FC2ブログ

TB:年末年始特別トラックバック企画:2006年G1レース通知票

この記事がアップされてる頃、仕事してますので、タイマー投稿していきます。
今年は仕事場で年越し。全然年末年始の感じがしませんね。
ちなみに明日も仕事ですし。(T_T)

今年も最後の記事は、もはや年末恒例?3年連続ですね。
いつもPOGでお世話になってる、やぎさんのTB企画です。
期限は1月5日のようなんですが、せっかくなので今年も締めの記事に。

今年の中央競馬のG1レースを5段階評価で振り返ってみましょう。
レース名をクリックすると、その時の予想と結果に飛びますので。
まぁ、ほとんどハズレですが...。


フェブラリーステークス(2月19日・東京競馬場ダート1600m)
 1着 カネヒキリ 武豊 1.34.9
速いペースなのに前残り。その中でもカネヒキリの強さが際立ったレース。
評価 4


高松宮記念(3月26日・中京競馬場芝1200m)
 1着 オレハマッテルゼ 柴田善臣 1.08.0
混戦を制したのは、6年前にキングヘイローで同レースを制した柴田善臣騎手。
しかし、全馬の秋のレースぶりを見る限り、このレースの評価は低い。
評価 2


桜花賞(4月9日・阪神競馬場芝1600m)
 1着 キストゥヘヴン 安藤勝己 1.34.6
カワカミプリンセスが出てくる前で、レベルは高くなくて、印象も薄い。
評価 1


皐月賞(4月16日・中山競馬場芝2000m)
 1着 メイショウサムソン 石橋守 1.59.9
いぶし銀・石橋守騎手のG1制覇に感動。春はこの組み合わせで万馬券だったんですね。
評価 3


天皇賞・春(4月30日・京都競馬場芝3200m)
 1着 ディープインパクト 武豊 3.13.4(レコード)
ディープ1強。レース自体はつまらないものの、タイムには唖然とした。
評価 4


NHKマイルカップ(5月7日・東京競馬場芝1600m)
 1着 ロジック 武豊 1.33.2
アグネスタキオン産駒初G1制覇。タイムもまずまず。
評価 3


ヴィクトリアマイル(5月14日・東京競馬場芝1600m)
 1着 ダンスインザムード 北村宏司 1.34.0
北村騎手の初G1制覇でした。府中のマイルなら当然走りますよね。
評価 2

優駿牝馬(5月21日・東京競馬場芝2400m)
 1着 カワカミプリンセス 本田優 2.26.2
混戦から一歩抜け出したカワカミプリンセスの出現でした。
タイムもエイシンサニーのレースレコードに0.1秒差。
評価 4


東京優駿(5月28日・東京競馬場芝2400m)
 1着 メイショウサムソン 石橋守 2.27.9
メイショウサムソンの2冠達成。馬券もようやく今期G1初的中。
評価 3


安田記念(6月4日・東京競馬場芝1600m)
 1着 ブリッシュラック B・プレブル 1.32.6
香港馬の1着3着。アサクサデンエンが何とか一矢を報いたが。
しかし、さすがに5週連続の府中でのG1は飽きます。そのうち3戦はマイル戦ですし。
評価 3


宝塚記念(6月25日・京都競馬場芝2200m)
 1着 ディープインパクト 武豊 2.13.0
やはりディープ1強のまま。相手が弱すぎる。
評価 2


スプリンターズステークス(10月1日・中山競馬場芝1200m)
 1着 テイクオーバーターゲット J・フォード 1.08.1
世界をまたにかけるスプリンター・テイクオーバーターゲットが快勝。
というよりも、日本馬のレベルが低かったかな。
評価 3


秋華賞(10月15日・京都競馬場芝2000m)
 1着 カワカミプリンセス 本田優 1.58.2
カワカミプリンセスが強さを見せつけ無敗の2冠馬に。
タイムもファビラスラフィンのレコードに0.1秒差。やはり速い。
評価 4


菊花賞(10月22日・京都競馬場芝3000m)
 1着 ソングオブウインド 武幸四郎 3.02.7(レコード)
3冠のプレッシャーに押しつぶされた石橋騎手。
馬自体も春に比べると状態が良くなかった。
一方の伏兵ソングオブウインド。あの末脚は圧巻だった。
評価 4


天皇賞・秋(10月29日・東京競馬場芝2000m)
 1着 ダイワメジャー 安藤勝己 1.58.8
ディープ不在の混戦を制したのは、弱点を克服したダイワメジャー。
安藤騎手とのコンビは来年も注目。
評価 3


エリザベス女王杯(11月12日・京都競馬場芝2200m)
 1着 フサイチパンドラ 福永祐一 2.11.6
1着入線のカワカミプリンセスが進路妨害で降着。
こんな形で無敗がストップするのは非常に後味が悪かった。
評価 1


マイルチャンピオンシップ(11月19日・京都競馬場芝1600m)
 1着 ダイワメジャー 安藤勝己 1.32.7
このメンバーではダイワメジャーの格が違いました。
評価 3


ジャパンカップダート(11月25日・東京競馬場ダート2100m)
 1着 アロンダイト 後藤浩輝 2.08.5
新たなダート王の誕生も、外国馬ゼロでは...。タイムは悪くないが。
評価 3


ジャパンカップ(11月26日・東京競馬場芝2400m)
 1着 ディープインパクト 武豊 2.25.1
こちらも外国馬が2頭しかいなく、注目は凱旋門賞失格後のディープ一点。
日程を見直さない限り、JCの格は落ちる一方。
評価2


阪神ジュベナイルフィリーズ(12月3日・阪神競馬場芝1600m)
 1着 ウオッカ 四位洋文 1.33.1
新装の阪神競馬場で、タニノギムレット産駒のウオッカが強烈な末脚を見せてくれました。
タイムの2歳にしては速い。
評価 3


朝日杯フューチュリティステークス(12月10日・中山競馬場芝1600m)
 1着 ドリームジャーニー 蛯名正義 1.34.4
前残りの展開の中で、ドリームジャーニーの後方一気はお見事。
評価 3


有馬記念(12月24日・中山競馬場芝2500m)
 1着 ディープインパクト 武豊 2.31.9
ディープラストランで、生涯最高の状態。
はっきり言って他の馬が止まって見えた。
正直、来年の古馬戦線に不安を感じた。
評価 4


中山グランドジャンプ(4月15日・中山競馬場障害4250m)
 1着 カラジ B・スコット 4.50.8
海外からの参戦で、連覇はお見事。テイエムドラゴンとの一騎打ちは見応えがあった。
評価 4


中山大障害(12月23日・中山競馬場障害4100m)
 1着 マルカラスカル 西谷誠 4.41.0
マルカラスカルの力が抜きん出ていました。
瀬戸口厩舎のラストを飾った西谷騎手の涙は良かったです。
評価 3


今年は非常に評価が難しかったですね。
ベストレースは、有馬記念です。
あれだけ他の馬が止まって見えた事は無いですから。
まぁ、この先ディープインパクトのような名馬は100年に1頭出るかどうかでしょうね。


今年1年、ありがとうございました。
来年も良い年でありますように。
では、よいお年を。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

参加いただきありがとうございます。&今年もよろしくお願いします。

ベストレース僕も有馬記念です。
あんなレースを有馬記念でされちゃ、規格外としか言いようがありません。脱帽。

>やぎさん
今年もよろしくお願いします。
今回は他のレースもずば抜けて良いレースがなかったので、
結局、ディープインパクトのベストレースみたいになってしまいました。
他の馬にもっと力があれば良かったんですが。
5点をつけられるレースもなかったです。
Twitter
広告エリア

PR

セブンアンドワイ

ブログ内検索
google検索
Google
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

タッツ

Author:タッツ
市民ランナーですが、最近練習時間が・・・。

QRコード
QRコード
FC2義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
コンサドーレ
Weekly Chart
RSSフィード
MyBlogList

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

リンク