FC2ブログ

2006プロ野球 プレーオフ第2S第2戦 vsホークス戦

2006プロ野球 パ・リーグプレーオフ第2ステージ第2戦(札幌ドーム・入場者数42380人)

福岡ソフトバンク 000 000 000 - 0
北海道日本ハム 000 000 001x - 1
(○○○北海道日本ハム - ●●福岡ソフトバンク)
(日本ハムが25年ぶり3度目の優勝)

勝利投手 八木
敗戦投手 斉藤和

ソフトバンクバッテリー 斉藤和-的場
日本ハムバッテリー 八木-鶴岡

北海道日本ハム 打者成績
(左)森本稀哲 3-0 四球1
(二)田中賢介 3-2 犠打1
(一)小笠原道大 3-0 四球1
(指)セギノール 4-0
(右)稲葉篤紀 4-1 打点1
(中)SHINJO 3-0
(三)稲田直人 3-1
(捕)鶴岡慎也 3-0
(遊)金子誠 3-1
---------------------------------------------------
合計 29-5 打点1 四死球2 犠打1

北海道日本ハム 投手成績
 八木智哉 9回 打者29人 被安打3 奪三振4 与四死球1


CA250619.jpg


遂にこの瞬間が来ましたね。

一夜明けて、冷静に振り返ると、
守り勝ちの感が大きいです。
田中賢介、森本、鶴岡、金子、稲田...と挙げたらキリがない。
その雰囲気を作ったのは、あの大声援なんですよね。

9回表、森本のフォアボール。
斉藤和巳を狂わせたのは、あの大声援。
ここからはシーズン中やってきたいつもの野球をするだけ。
田中賢介がしっかりと送りバントを決め、小笠原が敬遠。
セギノールが倒れて2アウト1、2塁。
バッターはここまで当たりのない稲葉。

あのセカンドゴロ、下からのトスでなかったらアウトだったかもしれません。
何よりあの小笠原の激走。あれがトスの精度を狂わせた。
川崎はバランスを崩して、審判の判定を見ている。
この一瞬の間。森本は逃さなかった。
シーズン中も森本が2塁から一気にホームまで帰ってきた事ありましたよね。
まぁ、森本は何がなんだか分からなくて、稲葉が喜んでいるのを見て、
勝った事を確信したみたいですが。
それだけ必死だったという事でしょう。
あのワンプレー、体が勝手に反応していたんだと思います。

しかし、八木は凄いですね。よく来てくれましたよ。

さて、相手は中日です。何となく似ているチーム。
3番が福留と小笠原とか、投手力とか。
センターラインもしっかりしているし。
良い試合が出来そうですね。
でも、新庄を最高の形で送り出すために、ここまで来たら日本一ですよ。
金村にも、汚名返上の場面が回ってきましたし、
チーム一丸となって、いつも通りの野球をするだけですよ。

スポンサーサイト



テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク