入場者数8103人)

札幌 1 - 1 徳島
(0-0、1-1)

得点
55分 24小山拓土(徳島)
59分 10ダヴィ(札幌)

選手交代
42分 25藤田征也→8砂川誠(札幌)
64分 29西谷正也→21金子勇樹(札幌)
71分 32塩川岳人→29麦田和志(徳島)
71分 9石井謙伍→11相川進也(札幌)
74分 24小山拓土→10クレベルソン(徳島)
78分 2河野淳吾→16挽地祐哉(徳島)

警告
20分 29西谷正也(札幌)
41分 9石井謙伍(札幌)
76分 28高橋健史(徳島)

札幌スターティングメンバー
GK 28高木貴弘
DF 5池内友彦、15ブルーノクアドロス、6西嶋弘之、17カウエ
MF 25藤田征也、18芳賀博信、16大塚真司、29西谷正也
FW 10ダヴィ、9石井謙伍
リザーブ
GK 26佐藤優也
DF 30吉瀬広志
MF 21金子勇樹、8砂川誠
FW 11相川進也

徳島スターティングメンバー
GK 30鈴木正人
DF 4青葉幸洋、2河野淳吾、6西河翔吾、5塩川岳人
MF 8ダシルバ、17丹羽大輝、13金尚佑、9高橋健史、24小山拓土
FW 18羽地登志晃
リザーブ
GK 21島津虎史
MF 16挽地祐哉、19岡本竜之介
FW 10クレベルソン、29麦田和志

主審:佐藤隆治

試合データ(札幌オフィシャル)

三浦俊也監督コメント(J's GOAL)
「徳島は引き分けの多いチームだったのだが、前半終わっての印象では、やはりそれがわかるチームだなと思った。前節を0-4で負けているし、守備的なメンバーも増やしてきたし、ディフェンスラインは高さもあるし強いなという印象を持った。
ゲーム全体の流れでいうと中2日で3試合目なので、徳島にしてもウチにしても、見ている人はわかると思うが、ゲームのクオリティ自体は時間とともに悪くなっていったと思う。それはもうある程度予想通りだった。中3日であればまだ回復できると思うが、前節は退場者も出てそこからハードワークもしましたし、そういうのがあったと思う。ただその中ではチャンスは作れたが、なかなか決めきれずというゲームで、ラッキーな1点ではあったが、内容的なところでいうと引き分けは妥当なゲームだったと思う」

ちょっと攻撃の迫力が無かったですね。
あまり仕掛けてこない徳島とも、フィットしなかった感じです。
引き分けは妥当な結果ですね。むしろ負けなくて良かった。
本来なら負けでしたけど、徳島のキーパーありがとう。
あんなプレー、見たことないよ。

しかし、下位相手に2戦連続で苦戦。
やはりそう簡単には行かないですよ。先は長いです。


第22節 他会場の結果
京都 5 - 1 仙台
福岡 2 - 0 草津
湘南 4 - 1 鳥栖
水戸 3 - 0 愛媛
C大阪 1 - 0 山形

順位表
1位 札幌(46) 14勝4分3敗 得失点差+16
2位 仙台(35) 10勝5分6敗 得失点差+10
3位 京都(35) 10勝5分5敗 得失点差+8
4位 湘南(33) 10勝3分7敗 得失点差+13
5位 福岡(30) 9勝3分8敗 得失点差+8
6位 山形(30) 8勝6分6敗 得失点差+4
7位 東京V(30) 9勝3分8敗 得失点差+2
8位 鳥栖(30) 9勝3分9敗 得失点差-9
9位 C大阪(27) 8勝3分9敗 得失点差+2
10位 草津(22) 5勝7分8敗 得失点差-10
11位 徳島(19) 3勝10分8敗 得失点差-8
12位 愛媛(17) 5勝2分13敗 得失点差-17
13位 水戸(13) 3勝4分13敗 得失点差-19

黒ユリ賞

第33回 黒ユリ賞(帯広・3歳牝馬BG3)
◎エリザベスライデン
○プリンセスモモ
▲ペガサスプリティー
△ミスダイヤ
△アグリタカラ

ナイター開催になって、ゆっくり予想もできるし、
馬券も買えるし、とても良いですね。

今日もメインは、黒ユリ賞。
昨年度までは2歳牝馬チャンピオン決定戦として2月に行ってましたけど、
今シーズンからは、3歳牝馬三冠の第一戦目に。

2月の時は、ニシキガールが620kgで、他の馬が610kg。
このときはハンデをものともせず、ニシキガールが勝ちましたが、
今回はニシキガールが630kg。プリンセスモモが620kg。
その他の馬が600kgとハンデが大きくなったのが難しくなったところです。

本命はエリザベスライデン。
今シーズンに入って2勝を挙げている点を見ても順調そのもの。
力上位のニシキガールとプリンセスモモとのハンデ差を考えると、
今回の斤量なら十分勝ち負けできるはず。
相手はプリンセスモモ。前走のとかちダービーでは、
牡馬に混ざって3着と好走。
下とのハンデ20kg差は厳しいものの、ギリギリ克服可能だと思います。
以下、600kgの中でペガサスプリティー、ミスダイヤ、アグリタカラまで。
ニシキガールは最近のレースを見ても、今回の30kg差はかなり厳しいでしょう。

banei-l.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

じゃらんカップ

じゃらんカップ(帯広・3歳以上オープン)
◎エビスオウジャ
○ホシマツリ
▲スーパーロイヤル
△ホクトキング
△トカチプリティー

今日からナイターですよ、ナイター。
どんな演出があるか、今から楽しみです。
30本の樹木型イルミネーションがコースを彩って綺麗だと思います。
競馬場に行けない方も、スカパーやインターネット中継でご覧になってください。

初ナイターの記念すべき最初のメインは、じゃらんカップ。
このメンバーなら、エビスオウジャとホシマツリの一騎打ちでしょう。
一応、エビスオウジャからの馬単で。保険としてホシマツリ→エビスオウジャも。

banei-l.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

今年のPOG指名馬紹介

今年も競馬自治共和国さんのPOGに参加しました。
初参戦の2年前は、牡馬と牝馬の選択バランスが悪く、
しかも注目していたアドマイヤカリブとギーニョがパッとせず。
昨年は、結果的には情報不足で大型馬を選んだり、脚元の弱い馬を選んでだりで、
順調さを欠いてしまってます。いまだにデビュー出来ない馬もいますし。

その辺を反省しつつ、今回も選んでみました。
あまり超良血馬思考ではないので、他の方と被る事は少なかったですが、
それでも下位の6位と7位で2頭重複があり抽選になりました。
結果1勝1敗で、20頭中11頭目までの10頭で決まりました。得点でいうと95点。

では、順に紹介。

1位 ハイアベレージ(牡・母フサイチユーキャン、父シンボリクリスエス 栗東・安田隆)
 まずは大物感があるクラシック候補を。それから過去2年の反省を踏まえて、
 バネの有りそうな差して来そうな馬という事で、
 新種牡馬シンボリクリスエスというリスクは承知の上、
 1位指名で行きました。ドラフトとしてはしっかり指名できて作戦勝ち。
 クラシック戦線に乗っかってほしいです。

2位 アグネスエナジー(牡・母タックスヘイブン、父アグネスタキオン 美浦・河野)
 あまり使わない河野厩舎という事で迷ったんですが、
 安定して活躍馬を出す母の産駒という事と、他の方との重複を考えて上位指名に。
 アグネスタキオンなので、比較的早い段階では使ってきそう。
 昨年の全姉ルミナスハーバーが活躍したので、この馬にも期待です。

3位 アイルビーバウンド(牝・母バウンドトゥダンス、父タニノギムレット 美浦・勢司)
 ウオッカの活躍で注目度が上がったタニノギムレット産駒の牝馬から。
 母父がノーザンダンサーとの組み合わせが合いそうで選んだ1頭。
 姉はオークス馬シルクプリマドンナ。当然、そのくらいは期待したいです。

4位 オディール(牝・母キュンティア、父クロフネ 栗東・橋口)
 母は阪神JF2着馬。即戦力候補。
 開幕週から使うので、いきなり楽しみ。
 順調に勝ち上がって小倉戦という青写真。

5位 アグネスクリスタル(牡・母Shawklit Mint、父Seeking the Gold 栗東・森)
 ここで1頭、外国産馬をチョイス。
 森厩舎で、父がSeeking the Gold。ある程度計算出来そうな1頭。
 スピードもありそうで、仕上がりもほぼ順調。早いうちから使えそう。

6位 ハッピープレゼント(牝・母ハッピーリクエスト、父アグネスタキオン 栗東・音無)
 母はターコイズS勝ち馬。アグネスタキオン産駒の牝馬の中で、
 大物の多い母父トニービンという事で、この馬をチョイス。
 ドラフトでは抽選になったものの、運よく獲れました。その分思い入れも強くなりそう。

7位 シャコージュノーの2005(牝・母シャコージュノー、父スペシャルウィーク 美浦・小島茂)
 ここで注目している厩舎から、美浦の小島茂之厩舎を。
 その中で、母父ノーザンテーストのこの馬を。
 ほとんどノーマークなので、ひそかに期待している1頭。
 (本来なら、7位はアドマイヤテキサスを指名していたものの、抽選負け。)

8位 マイネルデスティノ(牡・母キスメットマイン、父レギャラーメンバー 栗東・服部)
 大穴候補。マイネル軍団で、父がなんとレギュラーメンバー。
 母父もフジキセキで、血統背景を見てもダートで走りそう。
 マイネル軍団は、こういった地味な血統でこそ活躍馬が出そうな予感。

9位 マイネルアベニール(牡・母マイネカトリーヌ、父ブライアンズタイム 美浦・畠山吉)
 半兄は共同通信杯勝ちのマイネルデュプレ。
 母父がトニービンなので、やはり左回りに期待したい。
 父がブライアンズタイムに代わった事で、兄よりは上を期待。

10位 カラーチャージ(牡・母ブラッシングストーム、父ブライアンズタイム 美浦・萩原)
 叔母にオークス馬チョウカイキャロル、全兄にチョウカイロイヤル。
 厩舎でも期待している1頭で、夏には使えそうとの事。
 芝で期待したいが、上はダート馬。この馬はどう出るか。


目標は、まずは全馬出走、全馬勝ちあがり。
その中から今年こそ重賞を勝ってくれる馬が出てくれる事を祈りつつ。

テーマ : POG
ジャンル : ギャンブル

2007 J2リーグ 第21節 vs愛媛戦

2007 J2リーグ 第21節(愛媛県総合運動公園陸上競技場・入場者数2079人)

愛媛 2 - 1 札幌
(1-0、1-1)

得点
38分 16赤井秀一(愛媛)
86分 27青野大介(愛媛)
86分 11相川進也(札幌)

選手交代
45分 9石井謙伍→17カウエ(札幌)
60分 25藤田征也→8砂川誠(札幌)
76分 18江後賢一→26内村圭宏(愛媛)
79分 29西谷正也→11相川進也(札幌)
83分 16赤井秀一→17大山俊輔(愛媛)
88分 14藤井貴→25持留新作(愛媛)

警告
17分 3西澤淳二(札幌)
37分 3西澤淳二(札幌)
37分 4曽田雄志(札幌)
40分 18芳賀博信(札幌)
44分 18江後賢一(愛媛)
49分 16大塚真司(札幌)
64分 15ブルーノクアドロス(札幌)
65分 13中山元気(札幌)
81分 4曽田雄志(札幌)

退場
37分 3西澤淳二(札幌)
81分 4曽田雄志(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 28高木貴弘
DF 3西澤淳二、4曽田雄志、15ブルーノクアドロス、6西嶋弘之
MF 25藤田征也、18芳賀博信、16大塚真司、29西谷正也
FW 9石井謙伍、13中山元気
リザーブ
GK 26佐藤優也
DF 5池内友彦
MF 17カウエ、8砂川誠
FW 11相川進也

愛媛スターティングメンバー
GK 21佐藤昭大
DF 15森脇良太、3近藤徹志、10金守智哉、5星野真悟
MF 6井上秀人、27青野大介、16赤井秀一、18江後賢一
FW 11田中俊也、14藤井貴
リザーブ
GK 1羽田敬介
DF 2松下幸平
MF 17大山俊輔、25持留新作、26内村圭宏

主審:唐紙学志

試合データ(札幌オフィシャル)

三浦俊也監督コメント(J's GOAL)
「今日は特にありません。質問もなしでお願いします」

監督のコメントに同上。
唐紙は愛媛戦で笛を吹かないでくれ。
愛媛対水戸戦しかり、愛媛対京都戦しかり。カード偏りすぎだろ。

審判も出場停止にした方が良いのでは。資格剥奪の方が合ってるか。
審判の資格を与えるレベルじゃないよ。

このままズルズル行かないように、気持ちを切り替えるしかないですね。

第21節 他会場の結果
鳥栖 2 - 0 京都
徳島 0 - 4 C大阪
草津 0 - 0 東京V
山形 1 - 2 水戸
仙台 1 - 0 福岡

順位表
1位 札幌(45) 14勝3分3敗 得失点差+16
2位 仙台(35) 10勝5分5敗 得失点差+14
3位 京都(32) 9勝5分5敗 得失点差+4
4位 湘南(30) 9勝3分7敗 得失点差+10
5位 山形(30) 8勝6分5敗 得失点差+5
6位 東京V(30) 9勝3分8敗 得失点差+2
7位 鳥栖(30) 9勝3分8敗 得失点差-6
8位 福岡(27) 8勝3分8敗 得失点差+6
9位 C大阪(24) 7勝3分9敗 得失点差+1
10位 草津(22) 5勝7分7敗 得失点差-8
11位 徳島(18) 3勝9分8敗 得失点差-8
12位 愛媛(17) 5勝2分12敗 得失点差-14
13位 水戸(10) 2勝4分13敗 得失点差-22

キューカンバー

急に暑くなりましたねぇ。
30℃超えると、道民には厳しい...。

噂のドリンク、「ペプシアイスキューカンバー」を試飲。
だって、あれですよ。キュウリ風味。
でも、冷静に考えると、今までキュウリ味の飲み物なんてあるわけなかったわけですから、
正直、比較対象がないです。

色はきれいですね。エメラルドグリーンで、
売り場でも、かなり目立っていました。
で、味ですが、ほのかにキュウリっぽい匂いがしますね。
でも飲むと、なんだかメロンっぽいような感じです。
同じ瓜系だからかな?
でも、メロンソーダとは違いますね。
何だろう、何が近いかな?
そうそう、カキ氷のメロンシロップが一番近いかも。

ま、何本も飲もうという気にはなりませんけど、
今日みたいな暑い日には炭酸飲料は合いますね。

CA350021.jpg



テーマ : ドリンク
ジャンル : グルメ

2007 J2リーグ 第20節 vs鳥栖戦

2007 J2リーグ 第20節(鳥栖スタジアム・入場者数9617人)

鳥栖 0 - 1 札幌
(0-0、0-1)

得点
46分 25藤田征也(札幌)

選手交代
45分 18廣瀬浩二→19山城純也(鳥栖)
51分 6村主博正→7山口貴之(鳥栖)
61分 17カウエ→16大塚真司(札幌)
71分 29西谷正也→8砂川誠(札幌)
77分 26長谷川豊喜→36谷口堅三(鳥栖)
82分 9石井謙伍→5池内友彦(札幌)

警告
0分 3西澤淳二(札幌)
21分 13中山元気(札幌)
25分 6村主博正(鳥栖)
25分 17カウエ(札幌)
43分 15ブルーノクアドロス(札幌)
85分 5池内友彦(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 28高木貴弘
DF 3西澤淳二、4曽田雄志、15ブルーノクアドロス、6西嶋弘之
MF 25藤田征也、18芳賀博信、17カウエ、29西谷正也
FW 9石井謙伍、13中山元気
リザーブ
GK 26佐藤優也
DF 5池内友彦
MF 16大塚真司、8砂川誠
FW 11相川進也

鳥栖スターティングメンバー
GK 12赤星拓
DF 29日高拓磨、5飯尾和也、4吉田恵、26長谷川豊喜
MF 16高地系治、6村主博正、14高橋義希、18廣瀬浩二
FW 25藤田祥史、30レオナルド
リザーブ
GK 11浅井俊光
MF 7山口貴之、19山城純也、10宮原裕司
FW 36谷口堅三

主審:勝又光司

試合データ(札幌オフィシャル)

三浦俊也監督コメント(J's GOAL)
「サポーターの皆さんに感謝します。
第二クールだけを見れば一位と二位対決だったので厳しいゲームになると思っていた。第一戦と比べればスタートメンバーが七名くらい変わったので勝てるチーム作りが進んでいると思った。前半は予想通り厳しかった。守備に関しては決定的なのはなかったが主導権は鳥栖が握っていた。この暑さ、相手が強いこともあり後半メンバーを変えずに様子を見た。最後、チーム全体がよく耐えたと感じる」

良く耐えてくれました。
7連勝というと、14連勝した2000年以来ですね。
そんなに上手くは続かないとは思いますけど、
浮かれないで、気を引き締めて戦い続けてくれれば。
失点しないで僅差で勝てているのには頼もしく感じますよ。

第20節 他会場の結果
東京V 2 - 1 仙台
京都 3 - 0 山形
湘南 2 - 0 水戸
C大阪 2 - 0 福岡
徳島 0 - 0 草津

順位表
1位 札幌(45) 14勝3分2敗 得失点差+17
2位 仙台(32) 9勝5分5敗 得失点差+13
3位 京都(32) 9勝5分4敗 得失点差+6
4位 湘南(30) 9勝3分7敗 得失点差+10
5位 山形(30) 8勝6分4敗 得失点差+6
6位 東京V(29) 9勝2分8敗 得失点差+2
7位 福岡(27) 8勝3分7敗 得失点差+7
8位 鳥栖(27) 8勝3分8敗 得失点差-8
9位 C大阪(21) 6勝3分9敗 得失点差-3
10位 草津(21) 5勝6分7敗 得失点差-8
11位 徳島(18) 3勝9分7敗 得失点差-4
12位 愛媛(14) 4勝2分12敗 得失点差-15
13位 水戸(7) 1勝4分13敗 得失点差-23

とかちダービー

第1回 とかちダービー(帯広・3歳オープン)
◎ミサキスペシャル
○アアモンドヤワラ
▲マルニゼウス
△パンチテンリュウ
△シンエイファイト

昨日は岩手ダービーをさりげなく買ったんですが、
3連単を当てたものの、配当が740円...。
3連単でこんなに低いとは。

こちらはダービーと言っても重賞ではありません。
イレネー記念を勝ったカネサリュウが670kgと厳しいハンデ。
シベチャタイガーで640kg。これも厳しそうなので、
610kg?620kgの軽ハンデ組の出番になりそう。
その中で本命はミサキスペシャル。
前走の敗因は障害とはっきりしているので、
そこは修正してきたはず。
馬場も重くなり、この馬向き。

<結果>
1着 ▲マルニゼウス 620kg 大河原和雄 2.04.6
2着 ○アアモンドヤワラ 610kg 尾ヶ瀬馨 2.11.2
3着 プリンセスモモ 600kg 藤野俊一 2.11.3
---------------------------------------------------
4着 ◎ミサキスペシャル 610kg 鈴木勝堤 2.13.4

ミサキスペシャルは、障害の掛かりが悪かったですね。
まだ完全には修正しきれていなかった感じです。
マルニゼウスは降りてからが力強かったです。

banei-l.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

シルバーカップ

太平洋興発賞シルバーカップ(帯広・3歳以上オープン)
◎カネサブラック
○ホシマツリ
▲ミサイルテンリュウ
△エビスオウジャ

前走は馬場が軽かった分と5kg差でホシマツリに差されて3着だったカネサブラック。
今回も斤量は同じですが、馬場が重くなっている分で上昇でしょう。
相手は重馬場を克服した上がり馬ホシマツリ、
720kgなら、そんなに止まらないと思われるミサイルテンリュウ、
乗り替わりはマイナスなものの、状態は良いエビスオウジャ。

<結果>
1着 スーパークリントン 720kg 藤野俊一 2.13.2
2着 ◎カネサブラック 725kg 鈴木勝堤 2.13.6
3着 △エビスオウジャ 720kg 夏井功 2.14.5

いくら重馬場得意とはいえ、スーパークリントンでは力不足だと思っていましたが、
第2障害を先に降りると、そのまま止まらずに逃げ切られてしまいました。
そして、配当は馬複でも万馬券です。

banei-l.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

エプソムカップ

CBC賞の予想はお休みします。
考えても長難解で全くまとまらなかったのもあるんですけどね。

第24回 エプソムカップ(東京芝1800m・3歳以上G3)
◎ブライトトゥモロー
○サイレントプライド
▲サンバレンティン
△エイシンデピュティ
△ホッコーソレソレー
☆ダンスインザモア

前走、新潟大賞典を制したブライトトゥモローの連勝に期待。
雨が降っても問題ないはずですし、
左回り3戦全勝。母父トニービンという事で。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

グリーンパーク特別

グリーンパーク特別(帯広・3歳以上700万円未満)
◎ヤマノミント
○アローコマンダー
▲タカラボーイ
△トカチタカラ

ここはあえてギャンブラークインを切って勝負。
本命はヤマノミント。ここ2戦は軽馬場で連を外していますけど、
エビスオウジャやホシマツリと善戦してきている力を出せれば、
ここでは上位だと思います。

<結果>
1着 ○アローコマンダー 700kg 山本正彦 2.26.8
2着 ヨコハマイサム 700kg 鈴木勝堤 2.30.9
3着 ▲タカラボーイ 710kg 安部憲二 2.31.5
---------------------------------------------------
8着 ◎ヤマノミント 710kg 細川弘則 2.47.9

うーん、ヤマノミントの負けっぷりは、ちょっと理解不能。

banei-l.jpg


テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

東京ハイジャンプ

最近、まったく気分が乗りません。
ブログもほったらかしでスイマセン。
今朝もジョギングしていても、なんか乗りきれない。
気分転換したいけど忙しい...。
明日は網走に陸上を見に行く予定でしたけど、
体調が思わしくないのでキャンセル濃厚。
ま、網走は再来週の日ハム2軍戦に行くので良いですけど。
陸上も来週の木曜日に北見市に来るので、こちらで気分転換します。

第9回 東京ハイジャンプ(東京障害・芝3300m・3歳以上J・G2)
◎コウエイトライ
○メルシーエイタイム
▲フミノトキメキ
△クールジョイ
☆ビジネスサイクル

コウエイトライを軸で。
このメンバーでは実績の一番ですし、重賞でも安定した力を発揮しています。
昨年秋の東京オータムジャンプの再現に期待しましょう。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

十勝岳特別

十勝岳特別(帯広・3歳以上430万円未満)
◎キョクシンオー
○タケトップクイン
▲ストロングペガサス
△ワカテンザン

ここはキョクシンオー本命。
現在3連勝中。前走も強かったし、馬場は重くなっても問題なし。

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

2007 J2リーグ 第19節 vs京都戦

2007 J2リーグ 第19節(札幌厚別公園競技場・入場者数7445人)

札幌 2 - 0 京都
(1-0、1-0)

得点
37分 13中山元気(札幌)
62分 15ブルーノクアドロス(札幌)

選手交代
52分 25西野泰正→16斉藤大介(京都)
55分 22渡邉大剛→27加藤大志(京都)
65分 22川崎健太郎→20上里一将(札幌)
81分 13中山元気→9石井謙伍(札幌)
83分 13三上卓哉→15中山博貴(京都)

警告
20分 10ダヴィ(札幌)
26分 22川崎健太郎(札幌)
59分 6西嶋弘之(札幌)
80分 20上里一将(札幌)

札幌スターティングメンバー
GK 26佐藤優也
DF 3西澤淳二、4曽田雄志、15ブルーノクアドロス、6西嶋弘之
MF 8砂川誠、18芳賀博信、16大塚真司、22川崎健太郎
FW 13中山元気、10ダヴィ
リザーブ
GK 1林卓人
DF 5池内友彦
MF 21金子勇樹、20上里一将
FW 9石井謙伍

京都スターティングメンバー
GK 1平井直人
DF 34平島崇、35角田誠、3チアゴ、13三上卓哉
MF 17石井俊也、22渡邊大剛、20倉貫一毅、7徳重隆明
FW 10パウリーニョ、25西野泰正
リザーブ
GK 33上野秀章
DF 5手島和希
MF 16斉藤大介、15中山博貴
FW 27加藤大志

主審:田辺宏司

試合データ(札幌オフィシャル)

三浦俊也監督コメント(J's GOAL)
「風下を取ったということだったので、ラインをある程度高く設定してプレッシャーをかけるようなやり方をしたいと思って臨んだ。なかなかボールが飛ばないしコンビネーションのサッカーができないので、前のスペースを狙ってセカンドボールを拾うサッカーをしたかったが、実際問題はなかなかうまくいかなかった。前の4人が良さを出せず、という形で前半が流れていった。京都が2本くらい決定機があったなかでそれが入らず、こちらが2本くらいあった決定機のひとつを決めたというような前半だったと思う。後半に関しては1点リードしていたが、決して内容が勝っていたわけではなくて、そういう意味では今度は風上なのでボールをコントロールしてという話をした。1-0というのは有って無い点差なので、そういう中で後半は守備がやや改善されたかなという印象だったが、ボールのつながりという部分では、京都が負けているので攻めてくるため、難しいゲームになった」

ベストメンバーが組めない苦しい状況でも、
決して内容が良くなくても、勝てるのは力をつけてきた証拠ですね。
これで6連勝。とはいえ、まだまだです。
勝って兜の緒を締めよ。絶対に油断してはいけませんよ。

第19節 他会場の結果
東京V 0 - 1 愛媛
山形 1 - 1 草津
福岡 2 - 1 徳島
仙台 2 - 1 湘南
水戸 0 - 1 鳥栖

順位表
1位 札幌(42) 13勝3分2敗 得失点差+16
2位 仙台(32) 9勝5分4敗 得失点差+14
3位 山形(30) 8勝6分3敗 得失点差+9
4位 京都(29) 8勝5分4敗 得失点差+3
5位 福岡(27) 8勝3分6敗 得失点差+9
6位 湘南(27) 8勝3分7敗 得失点差+8
7位 鳥栖(27) 8勝3分7敗 得失点差-7
8位 東京V(26) 8勝2分8敗 得失点差+1
9位 草津(20) 5勝5分7敗 得失点差-8
10位 C大阪(18) 5勝3分9敗 得失点差-5
11位 徳島(17) 3勝8分7敗 得失点差-4
12位 愛媛(14) 4勝2分12敗 得失点差-15
13位 水戸(7) 1勝4分12敗 得失点差-21

柏林賞

第1回 柏林賞(帯広・4歳BG3)
◎マルミシュンキ
○ナカゼンスピード
▲ホクショウダイヤ
△テンカ

今日は4歳の新設重賞、柏林賞です。
15戦14勝のマルミシュンキの今季初戦。
同世代なら当然勝ち負け。久々も関係ないでしょう。
相手は前走取り消しだったナカゼンスピード。
叩けなかった分は、実績でカバーしてもらいましょう。
当然、ここを目標にしてきたホクショウダイヤは、
定量戦の今回はマルミシュンキを降す可能性は十分。
4歳戦では今季2勝しているテンカも押さえて。

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

安田記念

第57回 安田記念(東京芝1600m・3歳以上G1)
◎ジョイフルウィナー
○スズカフェニックス
▲ダイワメジャー
△エアシェイディ
△ディアデラノビア
☆ジョリーダンス

悩んでも当たらないのに、やっぱり悩みますな。
香港馬のレベルは高いでしょう。
しかし、情報不足で脚質が掴めません。
ジョイフルウィナーは昨年見た感じでは、強烈な末脚を持っている印象。
今週は差しが届く馬場なので、その面ではプラス。
前も速くなりそうなので、外から一気に飛んできそう。
相手はスズカフェニックス。この馬の末脚も強烈。
一応ダイワメジャーは押さえ、東京得意のエアシェイディ、
今度こそ強烈な末脚を披露してほしいディアデラノビア。
大外のジョリーダンスが嵌れば、牡馬相手でもまとめて差し切るかも。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

士幌高原特別

士幌高原特別(帯広・3歳以上500万円未満)
◎コマタイショウ
○イナノプリンセス
▲バンゼン
△カゲシュウホー

士幌高原特別って、ついこの前にやったような気が。
と思って検索したら、3月23日でした。

有力の1頭、ハヤテショウリキが出走取り消しで、
もう1頭の有力馬コマタイショウの連勝が見えてきた感じです。
相手はイナノプリンセス、バンゼン、カゲシュウホー。

テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

ユニコーンS

第12回 ユニコーンステークス(東京ダート1600m・3歳Jpn3)
◎フェラーリピサ
○ロングプライド
▲シャドウストライプ
△ドラゴンファイヤー
☆エスケーカントリー

POGの馬選びで、予想が疎かになりそうです。
本命はフェラーリピサ。前走の交流競争、兵庫CCは出遅れての圧勝。
ダートは相当強いですが、今日の相手でどこまで戦えるか楽しみです。
相手はロングプライド。これも強いですね。
シャドウストライプはダートに戻ってチャンスです。
コース相性でドラゴンファイヤー。
穴としてはエスケーカントリーあたりが面白そう。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク