FC2ブログ

1%の希望

CA350008.jpg

26日の日曜日。
午後から北見競馬場へ。

7レースから9レースまでは予想だけ立てて馬券は見。
見事に全敗。やはり当たらない。
10レース。1番のシベチャタイガーが単勝1.1倍で鉄板だと思われたので、
馬単で購入。見事に散る。これだからばんえい競馬は難しい。
砂の水分量や枠でレース内容が大きく変わる。

メインレースは第27回北見記念(B・G1)。
買った馬券がこちら。
CA350010.jpg

前日に決めた通り、軸はアンローズ。
この馬、岩見沢記念で3連覇の偉業を成し遂げた名馬。
そこから昨年の覇者サダエリコと成長著しいトモエパワーへ馬複。

結果はこちら
1着 ◎アンローズ 840kg 藤本匠 2.42.2
2着 ▲トモエパワー 850kg 坂本東一 2.46.4
3着 ○サダエリコ 840kg 安部憲二 2.51.0

やっと当たりました。
CA350009.jpg

その時の写真です。
勝負の第2障害を後方から。
第2障害を先に越えたのがアンローズとミサイルテンリュウ。
普通ならこのまま決まってしまうところなのだが、
北見競馬場はゴールまでが更に緩やかな登りになっている。
更に高重量戦。そのため、ゴール前で止まる馬もいる。
このレースも、ミサイルテンリュウが止まってくれたおかげで、
トモエパワーが差して2着。馬券は的中。
このレースは見ごたえがありました。
正直、外国馬が2頭しか来ないジャパンカップなんかより、
ディープインパクト一色のジャパンカップより全然面白かった。
パワー溢れる戦いに感動した。

27日。帯広市長の会見でばんえい競馬の廃止が決定的に。
やはり市営では限界。どこも夕張市のようにはなりたくないという事か。
しかし、廃止決定までの時間が短すぎではないだろうか?
もっと議論の余地はなかったのだろうか?
せめてあと1年待って、その間に良策を見出せなかったのか?
現場との十分な話し合いもなく、さっさと決めてしまった行政の決定。
現実を見過ぎて、取り返しのつかない決定をしてしまったような気がする。
唯一の救いは、まだ帯広開催が残っている事。時間はまだ残されている。
帯広市長は、民間企業の支援があれば単独開催を検討する可能性はあると発表。
もう、存続への最後の望みは民間企業の助けしかない。
どこかに手を挙げてくれる神の様な企業があれば...。
いろいろ考えたが、やはりこれだけの文化のあるもの。
絶対に無くしてはいけない気がする。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク