FC2ブログ

楽しみとドキドキと


本州ではロードレースの季節が始まりましたね。
一方の北海道では、今シーズンが終わろうとしてます。
そんな中、今週日曜日に久しぶりにレースに出場します。
29日。大空町(旧東藻琴村、女満別町)で行われる、
「もこと山ふきおろしマラソン」に、約1年2ヶ月ぶりにレース復帰します。
久々のハーフマラソン。やっぱり大会前は緊張しますね。
準備期間は2ヶ月しかなくて、目標は1時間40分を切れればというレベルですけど。
ちなみに1時間40分は北海道マラソンの旧基準タイムです。
今は基準が緩和されて、1時間50分になり、参加者が増大してしまいましたけど。

去年の北海道マラソン前に痛めたヒザの状態は、大丈夫だとは思うんですけど、
不安が拭いきれていない状態。
練習中もサポーターで保護してます。
先週、20kmを試走してみて、1時間40分は切れたので目標は達成出来そう。
でも、こればかりはレースを走ってみないと何が起きるか分かりません。
とりあえずの敵は、ヒザと寒さ。
恐らくスタート時の気温は4度くらいじゃないでしょうかね。
寒さ対策は重要になりそうです。

私にとってこれが北海道マラソンへの予選会のようなもの。
箱根駅伝の予選会とはレベルが全く違いますけど、しっかり走ってきます。
今の気持ちは、どんな走りが出来るのか楽しみと不安と両方ですね。


ところで箱根の予選会というと、近年導入されたインカレポイント。
あの制度って変ですよね。
7位?9位には、インカレでの総合成績をポイント化してタイムに反映させるというもの。
それだけでも疑問があるんですけど、これって、中長距離だけではなく、
短距離や投擲や跳躍も入るわけですよね。
これっておかしいと思うんですよ。駅伝と関係無いですし。

今年の予選会、当落線上にあったのは長距離主体の拓殖大学と、
投擲王国の国士舘大学。まぁ、長距離が弱いって程でもないですけど、
長距離だけみれば、拓殖大学の方が速い。
でも、主に投擲で稼いだインカレポイントがものをいって、
結果的に1秒差で国士舘大学が出場権を得たんですよね。
拓殖大の選手はかわいそうです。はっきり言って走る気力さえ失いかねません。
別に国士舘大の選手が悪いわけではないんです。
この制度自体が悪いと思います。早い段階で撤廃してほしいですね。

スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク