FC2ブログ

第5回柏林賞予想


旭川記念、カネサブラックは強かったですね。
馬券的は▲-◎で的中ですけど、トリガミです。
個人的に残念だったのは、
ニシキダイジンが第2障害のすぐ手前で刻んだ事。
あの刻みがなかったらどうだったかなぁ。
あとは、昨年のようにもう少し大逃げをしてほしかった。

2000円x2.5倍ですから、今回は-1000円。
重賞2戦終了で現在+28400円。

今回は皆さん当たったみたいですが、
プラスになったのは須田さんのみ。
やはり馬複2.5倍では厳しいですね。
ここまでの集計は、
斎藤修さんが+23500円、須田鷹雄さんが-3250円、
矢野吉彦さんと山崎エリカさんが-8250円となっております。

今回は4歳馬限定の柏林賞。
4歳3冠戦の第1戦です。別定戦なので、ハンデ差が鍵を握ります。
では出走馬の紹介。
順番に、出走馬(性別馬齢)、負担重量、騎手(当該馬成績)です。


第5回 柏林賞(4歳BG3)

1枠1番 アサギリセンショー(牡4) 680kg 安部憲二(1-1-1-11)
2枠2番 トレジャーハンター(牡4) 710kg 鈴木恵介(16-7-5-17)
3枠3番 ツジノコウフクヒメ(牝4) 660kg 藤野俊一(0-0-0-0)
4枠4番 アウルメンバー(牡4) 690kg 藤本匠(5-0-1-20)
5枠5番 レットダイヤ(牡4) 690kg 大口泰史(1-2-2-9)
6枠6番 ミスタートカチ(牡4) 700kg 松田道明(12-12-11-22)
7枠7番 ハクバオウジ(牡4) 680kg 西謙一(7-3-4-12)
7枠8番 カネサエイショー(牡4) 680kg 阿部武臣(4-7-7-8)
8枠9番 ファーストスター(牡4) 680kg 尾ヶ瀬馨(0-0-1-3)
8枠10番 テンマデトドケ(牡4) 720kg 大河原和雄(11-5-5-11)


ちなみに過去4年の優勝馬(2着馬)は、
第1回 マルミシュンキ(ホクショウダイヤ)
第2回 ホッカイヒカル(プリンセスモモ)
第3回 ライデンロック(ウメノタイショウ)
第4回 ジャングルソング(コマクイン)


第1回は定量戦でしたが、第2回からは別定戦。
別定戦になってからはハンデが難しくなっていますね。
トップハンデで勝ったのはライデンロック。
しかしこの時は雨で馬場水分8.6%の超高速馬場でしたから、
実質ハンデはなかったような状態。
昨年は720kgのキタノタイショウが敗れていますし、
今年も斤量の軽い馬を重視してみたいですね。


印は、
◎ファーストスター
○レットダイヤ
▲ミスタートカチ
△トレジャーハンター
△ツジノコウフクヒメ
△ハクバオウジ

680kg組から本命をファーストスターに。
この馬はテンが遅いだけに、
平場の斤量よりは今回の斤量のほうが良いでしょう。
障害はひと腰でしっかりまとめていますし、
後半はバテないのが強み。
今日、波乱があるならこの馬かなと思います。

相手筆頭はレットダイヤ。
どうしても終いが甘くなってしまいますけど、
障害のかかりは良い状態で来ています。
おそらく今日は隣のミスタートカチと並走する形になるはず。
この2頭で競り合っていけば、粘りに期待できます。
人気になりそうなトレジャーハンターですが、
710kgでも障害はひと腰で切ってくるでしょう。
ただ、他馬とのハンデが後半の伸びにどう影響するかですね。
この条件で勝つようなら、3冠にグッと近づくでしょう。
あとは好調のツジノコウフクヒメ。
この馬も終いは甘いですが、障害はひと腰で切れますし、
他馬が手こずるようなら、粘りこみも。
それからハクバオウジ。前走は不完全燃焼な内容でしたが、
今期3勝の勢いと主戦の西謙一騎手へ戻るのはプラスでしょう。

今日は穴目なので買い目も手広く、
馬複5-9 2000円、馬複2、3、6、7-9 各1000円で。



スポンサーサイト



テーマ : ばんえい競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク