FC2ブログ

2006プロ野球 日本シリーズ第4戦 vsドラゴンズ

2006プロ野球 日本シリーズ第4戦(札幌ドーム・入場者数41835人)

中日 000 000 000 - 0
北海道日本ハム 001 020 00x - 3
(●○○○北海道日本ハム - ○●●●中日)

勝利投手 金村 1勝
敗戦投手 中田 1敗
セーブ MICHEAL 2S

中日バッテリー 中田、石井、鈴木、久本、吉見-谷繁
日本ハムバッテリー 金村、トーマス、建山、岡島、MICHEAL-高橋、中嶋、鶴岡

北海道日本ハム 打者成績
(左中)森本稀哲 3-2 四球2
(二)田中賢介 4-1 打点1 犠打1
(一)小笠原道大 2-1 四死球2
(指)セギノール 2-0 四死球2
(右)稲葉篤紀 4-1 打点2
(中)SHINJO 4-2
捕 鶴岡慎也 0-0
(三)稲田直人 1-0 犠打1
打 マシーアス 1-0
走三 飯山裕志 1-0
(捕)高橋信二 3-0
捕 中嶋聡 0-0 死球1
走左 紺田敏正 0-0
(遊)金子誠 4-1
---------------------------------------------------
合計 29-8 打点3 四死球7 犠打2

北海道日本ハム 投手成績
 金村暁 5回 打者21人 被安打5 奪三振2 与四死球2
 トーマス 1/3 打者3人 被安打1 与四死球1
 建山義紀 2/3回 打者5人 被安打1 奪三振1 与四死球2
 岡島秀樹 2回 打者7人 被安打0 奪三振2 与四死球1
 MICHEAL 1回 打者3人 被安打0 奪三振1


金村には勝ち以外許されなかったと思う。
それに見事応えてくれた。ありがとう。

5回、ピンチでヒルマン監督が自らマウンドへ行って、
金村に任せ、それに気持ちのこもった投球で応えた時、感動した。
福留への初球のインハイへのシュートが全てを物語っていた。
気持ちで負けない。そんな一球だった。

金村のためにチーム、ファンが一体になった。

その裏、ピンチの後にチャンスあり。
カメラが揺れる中、稲葉が貴重な2点タイムリー。

6回の大ピンチ。建山が良く抑えた。
井上の打球がライト線ギリギリを襲って、肝を冷やしたが、
最後はシンカーで三振。中日に運がないという記事が多いが、
微妙にタイミングがずれたからファールになっただけ。

拙攻というよりも、勝敗を分けている1、2番の機能の差。
この方が重大だと思う。特に荒木が流れを作れていない。
一方のファイターズは、森本が出れば6度帰ってきている。
その積み重ねが勝敗を分けていると思う。

このまま札幌で決めてしまいたい。
川上を倒して日本一になる。
川上攻略は容易い事ではないけど、プレーオフで斉藤和巳に勝ってきたチームだ。
出来ない事はないはず。
あとはダルビッシュが本来の投球をすれば、
おのずと3度目のビールかけが実現出来るでしょう。

いつも通り、楽しんでプレーし、ファンも楽しんで後押しするだけです。

スポンサーサイト



テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク